メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

SVL_QUERY_QUEUE_INFO

ワークロード管理 (WLM) クエリキューまたはコミットキューで時間がかかったクエリの詳細が示されます。

SVL_QUERY_QUEUE_INFO ビューでは、システムによって実行されたクエリを絞り込み、ユーザーによって実行されたクエリのみを表示します。

SVL_QUERY_QUEUE_INFO ビューでは、STL_QUERYSTL_WLM_QUERY、および STL_COMMIT_STATS システムテーブルからの情報の概要が表示されます。

このビュー はスーパーユーザーのみに表示されます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
database text クエリが発行されたときにユーザーが接続されたデータベースの名前。
query integer クエリ ID。
xid bigint トランザクション ID。
userid integer クエリを生成したユーザーの ID。
querytxt text クエリテキストの最初の 100 文字。
queue_start_time timestamp UTC で表された、クエリが WLM キューに入った時間。
exec_start_time timestamp UTC で表されたクエリ実行の開始時間。
service_class integer サービスクラスの ID。サービスクラスは、WLM 設定ファイル内で定義されます。
slots integer WLM クエリスロットの数。
queue_elapsed bigint WLM キューでのクエリの待機時間 (秒単位)。
exec_elapsed bigint クエリの実行にかかった時間 (秒単位)。
wlm_total_elapsed bigint WLM キューでクエリにかかった時間 (queue_elapsed) と、クエリの実行にかかった時間 (exec_elapsed)。
commit_queue_elapsed bigint コミットキューでのクエリの待機時間 (秒単位)。
commit_exec_time bigint コミット操作でのクエリの待機時間 (秒単位)。

サンプルクエリ

次の例は、WLM キューでクエリにかかった時間を示しています。

Copy
select query, service_class, queue_elapsed, exec_elapsed, wlm_total_elapsed from svl_query_queue_info where wlm_total_elapsed > 0; query | service_class | queue_elapsed | exec_elapsed | wlm_total_elapsed ---------+---------------+---------------+--------------+------------------- 2742669 | 6 | 2 | 916 | 918 2742668 | 6 | 4 | 197 | 201 (2 rows)