メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

ユーザー定義関数の作成

Python プログラムに基づいて SQL 以外の処理を実装するためにユーザー定義のカスタムスカラー関数 (UDF) を作成できます。新しい関数はデータベースに保存され、既存の Amazon Redshift 関数を実行する場合とほぼ同様に、十分な権限を持つすべてのユーザーが使用できます。標準の Python 機能を使用できるだけではなく、独自のカスタム Python モジュールをインポートできます。詳細については、「UDF のための Python 言語のサポート」を参照してください。

UDF を作成するには、Python 言語を使用するための USAGE 権限を持っている必要があります。UDF 所有者またはスーパーユーザーは UDF を実行できます。その他のユーザーには関数ごとに権限が付与されている必要があります。権限の詳細については、「UDF のセキュリティおよび権限」を参照してください。