メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

環境タイプ

Elastic Beanstalk で、ロードバランシングでオートスケーリングの環境またはシングルインスタンス環境を作成できます。必要な環境タイプは、デプロイしたアプリケーションによって異なります。たとえば、コストの節約のためシングルインスタンス環境でアプリケーションを開発およびテストし、アプリケーションが本番環境向けに整ってからロードバランシングでオートスケーリングの環境に環境をアップグレードできます。

注記

バックグラウンドのタスクを処理するウェブアプリケーションのワーカー環境枠には、ロードバランサーは含まれません。ただし、ロードによって必要とされるときに Amazon SQS キューからデータを処理できるように、Auto Scaling group にインスタンスを追加することで、ワーカー環境が効果的にスケールアウトされます。

ロードバランシングでオートスケーリングの環境

ロードバランシングでオートスケーリングの環境では、Elastic Load Balancing および Auto Scaling サービスを使用して、デプロイしたアプリケーションで必要な Amazon EC2 インスタンスをプロビジョニングします。Auto Scaling は、アプリケーションへの負荷の増大に対応できるように追加インスタンスを自動的に開始します。アプリケーションへの負荷が軽減すると、Auto Scaling はインスタンスを停止しますが、最低インスタンス実行数は常に保持されます。アプリケーションで、複数のアベイラビリティーゾーンで実行するオプションを備えたスケーラビリティが必要な場合、ロードバランシングでオートスケーリングの環境を使用します。どの環境タイプを選択したらよいか分からない場合は、1 つ選び、必要に応じて後から環境タイプを変更することができます。

シングルインスタンス環境

シングルインスタンス環境には、Elastic IP アドレスを使用する 1 つの Amazon EC2 インスタンスが含まれています。シングルインスタンス環境にはロードバランサーがなく、ロードバランシングでオートスケーリングの環境と比べてコストが節約できます。単一インスタンス環境でも Auto Scaling サービスは使用されますが、インスタンスの最小数、インスタンスの最大数、および適切な容量の設定はすべて 1 に設定されています。したがって、アプリケーションで増加する負荷に対応するために新しいインスタンスが起動されるということはありません。

本番アプリケーションのトラフィックが少ないと考えられる場合や、リモート開発を行っている場合は、シングルインスタンス環境を使用します。どの環境タイプを選択したらよいか分からない場合は、1 つ選び、必要に応じて後から環境タイプを変更します。詳細については、「環境タイプの変更」を参照してください。

環境タイプの変更

環境タイプをシングルインスタンスまたはロードバランシングでオートスケーリングの環境に変更するには、環境設定を編集します。場合によっては、環境タイプを別のタイプに変更することができます。たとえば、コストの節約のため、シングルインスタンス環境でアプリケーションを開発しテストするとします。アプリケーションが本番環境で稼働できるようになったら、環境タイプをロードバランシングでオートスケーリングの環境に変更して、スケール変更して顧客のニーズに対応できるようにすることができます。

環境のタイプを変更するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

  2. お客様の環境の管理ページに移動します。

  3. [Configuration] を選択します。

  4. [  Edit ] を [Scaling] 設定でクリックします。

  5. [Environment Type] セクションで、目的の環境タイプを選択します。

  6. 環境が VPC にある場合は、ELB および EC2 のインスタンスを配置するサブネットを選択します。アプリケーションを実行する各アベイラビリティーゾーンでは両方が必要です。詳細については、「Amazon Virtual Private Cloud で Elastic Beanstalk を使用する」を参照してください。

  7. [Save] をクリックします。

    Elastic Beanstalk が AWS リソースをプロビジョニングするため、環境が更新されるまでに数分かかることがあります。