メニュー
AWS Key Management Service
開発者ガイド

AWS Key Management Service とは

AWS Key Management Service (AWS KMS) は、データの暗号化に使用される暗号化キーの作成と管理を容易にするマネージド型サービスです。AWS KMS は、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Redshift、Amazon Elastic Transcoder、Amazon WorkMail、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) などの他の AWS サービスと統合されており、ユーザーが管理する暗号化キーでのデータの暗号化を簡単にします。また AWS KMS は AWS CloudTrail とも統合されており、キーの使用ログを表示できるため、監査、規制、およびコンプライアンスの要求に応えるために役立ちます。

AWS KMS では、サービスからエクスポートすることはできないマスターキーを作成できます。このキーを使用して、定義するポリシーに基づいてデータの暗号化と復号化を行うことができます。

AWS KMS を使用して、マスターキーで以下の管理操作を実行できます。

  • マスターキーの作成、説明、一覧表示

  • マスターキーの有効化と無効化

  • マスターキーの使用ポリシーの設定と取得 (アクセス制御)

  • マスターキーを参照するフレンドリ名になるエイリアスの作成、削除、一覧表示、更新

  • マスターキーを削除してキーのライフサイクルを完了する

AWS KMS では、マスターキーを使用して以下の暗号関数を実行することもできます。

  • データの暗号化、復号、再暗号化

  • プレーンテキストでサービスからエクスポートできるデータ暗号化キー、またはサービスから持ち出せないマスターキーで暗号化されたデータ暗号化キーの生成

  • 暗号化アプリケーションに適したランダムな数値の生成

AWS KMS を使用することで、暗号化するデータへのアクセスをより詳細に制御できます。キー管理および暗号化機能を直接アプリケーションで使用するか、AWS KMS と統合される AWS サービスを通じて使用できます。AWS のアプリケーションを作成しているか、AWS サービスを使用しているかにかかわらず、AWS KMS では、だれがマスターキーを使用し、暗号化されたデータにアクセスできるかを制御できます。

AWS KMS は、指定した Amazon S3 バケットにログファイルを配信するサービスである AWS CloudTrail と統合されます。CloudTrail を使用することで、マスターキーをだれがいつどのように使用したかをモニタリングし、調査できます。

AWS KMS の詳細については、「AWS KMS の概念」を参照してください。

AWS KMS が暗号化を使用し、マスターキーをセキュリティで保護する方法の詳細については、『AWS Key Management Service 暗号化の詳細』ホワイトペーパーを参照してください。

AWS KMS 料金表

他の AWS 製品と同様、AWS KMS を使用するための契約や最低契約金は必要ありません。AWS KMS の料金の詳細については、「AWS Key Management Service の料金表」を参照してください。