Amazon EC2 ネットワークインターフェイスへのプレフィクスの割り当て - Amazon Elastic Compute Cloud

Amazon EC2 ネットワークインターフェイスへのプレフィクスの割り当て

プライベート IPv4 または IPv6 CIDR 範囲は、自動または手動で、ネットワークインターフェイスに割り当てることができます。プレフィクスを割り当てることにより、インスタンス上で複数の IP アドレスを必要とするコンテナおよびネットワークアプリケーションなど、アプリケーションの管理を拡張および簡素化します。

以下の割り当てオプションが利用できます。

  • 自動割り当て — AWS が、VPC サブネットの IPv4 または IPv6 CIDR ブロックからプレフィクスを選択し、ネットワークインターフェイスに割り当てます。

  • 手動割り当て — ユーザーが VPC サブネットの IPv4 または IPv6 CIDR ブロックからプレフィクスを指定し、AWS はそのプレフィクスが他のリソースに割り当てられていないことを確認してから、そのプレフィクスをネットワークインターフェイスに割り当てます。

プレフィクスの割り当てには次の利点があります。

  • ネットワークインターフェイスの IP アドレスの増加 — プレフィクスを使用する場合は、個々の IP アドレスではなく IP アドレスのブロックを割り当てます。これにより、ネットワークインターフェイスの IP アドレスの数が増加します。

  • コンテナの VPC 管理の簡素化 — コンテナアプリケーションでは、各コンテナに一意の IP アドレスが必要です。インスタンスにプレフィクスを割り当てることで、個々の IP 割り当てに対して Amazon EC2 API を呼び出すことなくコンテナを起動および終了できるため、VPC の管理が簡素化されます。

プレフィクス割り当ての基本

  • 新しいネットワークインターフェイスまたは既存のネットワークインターフェイスにプレフィクスを割り当てることができます。

  • プレフィクスを使用するには、ネットワークインターフェイスにプレフィクスを割り当て、次にそのネットワークインターフェイスをインスタンスにアタッチしてから、オペレーティングシステムを設定します。

  • プレフィクスを指定するオプションを選択する場合、プレフィクスは次の要件を満たしている必要があります。

    • 指定できる IPv4 プレフィクスは /28

    • 指定できる IPv6 プレフィクスは /80

    • プレフィクスがネットワークインターフェイスのサブネット CIDR にあり、サブネット内の既存のリソースに割り当てられた他のプレフィクスまたは IP アドレスと重複していないこと。

  • プレフィクスは、プライマリまたはセカンダリのネットワークインターフェイスに割り当てることができます。

  • プレフィクスが割り当てられているネットワークインターフェイスに Elastic IP アドレスを割り当てることができます。

  • 割り当てられたプレフィクスの IP アドレス部分に Elastic IP アドレスを割り当てることもできます。

  • インスタンスのプライベート DNS ホスト名をプライマリのプライベート IPv4 アドレスに解決します。

  • プレフィクスからのものを含め、ネットワークインターフェイスの各プライベート IPv4 アドレスは、次の形式を使用して割り当てます。

    • us-east-1 リージョン

      ip-private-ipv4-address.ec2.internal
    • その他のすべてのリージョン

      ip-private-ipv4-address.region.compute.internal

プレフィクスの考慮事項と制限

プレフィクスを使用する場合は、次の点を考慮してください:

  • プレフィクス付きのネットワークインターフェイスは、Nitro システムに内蔵されたインスタンスでサポートされます。

  • ネットワークインターフェイスのプレフィクスは、プライベート IPv4 アドレスと IPv6 アドレスに制限されます。

  • ネットワークインターフェイスに割り当てることができる IP アドレスの数は、インスタンスタイプによって異なります。ネットワークインターフェイスに割り当てる各プレフィクスが、1 つの IP アドレスとしてカウントされます。例えば、c5.large インスタンスで、ネットワークインターフェイスあたりの IPv4 アドレス数が 10 に制限されているとします。このインスタンスの各ネットワークインターフェイスに、プライマリ IPv4 アドレスが存在します。ネットワークインターフェイスにセカンダリ IPv4 アドレスがない場合は、ネットワークインターフェイスに最大 9 つのプレフィクスを割り当てることができます。ネットワークインターフェイスに割り当てる IPv4 アドレスを追加する度に、ネットワークインターフェイスに割り当てるプレフィクスの数が 1 つ少なくなります。詳細については、各インスタンスタイプのネットワークインターフェイスあたりの IP アドレス数 を参照してください。

  • プレフィクスは、送信元/送信先チェックに含まれます。