バーストパフォーマンスインスタンスの Unlimited モード - Amazon Elastic Compute Cloud

バーストパフォーマンスインスタンスの Unlimited モード

unlimited として設定したバーストパフォーマンスインスタンスは、必要に応じた期間にわたり、高い CPU 使用率を保持できます。24 時間ごとのインスタンスの平均 CPU 使用率またはインスタンスの存続期間のいずれか短い方の時間で、インスタンスの平均 CPU 使用率がベースライン以下になった場合、1 時間ごとのインスタンス価格は自動的にすべての CPU 使用率スパイクをカバーします。

汎用のワークロードではほとんどの場合、unlimitedとして設定されたインスタンスは追加料金なしで十分なパフォーマンスを提供します。長時間にわたって高い CPU 使用率でインスタンスを実行する場合には、vCPU 時間ごとに均一追加料金が発生します。料金の詳細については、「 Amazon EC2 の料金 およびT2/T3/T4g Unlimited モードの料金」、「」を参照してください。

t2.micro もしくは t3.micro インスタンスを AWS 無料利用枠の範囲で unlimited モードで使用している場合、ローリング期間の 24 時間における平均使用率が、そのインスタンスのベースライン使用率を超過すると料金が発生することがあります。

T4g、T3a、および T3 インスタンスは、デフォルトで unlimited として起動します。24 時間の平均 CPU 使用率がベースラインを超えた場合は、余剰クレジットに対して課金されます。スポットインスタンス を unlimited 起動し、CPU クレジットを計上するためのアイドル時間を待たず、すぐに短期間だけ使用する場合には、余剰クレジットの料金が発生します。コストの増加を抑えるには、スポットインスタンス を標準モードで起動することをお勧めします。詳細については、余剰クレジットにより料金が発生することがある「」およびバーストパフォーマンスインスタンス「」を参照してください。

注記

Dedicated Host で起動された T3 インスタンスはstandard(デフォルト)unlimitedモードは Dedicated Host の T3 インスタンスではサポートされていません。