AWS::CloudFront::Distribution - AWS CloudFormation

AWS::CloudFront::Distribution

ディストリビューションは、コンテンツの配信元の場所と、コンテンツ配信の追跡と管理の方法の詳細を CloudFront に指示します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "Type" : "AWS::CloudFront::Distribution", "Properties" : { "DistributionConfig" : DistributionConfig, "Tags" : [ Tag, ... ] } }

YAML

Type: AWS::CloudFront::Distribution Properties: DistributionConfig: DistributionConfig Tags: - Tag

プロパティ

DistributionConfig

ディストリビューションの現在の設定情報。/CloudFront API version/distribution ID/config リソースに GET リクエストを送信します。

必須: はい

タイプ: DistributionConfig

Update requires: No interruption

Tags

0 個以上の Tag 要素を含む複合型。

必須: いいえ

タイプ: Tag のリスト

Update requires: No interruption

戻り値

参照番号

CloudFront ディストリビューション ID このリソースの論理 ID を組み込みの Ref 関数に渡すと、Ref は次を返します: 。例: E27LVI50CSW06W

For more information about using the Ref function, see Ref.

Fn::GetAtt

Fn::GetAtt 組み込み関数は、このタイプの指定された属性の値を返します。以下には、利用可能な属性とサンプル戻り値のリストが示されます。

Fn::GetAtt 組み込み関数の使用方法の詳細については、「Fn::GetAtt」を参照してください。

DomainName

リソースのドメイン名 (d111111abcdef8.cloudfront.net など)。

ディストリビューションを作成する

次の例では、ディストリビューションを指定し、1 つのタグを割り当てます。

JSON

{ "AWSTemplateFormatVersion": "2010-09-09", "Resources": { "cloudfrontdistribution": { "Type": "AWS::CloudFront::Distribution", "Properties": { "DistributionConfig": { "CacheBehaviors": [ { "LambdaFunctionAssociations": [ { "EventType": "string-value", "LambdaFunctionARN": "string-value" } ] } ], "DefaultCacheBehavior": { "LambdaFunctionAssociations": [ { "EventType": "string-value", "LambdaFunctionARN": "string-value" } ] }, "IPV6Enabled": "boolean-value", "Origins": [ { "CustomOriginConfig": { "OriginKeepaliveTimeout": "integer-value", "OriginReadTimeout": "integer-value" } } ] }, "Tags": [ { "Key": "string-value", "Value": "string-value" } ] } } } }

YAML

AWSTemplateFormatVersion: 2010-09-09 Resources: cloudfrontdistribution: Type: AWS::CloudFront::Distribution Properties: DistributionConfig: CacheBehaviors: - LambdaFunctionAssociations: - EventType: string-value LambdaFunctionARN: string-value DefaultCacheBehavior: LambdaFunctionAssociations: - EventType: string-value LambdaFunctionARN: string-value IPV6Enabled: boolean-value Origins: - CustomOriginConfig: OriginKeepaliveTimeout: integer-value OriginReadTimeout: integer-value Tags: - Key: string-value Value: string-value

以下の資料も参照してください。