ブートモード - Amazon Elastic Compute Cloud

ブートモード

コンピュータが起動して最初に実行されるソフトウェアが、プラットフォームの初期化を行い、そのプラットフォーム固有の操作を実行するためのオペレーティングシステム用のインタフェースを提供する必要があります。

デフォルトのブートモード

EC2 では、統合拡張ファームウェアインターフェイス (UEFI) とレガシー BIOS の、2 種類のブートモードソフトウェアがサポートされます。デフォルトでは、Graviton インスタンスタイプは UEFI で実行され、インテルおよび AMD のインスタンスタイプはレガシー BIOS で実行されます。

UEFI で Intel および AMD インスタンスタイプを実行中

Most Intel and AMD instance types は UEFI とレガシー BIOS の両方で実行できます。UEFI を使用するには、ブートモードパラメータを uefi に設定した AMI を選択し、その AMI に含まれるオペレーティングシステムで、UEFI をサポートするための設定を行う必要があります。

AMI ブートモードパラメータの目的

AMI ブートモードパラメータは、インスタンスの起動時に使用するブートモードを EC2 に通知します。ブートモードパラメータが uefi に設定されている場合、EC2 は UEFI でのインスタンスの起動を試みます。オペレーティングシステムが UEFI をサポートするように設定されていない場合、インスタンスの起動が失敗する可能性があります。

警告

ブートモードパラメータを設定しても、オペレーティングシステムは指定されたブートモードに自動的に変更されません。この設定は、オペレーティングシステムに固有です。設定の手順については、ご使用のオペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。

AMI で使用可能なブートモードパラメータ

AMI ブートモードパラメータの設定はオプションです。AMI のブートモードパラメータ値には、uefi または legacy-bios のどちらかを指定できます。一部の AMI には、ブートモードパラメータがありません。ブートモードパラメータがない AMI の場合、これらの AMI から起動されるインスタンスでは、インスタンスタイプごとのデフォルト値が使用されます — Graviton では uefi、すべての Intel および AMD インスタンスタイプでは legacy-bios