メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

インスタンスのリタイア

インスタンスをホストしている基盤のハードウェアで回復不可能な障害が検出されると、AWS によってインスタンスのリタイヤが予定されます。予定されたリタイヤ日になると、インスタンスは AWS によって停止または終了されます。インスタンスのルートデバイスが Amazon EBS ボリュームである場合、インスタンスは停止されますが、その後いつでも再び起動できます。停止したインスタンスを開始すると、新しいハードウェアに移行されます。インスタンスのルートデバイスがインスタンスストアボリュームである場合、インスタンスは終了し、再び使用することはできません。

インスタンスイベントのタイプの詳細については、「インスタンスの予定されたイベント」を参照してください。

リタイアが予定されているインスタンスの特定

インスタンスのリタイアが予定された場合、イベントの前に、当該のインスタンス ID とリタイア日を記載したメールが送信されます。このメールは、アカウントに関連付けられているアドレスに送信されます。これは、AWS マネジメントコンソール へのログインに使用するメールアドレスと同じです。定期的に確認しないメールアカウントを使用している場合は、Amazon EC2 コンソールまたはコマンドラインを使用して、いずれかのインスタンスにリタイアが予定されているかどうかを判断できます。アカウントの連絡先情報を更新するには、[Account Settings] ページに移動します。

コンソールを使用してリタイアが予定されているインスタンスを特定するには

  1. Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[EC2 Dashboard] を選択します。[Scheduled Events] に、Amazon EC2 インスタンスおよびボリュームに関連付けられたイベントが表示されます。

     予定されているイベント
  3. インスタンスに予定されたイベントが表示されている場合は、リージョン名の下のリンクを選択して [Events] ページにアクセスします。

  4. [Events] ページには、すべてのリソースとそれに関連付けられたイベントが一覧表示されます。リタイアが予定されているインスタンスを表示するには、1 つ目のフィルタリストから [Instance resources] を選択し、2 つ目のフィルタリストから [Instance stop or retirement] を選択します。

  5. フィルタの結果にインスタンスのリタイアが予定されていることが表示されたら、当該のインスタンスを選択し、詳細ペインの [Start time] フィールドの日時を書き留めます。これがインスタンスのリタイア日です。

コマンドラインを使用してリタイアが予定されているインスタンスを特定するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

リタイアが予定されているインスタンスの操作

インスタンスのリタイアが予定されているときに実行できるアクションはいくつかあります。実行するアクションは、インスタンスのルートデバイスが Amazon EBS ボリュームであるかインスタンスストアボリュームであるかによって異なります。インスタンスのルートデバイスタイプが不明な場合は、Amazon EC2 コンソールまたはコマンドラインを使用して調べることができます。

インスタンスのルートデバイスタイプの判別

コンソールを使用してインスタンスのルートデバイスタイプを判別するには

  1. ナビゲーションペインの [Events] を選択します。前述の手順「リタイアが予定されているインスタンスの特定」で説明したように、フィルタリストを使用してリタイアが予定されているインスタンスを特定します。

  2. [Resource Id] 列でインスタンス ID を選択すると、[Instances] ページに移動します。

  3. インスタンスを選択し、[Description] タブで [Root device type] フィールドを探します。この値が ebs の場合、インスタンスは EBS-Backed です。この値が instance-storeの場合、インスタンスは、Instance Store-Backed です。

コマンドラインを使用してインスタンスのルートデバイスタイプを判別するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

リタイアが予定されているインスタンスの管理

リタイアが予定されているインスタンスのデータを維持するには、以下に挙げるいずれかのアクションを実行します。予期しないダウンタイムやデータ消失を防ぐために、インスタンスのリタイア日より前にこのアクションを実行することが重要です。

警告

Instance Store-Backed インスタンスの場合、リタイア日を過ぎるとインスタンスが終了し、インスタンスやインスタンスに格納されていたデータを復元できなくなります。インスタンスストアボリュームのデータは、インスタンスのルートデバイスにかかわらず、EBS-Backed インスタンスにアタッチされている場合でも、インスタンスがリタイアされると失われます。

インスタンスのルートデバイスタイプ アクション
EBS 予定されるリタイア日を待ちます - その日になるとインスタンスが停止します - または、リタイア日の前に自らインスタンスを停止します。インスタンスはいつでも再び開始することができます。インスタンスの停止と開始、インスタンスを停止したときに予想される影響 (インスタンスに関連付けられたパブリック IP アドレス、プライベート IP アドレス、および Elastic IP アドレスへの影響など) の詳細については、「インスタンスの停止と起動」を参照してください。
EBS インスタンスから EBS-Backed AMI を作成し、代替インスタンスを起動します。詳細については、「Amazon EBS-Backed Linux AMI の作成」を参照してください。
インスタンスストア AMI ツールを使用してインスタンスから Instance-Store Backed AMI を作成し、代替インスタンスを起動します。詳細については、「Instance Store-Backed Linux AMI の作成」を参照してください。
インスタンスストア データを EBS ボリュームに転送し、ボリュームのスナップショットを作成し、スナップショットから AMI を作成することによって、EBS-Backed インスタンスをインスタンスに変換します。新しい AMI から代替インスタンスを起動できます。詳細については、「Instance Store-Backed AMI を Amazon EBS-Backed AMI に変換する」を参照してください。