メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

単一コンテナの Docker 環境

単一コンテナの Docker 環境は、作成するイメージを示す Dockerfile、使用するイメージと追加の Elastic Beanstalk 設定オプションを指定する Dockerrun.aws.json ファイル、またはその両方から起動できます。これらの設定ファイルは、ソースコードにバンドルして Zip ファイルでデプロイできます。

次のアプリケーション例のいずれかを開始するか、または、単一コンテナ環境の Docker 設定ファイルのオーサリングの詳細について単一コンテナの Docker の設定を参照してください。

環境を起動するには(コンソール)

  1. 次の事前に設定されたリンクで、Elastic Beanstalk コンソールを開きます: console.aws.amazon.com/elasticbeanstalk/home#/newApplication?applicationName=tutorials&environmentType=LoadBalanced

  2. [Platform] に、アプリケーションで使用される言語に一致するプラットフォームを選択します。

  3. [App code] で、[Upload] を選択します。

  4. [Local file] で [Browse] を選択し、ソースバンドルを開きます。

  5. [Upload] を選択します。

  6. [Review and launch] を選択します。

  7. 使用できる設定を確認し、[Create app] を選択します。

EB CLI を設定し、使用する詳しい手順については、EB CLI の設定およびEB CLI による Elastic Beanstalk 環境の管理を参照してください。

PHP サンプルアプリケーション

GitHub リンク: awslabs/eb-demo-php-simple-app

このサンプルは、Dockerfile で定義されるカスタム Ubuntu イメージで実行する PHP アプリケーションです。

PHP サンプルアプリケーションは Amazon RDS を使用します。これらのサービスの使用に対して料金を請求される場合があります。新規のお客様の場合は、AWS 無料利用枠をご利用いただけます。ポリシーの詳細については、以下を参照してください。

Python サンプルアプリケーション

GitHub リンク: awslabs/eb-py-flask-signup

このサンプルは、Dockerfile で定義されるカスタム Ubuntu イメージで実行する Python アプリケーションです。このアプリケーションには、コンテナ上のストレージボリュームをホストインスタンス上の対応するパスにマッピングする Dockerrun.aws.json ファイルも含まれます。

Python サンプルアプリケーションは、Amazon DynamoDB、Amazon SQS、および Amazon SNS を使用します。これらのサービスの使用に対して料金を請求される場合があります。新規のお客様の場合は、AWS 無料利用枠をご利用いただけます。ポリシーの詳細については、以下を参照してください。

Dockerfile サンプルアプリケーション

このサンプルは、GitHub からゲーム 2048 をダウンロードして nginx 上で実行するように設定された Dockerfile です。

サンプルを Dockerfile という名前のファイルにコピーして貼り付け、環境作成時にソースバンドルの代わりにアップロードします。

FROM ubuntu:12.04

RUN apt-get update
RUN apt-get install -y nginx zip curl

RUN echo "daemon off;" >> /etc/nginx/nginx.conf
RUN curl -o /usr/share/nginx/www/master.zip -L https://codeload.github.com/gabrielecirulli/2048/zip/master
RUN cd /usr/share/nginx/www/ && unzip master.zip && mv 2048-master/* . && rm -rf 2048-master master.zip

EXPOSE 80

CMD ["/usr/sbin/nginx", "-c", "/etc/nginx/nginx.conf"]