メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

DNS フェイルオーバーの設定

複数の HTTP サーバー、複数のメールサーバーなど、同じ機能を実行するリソースが複数あれば、リソースの正常性をチェックし正常なリソースのみを使って DNS クエリに応答するように Amazon Route 53 を設定することができます。たとえば、ウェブサイト example.com が、世界各地の 5 拠点のデータセンターにそれぞれ 2 台ずつ、合計 10 台のサーバーでホストされているとします。それらのサーバーの正常性をチェックし、その時点で正常なサーバーのみを使って example.com の DNS クエリに応答するように Amazon Route 53 を設定することができます。

Amazon Route 53 のエイリアス、フェイルーバー、位置情報、地理的近接性、レイテンシー、複数値、および加重の各レコードを使用して、さまざまなフェイルオーバー構成をセットアップできます。

  • アクティブ/アクティブフェイルオーバー: 大部分の時間、すべてのリソースを稼働状態にするには、このフェイルオーバー構成を使用します。リソースが利用できなくなると、そのリソースを Amazon Route 53 が異常として検出し、以後、クエリへの応答に含めることを控えます。

  • アクティブ/パッシブフェイルオーバー: 大部分の時間、リソースのプライマリグループを稼働状態にし、プライマリリソースがすべて利用できない状況になったときのためにセカンダリグループを待機させるには、このフェイルオーバー構成を使用します。クエリへの応答で Amazon Route 53 が返すのは、正常なプライマリリソースのみです。すべてのプライマリリソースで異常が発生した場合、Amazon Route 53 は、DNS クエリへの応答として、正常なセカンダリリソースのみを返します。

  • アクティブ/アクティブ/パッシブおよびその他の混合構成: エイリアスレコードと非エイリアスレコードを組み合わせて、Amazon Route 53 のさまざまな動作を引き出すことができます。

Amazon Route 53 は、単純な構成でも複雑な構成でもリソースの正常性をチェックすることができます。

  • いずれの構成においても、名前とタイプがすべて同じであるレコードのグループを作成します (example.com に対するタイプ A の加重レコードのグループなど)。そのうえで、対応するリソースの正常性をチェックするように Amazon Route 53 を設定します。Amazon Route 53 は、リソースの正常性に基づいて DNS クエリに応答します。詳細については、「Amazon Route 53 の単純構成におけるヘルスチェックの動作」を参照してください。

  • 加重エイリアスやフェイルオーバーエイリアスなど、さまざまなエイリアスレコードを組み合わせた複雑な構成では、レコードのツリーを作成することができます。単純な構成と同じように、リソースの正常性をチェックするための設定を Amazon Route 53 に対して行います。ただし、エイリアスターゲットのステータスに応じて、つまり、特定のブランチ内のエイリアスターゲットがいずれも異常であった場合に、ツリー内の別のブランチまでスキップするようにエイリアスレコードを設定することもできます。複雑な構成では、リクエストに対する Amazon Route 53 の応答をより柔軟に制御することができます。たとえば、レイテンシーベースのルーティングを使用してユーザーに近いリージョンを選択し、各リージョン内の ELB Classic、Application、または Network Load Balancer を使用して、単一エンドポイントやアベイラビリティーゾーンの障害への対策を講じることができます。詳細については、「複雑な Amazon Route 53 構成におけるヘルスチェックの動作」を参照してください。