メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

MindTerm を使用した Linux インスタンスへの接続

インスタンスを起動したら、これに接続し、普通のコンピュータと同じように使用できます。

注記

インスタンスを起動してから接続できるようになるまでには、数分かかる場合があります。インスタンスのステータスチェックが正常に終了したことを確認してください。この情報は、[Instances] ページの [Status Checks] 列で確認できます。

次の手順では、Amazon EC2 コンソールを介して、Mindterm を使ってインスタンスに接続する方法について説明します。インスタンスの接続でエラーが発生した場合は、「Troubleshooting Connecting to Your Instance」を参照してください。

重要

Chrome ブラウザは NPAPI プラグインをサポートしないため、MindTerm クライアントを実行できません。詳細については、Chromium の NPAPI deprecation 記事を参照してください。代わりに、Firefox、Safari、または Internet Explorer 9 以上を使用できます。

前提条件

  • Install Java

    ご使用の Linux コンピュータには通常、Java が組み込まれています。Java が組み込まれていない場合、ウェブブラウザで Java を有効にするにはどうすればいいですか?Windows または Mac クライアント上で、管理者認証情報を使用してブラウザを実行する必要があります。Linux の場合、rootとしてログインしていない場合は、追加のステップが必要になる場合があります。

  • ご使用のブラウザで Java を有効にする

    手順については、https://java.com/en/download/help/enable_browser.xml を参照してください。

  • プライベートキーを見つける

    インスタンスの起動時に指定したキーペアの .pem ファイルの、コンピュータ上の場所への完全修飾パスを取得します。

  • IP アドレスからインスタンスへのインバウンド SSH トラフィックを有効にする

    インスタンスに関連付けられているセキュリティグループで、IP アドレスからの受信 SSH トラフィックが許可されることを確認します。詳細については、「インスタンスへのネットワークアクセスの許可」を参照してください。

    重要

    デフォルトのセキュリティグループのデフォルトでは、受信 SSH トラフィックは許可されません。

MindTerm の起動

To connect to your instance using a web browser with MindTerm

  1. In the Amazon EC2 console, choose Instances in the navigation pane.

  2. Select the instance, and then choose Connect.

  3. Choose A Java SSH client directly from my browser (Java required).

  4. Amazon EC2 automatically detects the public DNS name of your instance and then populates Public DNS for you. It also detects the name of the key pair that you specified when you launched the instance. Complete the following, and then choose Launch SSH Client.

    1. In User name, enter the user name to log in to your instance.

      ヒント

      Amazon Linux の場合は、ユーザー名は ec2-user です。RHEL の場合は、ユーザー名は ec2-user または root のどちらかです。Ubuntu の場合は、ユーザー名は ubuntu または root です。Centos の場合は、ユーザー名は centos です。Fedora の場合は、ユーザー名は ec2-user です。SUSE の場合は、ユーザー名は ec2-user または root のどちらかです。それ以外の場合で、ec2-user および root が機能しない場合は、ご利用の AMI プロバイダーに確認してください。

    2. In Private key path, enter the fully qualified path to your private key (.pem) file, including the key pair name; for example:

      C:\KeyPairs\my-key-pair.pem

    3. (Optional) Choose Store in browser cache to store the location of the private key in your browser cache. This enables Amazon EC2 to detect the location of the private key in subsequent browser sessions, until you clear your browser's cache.

  5. If necessary, choose Yes to trust the certificate, and choose Run to run the MindTerm client.

  6. If this is your first time running MindTerm, a series of dialog boxes asks you to accept the license agreement, to confirm setup for your home directory, and to confirm setup of the known hosts directory. Confirm these settings.

  7. A dialog prompts you to add the host to your set of known hosts. If you do not want to store the host key information on your local computer, choose No.

  8. A window opens and you are connected to your instance.

    If you chose No in the previous step, you see the following message, which is expected:

    Verification of server key disabled in this session.

このページの内容: