メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

リモート管理 (Run Command)

Systems Manager の Run Command を使用して、Amazon EC2 インスタンス、ハイブリッド環境の仮想マシン (VM) およびサーバー、他のクラウドプロバイダーの VM の設定をセキュアにリモートから管理できます。Run Command では、一般的な管理タスクを自動化し、臨時の変更を大規模に実行することができます。Run Command は、EC2 コンソール、AWS Command Line Interface、Windows PowerShell、または AWS SDK から使用できます。Run Command は追加コストなしで提供されます。

管理者は、Run Command を使用してさまざまなタイプのタスクを実行できます。いくつか例を挙げると、システムの監視、マシンへのアプリケーションのインストール、マシンのインベントリ作成による足りないアプリケーションやパッチ適用が必要なアプリケーションの確認、マシンへのパッチ適用、デプロイパイプラインの構築、アプリケーションのブートストラップ、ドメインへのインスタンスの参加などです。

Windows ユーザー向けの情報

Windows 向けの Run Command の詳細については、「リモート管理」 (Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイド) を参照してください。

Run Command の特徴と利点

特徴 メリット

追加コストなしで提供される完全マネージド型 AWS サービスです。

Linux と Windows で利用でき、ハイブリッド環境の EC2、サーバー、VM、または他のクラウドプロバイダーの VM と連動します。

管理タスクと設定タスクを大規模に自動化します。

CloudWatch イベント または Amazon SNS を使用したコマンドおよび設定結果の通知送信を設定できます。

大規模な構成の変更を単一ビューで確認できます。

コマンドをすばやく定義および実行できる Systems Manager ドキュメントが使用されます。

Secure Shell (SSH) または Remote Desktop Protocol (RDP) を使用してマシンに接続する必要がないため、管理上のセキュリティが向上します。

事前定義された Systems Manager ドキュメントが用意されており、アカウント間またはパブリックに共有できる独自のドキュメントも作成できます。

委任アクセス制御が行われます。

AWS Identity and Access Management (IAM) を使用した監査とアクセス制御が含まれています。

EC2 インスタンスの開始方法

次の表には、Run Command の使用を開始するのに役立つ情報が含まれています。

トピック 詳細

チュートリアル: Amazon EC2 インスタンスをリモートで管理する

チュートリアルでは、AWS Command Line Interface (AWS CLI) で Run Command を使用して、コマンドをすばやく送信する方法を示します。

Amazon EC2 Run Command コンポーネントおよび概念

Run Command の機能や概念について説明します。

Systems Manager の前提条件

インスタンスが Run Command の最小要件を満たしていることを確認します。

Amazon EC2 Run Command を使用したコマンドの実行

EC2 コンソールからコマンドを実行して、AWS Command Line Interface から実行できるコマンドを作成します。

ハイブリッド環境の使用開始

次の表には、Run Command の使用を開始するのに役立つ情報が含まれています。

トピック 詳細

Amazon EC2 Run Command コンポーネントおよび概念

Run Command の機能や概念について説明します。

ハイブリッド環境での Systems Manager のセットアップ

Run Command を使用して管理できるように、オンプレミスサーバーと VM、または他のクラウドプロバイダーでホストされたサーバーを AWS に登録します。

Amazon EC2 Run Command を使用したコマンドの実行

EC2 コンソールからコマンドを実行して、AWS Command Line Interface から実行できるコマンドを作成します。

関連情報