AWS Outposts でのキャパシティー予約 - Amazon Elastic Compute Cloud

AWS Outposts でのキャパシティー予約

AWS Outposts は、AWS のインフラストラクチャ、サービス、API、ツールをお客様のオンプレミスまで拡張するフルマネージドサービスです。AWS は、AWS Outposts マネージドインフラストラクチャへのローカルアクセスを提供することで、AWS リージョンと同じプログラミングインターフェイスを使用してオンプレミスでアプリケーションを構築して実行できるようにします。同時に、コンピューティングとストレージのローカルリソースを使用して、レイテンシーを短縮し、ローカルのデータ処理ニーズに対応します。

Outpost とは、お客様のサイトにデプロイされる AWS のコンピューティングおよびストレージキャパシティーのプールです。AWS は、AWS リージョンの一部としてこのキャパシティーを運営、監視、管理します。

ユーザーは、自分のアカウントで作成した Outposts にキャパシティ予約を作成できます。これにより、自分のサイトにある Outpost で、コンピューティング性能を予約できるようになります。通常のアベイラビリティーゾーンでキャパシティー予約を作成して使用するのと同じ方法で、Outposts でもキャパシティー予約 を作成して使用できます。同じ機能とインスタンスマッチング動作が適用されます。

また、AWS Resource Access Manager を使用することで、Outposts にあるキャパシティ予約を、自分の組織内の他の AWS アカウントと共有することができます。キャパシティー予約の共有については、「共有 キャパシティーの予約 の操作」を参照してください 。

Prerequisite

Outpost は、自分のサイトにインストールする必要があります。詳細については、AWS Outposts ユーザーガイドの「Outpost を作成し、Outpost 容量を注文する」を参照してください。

考慮事項

  • Outpost では、キャパシティ予約グループを使用することはできません。

Outpost でキャパシティ予約を使用するには

  1. Outpost にサブネットを作成します。詳細については、AWS Outposts ユーザーガイドの「サブネットの作成」を参照してください。

  2. Outpost にキャパシティ予約を作成します。

    1. AWS Outposts コンソール (https://console.aws.amazon.com/outposts/) を開きます。

    2. ナビゲーションペインで [Outposts]、[アクション]、[キャパシティー予約の作成] の順に選択します。

    3. 必要に応じてキャパシティ予約を設定し、[作成] を選択します。詳細については、「キャパシティーの予約 の作成」を参照してください。

      注記

      [インスタンスタイプ] ドロップダウンには、選択した Outpost でサポートされているインスタンスタイプのみが表示されます。また、[アベイラビリティーゾーン] ドロップダウンには、選択したアウトポストが関連付けられているアベイラビリティーゾーンのみが一覧表示されます。

  3. キャパシティー予約 でのインスタンスの起動 [サブネット] では、ステップ 1 で作成したサブネットを選択します。また、[キャパシティー予約] では、ステップ 2 で作成したキャパシティ予約を選択します。詳細については、AWS Outposts ユーザーガイドの、「Outposts でインスタンスを起動する」を参照してください。