メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

パターンマッチング条件

パターンマッチング演算子は、条件式で指定されたパターンが存在するかどうか文字列を調べ、該当するパターンが見つかったかどうかに応じて true または false を返します。Amazon Redshift では、パターンマッチングに次の 3 つの方法を使用します。

  • LIKE 式

    LIKE 演算子は、列名などの文字列式を、ワイルドカード文字 % (パーセント) および _ (アンダースコア) を使用したパターンと比較します。LIKE パターンマッチングは常に文字列全体を網羅します。LIKE は大文字小文字を区別するマッチングを実行し、ILIKE は大文字小文字を区別しないマッチングを実行します。

  • SIMILAR TO 正規表現

    SIMILAR TO 演算子は、文字列式を、SQL の標準的な正規表現パターンと突き合わせます。このパターンには、LIKE 演算子でサポートされている 2 つを含む一連のパターンマッチングメタ文字を含めることができます。SIMILAR TO は、文字列全体をマッチングし、大文字小文字を区別するマッチングを実行します。

  • POSIX スタイルの正規表現

    POSIX 正規表現は、LIKE および SIMILAR TO の演算子の場合よりも強力なパターンマッチング手段を提供します。POSIX 正規表現パターンでは、文字列の任意の部分をマッチングすることができ、大文字小文字を区別するマッチングを実行します。

SIMILAR TO または POSIX の演算子を使用する正規表現マッチングは、計算コストが高くなります。非常に多くの行を処理する場合は特に、可能な限り、LIKE を使用することをお勧めします。例えば、次に示すクエリは機能的には同じですが、LIKE を使用したクエリは、正規表現を使用したクエリよりも数倍速く実行できます。

Copy
select count(*) from event where eventname SIMILAR TO '%(Ring|Die)%'; select count(*) from event where eventname LIKE '%Ring%' OR eventname LIKE '%Die%';