AWS::WAFv2::WebACL DefaultAction - AWS CloudFormation

AWS::WAFv2::WebACL DefaultAction

注記

これは AWS WAF の最新バージョンで、2019 年 11 月に AWS WAFV2 という名前でリリースされています。以前のリリースから AWS WAF リソースを移行する方法などの詳細については、AWS WAF 開発者ガイドを参照してください。

WebACLでは、これは、ウェブリクエストが WebACL のどのルールにも一致しない場合に、AWS WAF が実行するアクションです。デフォルトのアクションは終了アクションでなければならないため、カウントは許可されません。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "Allow" : Json, "Block" : Json }

YAML

Allow: Json Block: Json

プロパティ

Allow

AWS WAF がデフォルトでリクエストを許可することを指定します。

必須: いいえ

タイプ: Json

Update requires: No interruption

Block

AWS WAF がデフォルトでリクエストをブロックすることを指定します。

必須: いいえ

タイプ: Json

Update requires: No interruption

ウェブ ACL のデフォルトアクションを設定する

次に、デフォルトアクションを「ブロック」に設定するウェブ ACL のデフォルトアクション仕様の例を示します。

YAML

DefaultAction: Block: {}

JSON

"DefaultAction": { "Block": {} }