メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

MySQL データベースエンジンを実行する DB インスタンスの変更

ストレージの追加や DB インスタンスクラスの変更などのタスクを完了するために、DB インスタンスの設定を変更できます。このトピックでは、Amazon RDS MySQL DB インスタンスの変更手順と MySQL インスタンスの設定について説明します。Amazon RDS DB インスタンスの名前変更、再起動、削除、タグ付け、アップグレードなど、その他のタスクの詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスのライフサイクル」を参照してください。本稼働インスタンスの変更前に、変更の影響をより的確に把握できるように、テストインスタンスで変更をテストすることをお勧めします。このテストは特に、データベースのバージョンをアップグレードするときに重要です。

変更はすぐに適用されるようにするか、DB インスタンスの次のメンテナンス時間中に適用されるようにすることができます。変更をすぐに適用すると、機能が停止することがあります。DB インスタンスを変更するときの [Apply Immediately] オプションの影響の詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更し、Apply Immediately パラメーターを使用する」を参照してください。

AWS マネジメントコンソール

MySQL DB インスタンスを変更するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Instances] をクリックします。

  3. 変更する DB インスタンスのチェックボックスをオンにし、[Instance Actions] をクリックします。次に、[Modify] をクリックします。

  4. [Modify DB Instance] ダイアログボックスで、必要に応じて以下の設定を変更します。

    設定 説明

    インスタンスの仕様

    DB Engine Version

    表示されるリストで、使用する MySQL データベースエンジンのバージョンをクリックします。

    DB インスタンスクラス

    表示されるリストで、使用する DB インスタンスクラスをクリックします。インスタンスクラスの詳細については、「DB インスタンスクラス」を参照してください。

    マルチ AZ 配置

    複数のアベイラビリティーゾーンに DB インスタンスをデプロイする場合は [Yes] をクリックします。それ以外の場合は [No] をクリックします。

    ストレージタイプ

    使用するストレージのタイプを選択します。ストレージの詳細については、「Amazon RDS のストレージ」を参照してください。

    以下の変更を行うと、プロセスが開始される間に短い停止が発生します。その後は、変更が実行されている間もデータベースを通常どおりに使用できます。

    • [General Purpose (SSD)] から [Magnetic] へ。

    • カスタムパラメータグループを使用している場合、[General Purpose (SSD)] から [Provisioned IOPS (SSD)] へ。

    • [Magnetic] から [General Purpose (SSD)] へ。

    • [Magnetic] から [Provisioned IOPS (SSD)] へ。

    • [Provisioned IOPS (SSD)] から [Magnetic] へ。

    • カスタムパラメータグループを使用している場合、[Provisioned IOPS (SSD)] から [General Purpose (SSD)] へ。

    Allocated Storage

    DB インスタンスに割り当てるストレージの量をギガバイト単位で指定します。許容される最小値は 5 GB、最大値は 6 TB です。DB インスタンスの変更時、ストレージの量を増やすことができますが、割り当てたストレージの量を減らすことはできません。

    設定

    DB インスタンス識別子

    新しい名前を入力することで DB インスタンスの名前を変更できます。DB インスタンス識別子を変更すると、Apply Immediatelytrue に設定した場合はインスタンスが即時に再起動し、Apply Immediatelyfalse に設定した場合は次のメンテナンス時に再起動します。この値は小文字で保存されます。

    新しいマスターパスワード

    マスターユーザーのパスワードを入力します。パスワードには 8〜41 文字の英数字を使用する必要があります。マスターパスワードをリセットすることで、その DB インスタンスに割り当てられた権限もリセットできます。詳細については、「DB インスタンス所有者のロールパスワードのリセット」を参照してください。

    ネットワークとセキュリティ

    サブネットグループ

    DB インスタンス用サブネットグループを選択します。 この設定を使用して、DB インスタンスを別の VPC に移動できます。 DB インスタンスが VPC 内に存在しない場合は、この設定を使用して、VPC 内に DB インスタンスを移行できます。 詳細については、「VPC 外の DB インスタンスを VPC に移行する」を参照してください。

    セキュリティグループ

    DB インスタンスに関連付けるセキュリティグループを選択します。セキュリティグループの詳細については、DB セキュリティグループを操作する を参照してください。

    認証機関

    使用する証明書を選択します。

    パブリックアクセス可能

    DB インスタンスにパブリック IP アドレスを与える場合には [Yes] を選択します。これにより、VPC 外部からのアクセスが可能になります (DB インスタンスを VPC のパブリックサブネットに配置することも必要です)。それ以外の場合は [No] を選択して、DB インスタンスへのアクセスは VPC 内だけで実行できるようにします。DB インスタンスをパブリックアクセスから隠す方法については、「VPC の DB インスタンスをインターネットから隠す 」を参照してください。

    データベースの選択肢

    パラメーターグループ

    DB インスタンスに関連付けるパラメータグループを選択します。この設定を変更しても機能は停止しません。パラメータグループ名自体は即時に変更されますが、フェイルオーバーなしでインスタンスを再起動するまで実際のパラメーターの変更は適用されません。DB インスタンスは自動的には再起動されず、次のメンテナンス時までパラメーターの変更は適用されません。パラメータグループの詳細については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

    Option Group

    DB インスタンスに関連付けるオプショングループを選択します。オプショングループの詳細については、「オプショングループを使用する」を参照してください。

    タグをスナップショットへコピー

    スナップショットの作成時に DB インスタンスタグを DB スナップショットへコピーするには、このオプションを選択します。

    [Enable IAM DB Authentication]

    [Yes] を選択して IAM データベース認証を有効にします。詳細については、「MySQL および Amazon Aurora に対する IAM データベース認証」を参照してください。

    Database Port

    データベースへのアクセスに使用する新しいポートを指定します。

    ポート値は、DB インスタンスのオプショングループのオプションに指定されているポート値と一致しないようにしてください。

    [Apply Immediately] チェックボックスがオンかどうかにかかわらず、データベースポートを変更すると、データベースが再起動されます。

    バックアップ

    バックアップの保存期間

    自動バックアップが保持される日数を指定します。自動バックアップを無効にするには、この値を 0 に設定します。

    注記

    バックアップ保持期間を 0 から 0 以外の値、0 以外の値から 0 に変更すると、機能が即時に停止します。

    バックアップウィンドウ

    データベースの自動バックアップが実行される期間を設定します。開始時間を協定世界時 (UTC) で、実行期間を時間単位で指定します。

    Enable Enhanced Monitoring

    DB インスタンスが実行されているオペレーティングシステムに対してリアルタイムでのメトリクスの収集を有効にするには、[Yes] を選択します。詳細については、「拡張モニタリング」を参照してください。

    詳細度

    [Enable Enhanced Monitoring] が [Yes] に設定されている場合にのみ使用できます。DB インスタンスのメトリクスを収集する間隔を秒単位で設定します。

    メンテナンス

    Auto Minor Version Upgrade

    DB インスタンスで、DB エンジンのマイナーバージョンアップグレードをリリースの際に自動的に受信するには、[Yes] をクリックします。アップグレードはスケジュールされたメンテナンス時間中にのみインストールされます。

    メンテナンス時間

    アップグレードを含めシステムメンテナンスが実行される期間を設定します。開始時間を UTC で、実行期間を時間単位で指定します。

  5. 変更をすぐに適用するには、[Apply Immediately] チェックボックスをオンにします。このオプションを選択すると、機能が停止することがあります。[Apply Immediately] オプションの影響の詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更し、Apply Immediately パラメーターを使用する」を参照してください。

  6. すべての変更が正しいことを確認したら、[Continue] を選択します。

  7. 確認ページで、変更内容を確認します。正しい場合は、[Modify DB Instance] を選択して変更を保存します。

    または、[Back] を選択して変更を編集するか、[Cancel] を選択して変更をキャンセルします。

CLI

MySQL DB インスタンスを変更するには、AWS CLI の modify-db-instance コマンドを使用します。

次のコードは、バックアップ保持期間を 1 週間 (7 日間) に設定し自動マイナーバージョンアップグレードを無効にすることで、mysqldb を変更します。これらの変更は、次のメンテナンス時間中に適用されます。

Parameters

  • --db-instance-identifier—DB インスタンスの名前です。

  • --backup-retention-period—自動バックアップの保持日数です。

  • --no-auto-minor-version-upgrade—自動マイナーバージョンアップグレードを不許可にします。自動マイナーバージョンアップグレードを許可するには、--auto-minor-version-upgrade を使用します。

  • --no-apply-immediately—次のメンテナンス時間中に変更を適用します。今すぐ変更を適用するには、--apply-immediately を使用します。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds modify-db-instance \ --db-instance-identifier mysqldb \ --backup-retention-period 7 \ --no-auto-minor-version-upgrade \ --no-apply-immediately

Windows の場合:

Copy
aws rds modify-db-instance ^ --db-instance-identifier mysqldb ^ --backup-retention-period 7 ^ --no-auto-minor-version-upgrade ^ --no-apply-immediately

API

MySQL DB インスタンスを変更するには、ModifyDBInstance action を使用します。

次のコードは、バックアップ保持期間を 1 週間 (7 日間) に設定し自動マイナーバージョンアップグレードを無効にすることで、mysqldb を変更します。これらの変更は、次のメンテナンス時間中に適用されます。

Parameters

  • DBInstanceIdentifier—DB インスタンスの名前です。

  • BackupRetentionPeriod—自動バックアップの保持日数です。

  • AutoMinorVersionUpgrade=false—自動マイナーバージョンアップグレードを不許可にします。自動マイナーバージョンアップグレードを許可するには、値を true に設定します。

  • ApplyImmediately=false—次のメンテナンス時間中に変更を適用します。今すぐ変更を適用するには、値を true に設定します。

Copy
https://rds.us-east-1.amazonaws.com/ ?Action=ModifyDBInstance &ApplyImmediately=false &AutoMinorVersionUpgrade=false &BackupRetentionPeriod=7 &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2013-09-09 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20131016/us-east-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20131016T233051Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=087a8eb41cb1ab0fc9ec1575f23e73757ffc6a1e42d7d2b30b9cc0be988cff97

このページの内容: