メニュー
AWS Command Line Interface
ユーザーガイド

AWS Command Line Interface のインストール

Linux、Windows、macOS での AWS CLI の主なディストリビューション方法は pip です。これは、Python パッケージとその依存関係のインストール、アップグレード、削除を容易にする Python のパッケージマネージャです。

現行の AWS CLI バージョン

AWS CLI 新しいサービスおよびコマンドをサポートするよう頻繁に更新されます。最新バージョンがあるかどうかを確認するには、「GitHub のリリースページ」を参照してください。

要件

  • Python 2 バージョン 2.6.5+ または Python 3 バージョン 3.3+

  • Windows、Linux, macOS, or Unix

注記

古いバージョンの Python は、すべての AWS のサービスで動作しない可能性があります。AWS CLI をインストールまたは使用するときに、InsecurePlatformWarning または廃止の通知が表示された場合は、最新バージョンに更新します。

pip およびサポートされるバージョンの Python をすでにインストールしてある場合は、次のコマンドで AWS CLI をインストールできます。

$ pip install awscli --upgrade --user

--upgrade オプションでは、すでにインストールされている要件をアップグレードするよう に指示します。pip--user オプションでは、オペレーティングシステムによって使用されるライブラリの変更を避けるために、ユーザーディレクトリのサブディレクトリにプログラムをインストールするよう pip に指示します。

pip で AWS CLI のインストールを試みたときに依存関係の問題が発生した場合は、仮想環境に AWS CLI をインストールしてツールとその依存関係を隔離するか、通常使用しているものと異なるバージョンの Python を使用できます。

スタンドアロンインストーラ

Linux, macOS, or Unix でオフラインまたは自動インストールをするには、バンドルされたインストーラを試してください。バンドルされたインストーラには、AWS CLI、その依存関係、およびインストールを実行するシェルスクリプトが含まれます。

Windows では、MSI インストーラも使用できます。これらの方法のいずれも、初回のインストールを簡単にします。代わりに、AWS CLI の新しいバージョンがリリースされた際のアップグレードはより難しくなります。

AWS CLI をインストールしたら、PATH 変数への実行可能ファイルのパスの追加が必要になる場合があります。プラットフォーム固有の手順については、以下のトピックを参照してください。

aws --version を実行することで、AWS CLI が正しくインストールされたことを確認します。

$ aws --version
aws-cli/1.11.84 Python/3.5.2 Linux/4.4.0-59-generic botocore/1.5.47

AWS CLI は新しいサービスとコマンドのサポートを追加するために、定期的に更新されます。AWS CLI を最新バージョンに更新するには、インストールコマンドを再び実行します。

$ pip install awscli --upgrade --user

AWS CLI をアンインストールする必要がある場合は、pip uninstall を使用します。

$ pip uninstall awscli

Python と pip がインストールされていない場合は、使用しているオペレーティングシステムに応じた手順に従ってください。