メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

付録: Oracle データベースエンジンリリースノート

Amazon RDS には、四半期ごとの Database Patch Set Updates (PSU) として Oracle のバグ修正パッチが適用されます。Oracle と Amazon によって回帰テスト済みの安定したデータベースソフトウェアのバージョンが、確実に DB インスタンスで実行されるようになります。個々の DB インスタンスへの 1 回限りのパッチの適用はサポートされていません。

次の表は、どの Oracle PSU が Amazon RDS 上の Oracle バージョンに適用されるかを示します。

PSU

バージョン 12.1.0.2

バージョン 12.1.0.1

バージョン 11.2.0.4

バージョン 11.2.0.3

バージョン 11.2.0.2

2017 年 1 月

12.1.0.2.v7

11.2.0.4.v11

2016 年 10 月

12.1.0.2.v6

11.2.0.4.v10

2016 年 7 月

12.1.0.2.v5

12.1.0.1.v6

11.2.0.4.v9

2016 年 4 月

12.1.0.2.v4

12.1.0.1.v5

11.2.0.4.v8

2016 年 1 月

12.1.0.2.v3

12.1.0.1.v4

11.2.0.4.v7

2015 年 10 月

12.1.0.2.v2

12.1.0.1.v3

11.2.0.4.v6

11.2.0.4.v5

2015 年 7 月

11.2.0.3.v4

2015 年 4 月

12.1.0.2.v1

12.1.0.1.v2

11.2.0.4.v4

11.2.0.3.v3

2015 年 1 月

12.1.0.1.v1

2014 年 10 月

11.2.0.4.v3

11.2.0.3.v2

2014 年 7 月

11.2.0.4.v2

(廃止)

2014 年 1 月

11.2.0.4.v1

2013 年 7 月

11.2.0.3.v1

2013 年 4 月

11.2.0.2.v7

2012 年 10 月

11.2.0.2.v6

2012 年 7 月

11.2.0.2.v5 および 11.2.0.2.v4

2011 年 7 月

11.2.0.2.v3

Oracle は、次のバージョンのパッチ提供を終了することを決定しました (サポートに関するドキュメント 742060.1)。

  • Oracle バージョン 12.1.0.1 – パッチ適用は 2016 年 7 月に終了しています。Amazon RDS 非推奨スケジュールについては「Oracle 12.1.0.1 の廃止」を参照してください。

  • Oracle バージョン 11.2.0.3 – パッチ提供は 2015 年 7 月で終了しました。Amazon RDS 非推奨スケジュールについては「Oracle 11.2.0.3 の廃止」を参照してください。

  • Oracle バージョン 11.2.0.2 – パッチ提供は 2013 年 10 月で終了. Amazon RDS 非推奨スケジュールについては「Oracle 11.2.0.2 の廃止」を参照してください。

関連トピック

このページの内容: