Amazon EBS スナップショット - Amazon Elastic Compute Cloud

Amazon EBS スナップショット

Amazon EBS スナップショットと呼ばれるポイントインタイムコピーを作成することで、Amazon EBS ボリューム上のデータをバックアップできます。スナップショットは増分バックアップです。つまり、最新のスナップショットを作成した時点から、デバイス上で変更があったブロックだけが保存されます。これにより、スナップショットを作成するのに要する時間が最小限に抑えられ、データを複製しないことで、ストレージコストが節約されます。

重要

AWS は、EBS ボリュームに保存されているデータを自動的にバックアップしません。データの回復力とディザスタリカバリのために、EBS スナップショットを定期的に作成するか、Amazon Data Lifecycle Manager または AWS Backup を使用して自動スナップショット作成を設定したりするのは、ユーザーの責任になります。

EBS スナップショットは Amazon S3 の S3 バケット (直接アクセスできない) に保存されます。Amazon EC2 コンソールまたは Amazon EC2 API を使用して、スナップショットの作成と管理を行うことができます。Amazon S3 コンソールまたは Amazon S3 API を使用してスナップショットにアクセスすることはできません。

各スナップショットには、(スナップショットを作成した瞬間から) データを新しい EBS ボリュームに復元するために必要な情報がすべて含まれます。スナップショットに基づいて EBS ボリュームを作成すると、新しいボリュームは、スナップショットの作成に使用されたボリュームの完全なレプリカとして開始されます。すぐに使用を開始できるよう、レプリケートされたボリュームはバックグラウンドでデータを読み込みます。まだ読み込まれていないデータにアクセスした場合、ボリュームは要求されたデータを Amazon S3 から即座にダウンロードし、引き続きボリュームの残りのデータをバックグラウンドで読み込みます。詳細については、Amazon EBS スナップショットの作成を参照してください。スナップショットを削除すると、そのスナップショットに固有のデータだけが削除されます。詳細については、「Amazon EBS スナップショットの削除」を参照してください。

詳細については、Amazon EBS スナップショットの製品ページを参照してください。

スナップショットイベント

EBS スナップショットの状態は、CloudWatch Events を通じて追跡できます。詳細については、EBS スナップショットイベントを参照してください。

マルチボリュームスナップショット

スナップショットを使用すると、大規模データベースや複数の EBS ボリュームにわたるファイルシステムなど、重要なワークロードのバックアップを作成できます。マルチボリュームスナップショットを使用すると、EC2 インスタンスにアタッチされている複数の EBS ボリュームにわたって、正確なポイントインタイムで、データ調整済みの Crash-consistent スナップショットを取得できます。スナップショットは複数の EBS ボリュームにわたって自動的に作成されるため、クラッシュの一貫性を確保するためにインスタンスを停止したり、ボリューム間で調整したりする必要がなくなります。詳細については、Amazon EBS スナップショットの作成のマルチボリューム EBS スナップショットを作成する手順を参照してください。

スナップショットの料金

スナップショットの料金は、保存されているデータの量に基づきます。スナップショットは増分であるため、スナップショットを削除すると、データストレージのコストが削減されない場合があります。スナップショットによって排他的に参照されるデータは、そのスナップショットが削除されると削除されますが、他のスナップショットによって参照されるデータは保持されます。詳細については、AWS Billing ユーザーガイドAmazon Elastic Block Store のボリュームおよびスナップショットを参照してください。

スナップショットの仕組み

ボリュームから作成する最初のスナップショットは、常にフルスナップショットです。これには、スナップショットの作成時にボリュームに書き込まれたすべてのデータブロックが含まれます。同じボリュームの後続スナップショットは、増分スナップショットです。それらには、最後のスナップショットが作成されてからボリュームに書き込まれた、変更されたデータブロックと新規のデータブロックのみが含まれます。

フルスナップショットのサイズは、ソースボリュームのサイズではなく、バックアップするデータのサイズによって決まります。同様に、フルスナップショットに関連するストレージコストは、ソースボリュームのサイズではなく、スナップショショットのサイズによって決まります。例えば、50 GiB データのみを含む 200 GiB Amazon EBS ボリュームの最初のスナップショットを作成します。これにより、フルスナップショットのサイズは 50 GiB となり、50 GiB スナップショットストレージの料金が請求されます。

同様に、増分スナップショットのサイズとストレージコストは、前回のスナップショットが作成された後にボリュームに書き込まれたデータのサイズによって決まります。この例を続けて、20 GiB データを変更して 10 GiB データを追加した後に 200 GiB ボリュームの 2 つ目のスナップショットを作成すると、増分スナップショットのサイズは 30 GiB になります。その後、その追加の 30 GiB スナップショットストレージの料金が請求されます。

スナップショットの料金の詳細については、「Amazon EBS 料金表」を参照してください。

重要

増分スナップショットをアーカイブすると、スナップショットの作成時にボリュームに書き込まれたすべてのブロックを含むフルスナップショットに変換されます。その後、Amazon EBS Snapshots Archive 階層に移動されます。アーカイブ階層のスナップショットは、標準階層のスナップショットとは異なるレートで請求されます。詳細については、「料金と請求」を参照してください。

次のセクションでは、EBS スナップショットがある時点でのボリュームの状態をキャプチャする方法、および変化するボリュームの後続のスナップショットが変更の履歴を作成する方法を説明します。

同じボリュームの複数のスナップショット

このセクションの図は、15 GiB サイズのボリューム 1 で 3 つの時点を示しています。これら 3 つのボリューム状態それぞれのスナップショットが作成されます。この図が特に示しているのは、次の点です。

  • 状態 1 では、ボリュームに 10 GiB のデータがあります。スナップ A は、ボリュームの最初のスナップショットを取得したものです。スナップ A はフルスナップショットで、10 GiB データ全体がバックアップされます。

  • 状態 2 では、ボリュームにはまだ 10 GiB のデータが含まれていますが、スナップ A の撮影後に変化したのは 4 GiB だけです。スナップ B は増分スナップショットです。変更された 4 GiB 部分だけをバックアップする必要があります。既にスナップ A にバックアップされている、変更がなかった残りの 6 GiB 分の未変更データは、再度バックアップされるのではなく、スナップ B で、参照されます。これは点線の矢印によって示されます。

  • 状態 3 では、Snap B が撮影された後、2 GiB 分のデータがボリュームに追加され、合計 12 GiB となっています。スナップ C は増分スナップショットです。スナップ C は、スナップ B が作成されたあとに追加された 2 GiB 分のみコピーする必要があります。点線の矢印で示されているように、スナップ Cスナップ B に格納された 4 GiB 分のデータと、スナップ A に格納された 6 GiB 分のデータの両方を参照します。

  • 3 つのスナップショットに必要な合計ストレージ量は 16 GiB です。これにより、スナップ A が 10 GiB、スナップ B が 4 GiB、スナップ C が 2 GiB になります。


        初期のボリューム状態と、データが変更されたあとの 2 つの状態をキャプチャしたスナップショット。

異なるボリュームの増分スナップショット

このセクションの図は、異なるボリュームから増分スナップショットを取得する方法を示しています。

  1. 14 GiB 分のサイズのボリューム 1 は、10 GiB のデータがあります。スナップ A はボリュームで撮影された最初のスナップショットであるため、フルスナップショットであり、10 GiB のデータ全体がバックアップされます。

  2. ボリューム 2スナップ A から作成されるので、スナップショットを取得した時点では ボリューム 1 の完全なレプリカとなります。

  3. 時間が経つと、ボリューム 24 GiB のデータが追加され、合計サイズは 14 GiB になります。

  4. ボリューム 2 は、スナップ B から取得されます。スナップ B では、スナップ A からボリュームが作成された後に追加された 4 GiB のデータのみがバックアップされます。もう一方の変更されていない 10 GiB のデータは、既にスナップ A に格納されており、再びバックアップされる代わりに、スナップ B から参照されます。

    別のボリュームから作成されてはいますが、スナップ Bスナップ A の増分スナップショットです。

重要

この図では、Vol 1スナップ A を所有していて、Vol 2 が Vol 1 と同じ KMS キーで暗号化されていることを前提としています。Vol 1 が別の AWS アカウントによって所有されていて、そのアカウントがスナップ A を撮影して共有した場合、スナップ B はフルスナップショットになります。または、Vol 2Vol 1 とは異なる KMS キーで暗号化されている場合、スナップ B はフルスナップショットになります。


        初期のボリューム状態と、データが変更されたあとの 2 つの状態をキャプチャしたスナップショット。

データが管理されている方法とスナップショットを削除するタイミングについては、Amazon EBS スナップショットの削除を参照してください。

スナップショットのコピーおよび共有

アクセス権限を変更することで、スナップショットを AWS アカウント間で共有することができます。自分のスナップショットのコピーと、他のユーザーから共有されたスナップショットのコピーを作成できます。詳細については、Amazon EBS スナップショットの共有を参照してください。

スナップショットは、作成された AWS リージョンに制限されます。EBS ボリュームのスナップショットを作成した後、そのスナップショットを使って、同じリージョンで新規ボリュームを作成できます。詳細については、スナップショットからのボリュームの作成を参照してください。スナップショットはリージョン間でコピーすることもできるため、地理的な拡大、データセンターの移行、災害対策など、複数のリージョンを使用することが可能になります。completed 状態であるアクセス可能なすべてのスナップショットをコピーできます。詳細については、Amazon EBS スナップショットのコピーを参照してください。

スナップショットの暗号化サポート

EBS スナップショットは、EBS 暗号化を完全にサポートします。

  • 暗号化されたボリュームのスナップショットは自動的に暗号化されます。

  • 暗号化されたスナップショットから作成されたボリュームは、自動的に暗号化されます。

  • 自分が所有している、またはアクセス権がある暗号化されていないスナップショットから作成したボリュームは、オンザフライで暗号化できます。

  • 自分が所有している暗号化されていないスナップショットをコピーした場合、コピー処理中に暗号化できます。

  • 自分が所有している、またはアクセス権がある暗号化されたスナップショットをコピーした場合、コピー処理中に異なるキーを使用して再暗号化できます。

  • 暗号化されていないスナップショットから作成した暗号化されたボリュームの最初のスナップショットは常に完全なスナップショットです。

  • ソーススナップショットと比べて CMK が異なる再暗号化されたボリュームの最初のスナップショットは常に完全なスナップショットです。

スナップショット暗号化の可能性のあるシナリオの完全なドキュメントは Amazon EBS スナップショットの作成Amazon EBS スナップショットのコピー にあります。

詳細については、Amazon EBS 暗号化を参照してください。