AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

AWS::ECS::Service ServiceRegistry

ServiceRegistry プロパティは、サービスレジストリの詳細を指定します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "ContainerName" : String, "ContainerPort" : Integer, "Port" : Integer, "RegistryArn" : String }

YAML

ContainerName: String ContainerPort: Integer Port: Integer RegistryArn: String

プロパティ

ContainerName

タスク定義にすでに指定されているコンテナ名の値。サービス検出サービスに使用されます。サービスタスクが指定するタスク定義に bridge または host ネットワークモードが使用されている場合は、タスク定義からの containerNamecontainerPort の組み合わせを指定する必要があります。サービスタスクが指定するタスク定義に awsvpcネットワークモードが使用され、SRV DNS タイプのレコードが使用されている場合は、containerNamecontainerPort の組み合わせを指定するか、port 値を指定する必要があります (両方は指定しないでください)。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

Update requires: Replacement

ContainerPort

タスク定義にすでに指定されているポートの値。サービス検出サービスに使用されます。サービスタスクが指定するタスク定義に bridge または host ネットワークモードが使用されている場合は、タスク定義からの containerNamecontainerPort の組み合わせを指定する必要があります。サービスタスクが指定するタスク定義に awsvpc ネットワークモードが使用され、SRV DNS タイプのレコードが使用されている場合は、containerNamecontainerPort の組み合わせを指定するか、port 値を指定する必要があります (両方は指定しないでください)。

必須: いいえ

タイプ: 整数

Update requires: Replacement

Port

サービス検出サービスが SRV レコードを指定した場合に使用されるポート値。このフィールドは、awsvpc ネットワークモードと SRV レコードの両方が使用されている場合に使用される可能性があります。

必須: いいえ

タイプ: 整数

Update requires: Replacement

RegistryArn

サービスレジストリの Amazon リソースネーム (ARN)。現在サポートされているサービスレジストリは AWS Cloud Map です。詳細については、「CreateService」を参照してください。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

Update requires: Replacement

このページの内容: