メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

Amazon Route 53 とは

Amazon Route 53 はウェブサイトやウェブアプリケーションの起動と実行に役立ちます。Amazon Route 53 には主に以下の 3 つの機能があります。

  • ドメイン名を登録する – ウェブサイトには example.com などの名前が必要です。Amazon Route 53 により、ウェブアプリケーションまたはウェブアプリケーションの名前 (ドメイン名) を登録できます。概要については、「ドメイン登録の仕組み」を参照してください。

  • インターネットトラフィックをドメインのリソースにルーティングする - ユーザーがウェブブラウザを開き、アドレスバーにドメイン名を入力すると、Amazon Route 53 はドメインネームシステム (DNS) と連携して、ブラウザをウェブサイトやウェブアプリケーションに接続します。概要については、「ウェブサイトやウェブアプリケーションへのインターネットトラフィックのルーティング」を参照してください。

  • リソースの正常性をチェックする - Amazon Route 53 は、自動リクエストをインターネット経由でウェブサーバーなどのリソースに送信して、そのリソースが到達可能、使用可能、機能中であることを確認します。により、リソースが使用不可になったら通知を受け取るようにしたり、インターネットのトラフィックを異常なリソースから遠ざけるようにルーティングしたりもできます。概要については、「Amazon Route 53 がリソースの正常性をチェックする方法」を参照してください。

これらの機能は自由に組み合わせることができます。たとえば、Amazon Route 53 を使用して、ドメイン名を登録した後にそのドメインのインターネットトラフィックをルーティングするか、別のドメインレジストラに登録したドメインのインターネットトラフィックをルーティングできます Amazon Route 53。3 つの機能すべてに Amazon Route 53 を使用するように選択した場合は、ドメイン名を登録した後、そのドメインのインターネットトラフィックをルーティングするように Amazon Route 53 を設定してから、最後にリソースの正常性をチェックするように Amazon Route 53 を設定します。