メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

Elastic Beanstalk 環境のドメイン名

お使いの環境は、elasticbeanstalk.com のサブドメインのユーザーが使用できます。環境を作成すると、アプリケーションを表す一意のサブドメインを選択できます。ユーザーをお使いの環境にルーティングするために、Elastic Beanstalk はお使いの環境のロードバランサーをポイントする CNAME レコードを登録します。環境ダッシュボードの CNAME の現在の値を表示することができます。

別の環境の CNAME と交換することで、お使いの環境の CNAME を変更できます。手順については、「AWS Elastic Beanstalk を使用した Blue-Green Deployment」を参照してください。

ドメイン名を所有している場合は、Amazon Route 53 を使用してお使いの環境で解決できます。Amazon Route 53 でドメイン名を購入するか、別のプロバイダから購入したものを使用します。Amazon Route 53 でドメイン名を購入するには、『Amazon Route 53 開発者ガイド』の「新しいドメインの登録」を参照してください。

カスタムドメイン名を使用するには、まずドメインのホストゾーンを作成します。ホストゾーンには、ドメイン名のリクエストを解決する DNS ホストを指定したネームサーバーと Start of Authority(SOA)のレコードが含まれます。

Amazon Route 53 にホストゾーンを作成するには

  1. Amazon Route 53 マネジメントコンソールを開きます。

  2. [Hosted Zones] を選択します。

  3. [Create Hosted Zone] を選択します。

  4. [Domain Name] に、所有するドメイン名を入力します。例: example.com

  5. [Create] を選択します。

次に、環境にドメイン名を解決できるホストゾーンにレコードを追加します。Amazon Route 53 DNS サーバーがカスタムドメイン名の名前リクエストを受信すると、環境内のインスタンスにリクエストを中継する Elastic Load Balancing ロードバランサーのパブリック DNS 名に解決される elasticbeanstalk.com のサブドメインに解決します。

注記

シングルインスタンスの環境では、elasticbeanstalk.com のサブドメインが、アプリケーションを実行しているインスタンスにアタッチされる Elastic IP アドレスに解決されます。

お使いの環境にローカル化されたサブドメインがある場合は、Amazon Route 53 エイリアスリソースレコードセットを使用して、名前解決のコストを節約できます。ローカル化されたサブドメインを使用した環境のドメイン名には、リージョンが含まれます。例: my-environment.us-west-2.elasticbeanstalk.com

Amazon Route 53 にエイリアスリソースレコードセットを追加するには

  1. Amazon Route 53 マネジメントコンソールを開きます。

  2. [Hosted Zones] を選択します。

  3. ホストゾーンの名前を選択します。

  4. [Create Record Set] を選択します。

  5. [Name] には、Elastic Beanstalk アプリケーションにリダイレクトするサブドメインを入力します。例: www

  6. [Type] で、[A - IPv4 address] を選択します。

  7. [Alias] で [Yes] を選択します。

  8. [Alias Target] で、Elastic Beanstalk 環境のドメイン名を選択します。

  9. [Save Record Set] を選択します。

お使いの環境にローカル化されたサブドメインがない場合は、CNAME レコードを作成します。

Amazon Route 53 に CNAME レコードを追加するには

  1. Amazon Route 53 マネジメントコンソールを開きます。

  2. [Hosted Zones] を選択します。

  3. ホストゾーンの名前を選択します。

  4. [Create Record Set] を選択します。

  5. [Name] には、Elastic Beanstalk アプリケーションにリダイレクトするサブドメインを入力します。例: www

  6. [Type] で、[CNAME - Canonical Name] を選択します。

  7. [Value] で、Elastic Beanstalk 環境のドメイン名を入力します。例: example.elasticbeanstalk.com

  8. [Save Record Set] を選択します。

DNS レコードは、24 時間あれば世界的に伝播されます。

別のプロバイダでドメイン名を登録した場合は、ドメインの構成の Amazon Route 53 ホストゾーンにネームサーバーを登録します。プロバイダはドメイン名の DNS リクエストを受け取ると、それを Amazon Route 53 のネームサーバーに転送して、ドメイン名を IP アドレスに解決します。Nameservers という設定を探すか、またはプロバイダのドキュメントを確認してください。

Amazon Route 53 コンソールに、[Hosted Zones] ページの NS レコードのホストゾーンのネームサーバーのリストが表示されます。

アプリケーションを実行している環境が複数ある場合は、Elastic Beanstalk コンソールを使用して 2 つの環境のドメイン名を交換できます。これにより、アプリケーションの新しいバージョンをスタンバイ環境にデプロイしてそれをテストし、本番環境でドメインを交換できます。

CNAME スワップを実行するとき、ダウンタイムゼロでアプリケーションの新しいバージョンが表示されます。これは、Blue-Green Deployment と呼ばれます。

環境の CNAME を交換するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

  2. [Environment Dashboard] を開く環境を選択します。

  3. [Actions] を選択して、[Swap Environment URLs] を選択します。

  4. 他の環境を選択します。

  5. [Swap] を選択します。