AWS::WAFv2::WebACL RuleAction - AWS CloudFormation

AWS::WAFv2::WebACL RuleAction

注記

これは AWS WAF の最新バージョンで、2019 年 11 月に AWS WAFV2 という名前でリリースされています。以前のリリースから AWS WAF リソースを移行する方法などの詳細については、AWS WAF 開発者ガイドを参照してください。

ウェブリクエストがルールのステートメントと一致したときに、AWS WAF がウェブリクエストに対して実行するアクション。ウェブ ACL レベルの設定は、ルールのアクション設定をオーバーライドできます。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "Allow" : Json, "Block" : Json, "Count" : Json }

YAML

Allow: Json Block: Json Count: Json

プロパティ

Allow

ウェブリクエストを許可するように AWS WAF に指示します。

必須: いいえ

タイプ: Json

Update requires: No interruption

Block

ウェブリクエストをブロックするように AWS WAF に指示します。

必須: いいえ

タイプ: Json

Update requires: No interruption

Count

ウェブリクエストをカウントして許可するように AWS WAF に指示します。

必須: いいえ

タイプ: Json

Update requires: No interruption