メニュー
Amazon API Gateway
開発者ガイド

API Gateway で生成した JavaScript SDK を使用する

注記

これらの手順は、すでに「API Gateway コンソールを使用して API 用の SDKを生成する」の手順を完了していることを前提としています。

  1. ダウンロード済みの API Gateway で生成された .zip ファイルのコンテンツを抽出します。

  2. API Gateway で生成された SDK で呼び出すすべてのメソッドで Cross-Origin Resource Sharing (CORS) を有効にします。手順については、「リソースの CORS を有効にする」を参照してください。

  3. ウェブページで、以下のスクリプトへの参照を含めます。

    Copy
    <script type="text/javascript" src="lib/axios/dist/axios.standalone.js"></script> <script type="text/javascript" src="lib/CryptoJS/rollups/hmac-sha256.js"></script> <script type="text/javascript" src="lib/CryptoJS/rollups/sha256.js"></script> <script type="text/javascript" src="lib/CryptoJS/components/hmac.js"></script> <script type="text/javascript" src="lib/CryptoJS/components/enc-base64.js"></script> <script type="text/javascript" src="lib/url-template/url-template.js"></script> <script type="text/javascript" src="lib/apiGatewayCore/sigV4Client.js"></script> <script type="text/javascript" src="lib/apiGatewayCore/apiGatewayClient.js"></script> <script type="text/javascript" src="lib/apiGatewayCore/simpleHttpClient.js"></script> <script type="text/javascript" src="lib/apiGatewayCore/utils.js"></script> <script type="text/javascript" src="apigClient.js"></script>
  4. コードで、API Gateway で生成された SDK を初期化します。次のようなコードを使用します。

    Copy
    var apigClient = apigClientFactory.newClient();
  5. 以下のようなコードを使用して API Gateway で API メソッドを呼び出します。各呼び出しから、成功または失敗のコールバックとともに promise が返されます。

    Copy
    var params = { // This is where any modeled request parameters should be added. // The key is the parameter name, as it is defined in the API in API Gateway. param0: '', param1: '' }; var body = { // This is where you define the body of the request, }; var additionalParams = { // If there are any unmodeled query parameters or headers that must be // sent with the request, add them here. headers: { param0: '', param1: '' }, queryParams: { param0: '', param1: '' } }; apigClient.methodName(params, body, additionalParams) .then(function(result){ // Add success callback code here. }).catch( function(result){ // Add error callback code here. });

    ここで、methodName は、メソッドリクエストのリソースパスと HTTP から作成されます。たとえば、GET / リクエストの場合、methodNamerootGet です。GET /a/b/op リクエストの場合、methodNameaBOpGet となります。

  6. API Gateway で生成された SDK を AWS 認証情報で初期化するには、次のようなコードを使用します。AWS 認証情報を使用すると、API に対するすべてのリクエストに署名が付与されます。これは、各リクエストに適切な CORS Accept ヘッダーを設定する必要があることを意味します。

    Copy
    var apigClient = apigClientFactory.newClient({ accessKey: 'ACCESS_KEY', secretKey: 'SECRET_KEY', });
  7. API Gateway で生成された SDK で API キーを使用するには、次のようなコードを使用し、API キーをパラメーターとして Factory オブジェクトに渡すことができます。API キーを使用する場合は、x-api-key ヘッダーの一部として指定され、API に対するすべてのリクエストに署名が付与されます。これは、各リクエストに適切な CORS Accept ヘッダーを設定する必要があることを意味します。

    Copy
    var apigClient = apigClientFactory.newClient({ apiKey: 'API_KEY' });