プレフィックスの使用 - Amazon Elastic Compute Cloud

プレフィックスの使用

ネットワークインターフェイスの作成時にプレフィックスを割り当てる

自動割り当てオプションを使用する場合は、サブネット内の IP アドレスのブロックを予約できます。AWS は、このブロックからプレフィックスを選択します。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「サブネット CIDR の予約」を参照してください。

ネットワークインターフェイスを作成したら、attach-network-interface AWS CLIコマンドを使用して、ネットワークインターフェイスをインスタンスに添付します。プレフィックス付きのネットワークインターフェイス用にオペレーティングシステムを設定する必要があります。詳細については、「プレフィックス付きのネットワークインターフェイス用にオペレーティングシステムを設定する」を参照してください。

ネットワークインターフェイスの作成時に自動的にプレフィックスを割り当てる

以下のいずれかの方法を使用して、ネットワークインターフェイスの作成中に自動プレフィックスを割り当てることができます。

Console

ネットワークインターフェース作成時に自動的にプレフィックスを割り当てるには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ネットワークインターフェース] を選択し、その後 [ネットワークインターフェイスの作成] を選択します。

  3. ネットワークインターフェイスの説明を指定し、ネットワークインターフェイスを作成するサブネットを選択し、プライベート IPv4 アドレスと IPv6 アドレスを設定します。

  4. [詳細設定]を展開し、以下の操作を行います。

    1. IPv4 プレフィックスを自動的に割り当てるには、[IPv4 プレフィックスの委任] で、[自動割り当て]を選択します。その後、IPv4 プレフィクスの数で、割り当てるプレフィックスの数を指定します。

    2. IPv6 プレフィックスの自動割り当てるには、IPv6 プレフィックスの委任] で、[自動割り当て]を選択します。その後、[IPv6 プレフィクスの数]で、割り当てるプレフィックスの数を指定します。

      注記

      [IPv6 プレフィックスの委任]は、選択したサブネットがIPv6 に対して有効になっている場合にのみ表示されます。

  5. ネットワークインターフェイスに関連付けるセキュリティグループを選択し、必要に応じてリソースタグを割り当てます。

  6. [ネットワークインターフェイスの作成] をクリックします。

AWS CLI

ネットワークインターフェース作成時に自動的に IPv4 プレフィックスを割り当てるには

create-network-interface コマンドを使用し、AWS が割り当てるプレフィックスの数を --ipv4-prefix-count に設定します。次の例では、AWS が 1 プレフィックスを割り当てています。

$ aws ec2 create-network-interface \ --subnet-id subnet-047cfed18eEXAMPLE \ --description "IPv4 automatic example" \ --ipv4-prefix-count 1

出力例

{ "NetworkInterface": { "AvailabilityZone": "us-west-2a", "Description": "IPv4 automatic example", "Groups": [ { "GroupName": "default", "GroupId": "sg-044c2de2c4EXAMPLE" } ], "InterfaceType": "interface", "Ipv6Addresses": [], "MacAddress": "02:98:65:dd:18:47", "NetworkInterfaceId": "eni-02b80b4668EXAMPLE", "OwnerId": "123456789012", "PrivateIpAddress": "10.0.0.62", "PrivateIpAddresses": [ { "Primary": true, "PrivateIpAddress": "10.0.0.62" } ], "Ipv4Prefixes": [ { "Ipv4Prefix": "10.0.0.208/28" } ], "RequesterId": "AIDAIV5AJI5LXF5XXDPCO", "RequesterManaged": false, "SourceDestCheck": true, "Status": "pending", "SubnetId": "subnet-047cfed18eEXAMPLE", "TagSet": [], "VpcId": "vpc-0e12f52b21EXAMPLE" } }

ネットワークインターフェース作成時に自動的に IPv6 プレフィックスを割り当てるには

create-network-interface コマンドを使用し、AWS が割り当てるプレフィックスの数を --ipv6-prefix-count に設定します。次の例では、AWS が 1 プレフィックスを割り当てています。

$ aws ec2 create-network-interface \ --subnet-id subnet-047cfed18eEXAMPLE \ --description "IPv6 automatic example" \ --ipv6-prefix-count 1

出力例

{ "NetworkInterface": { "AvailabilityZone": "us-west-2a", "Description": "IPv6 automatic example", "Groups": [ { "GroupName": "default", "GroupId": "sg-044c2de2c4EXAMPLE" } ], "InterfaceType": "interface", "Ipv6Addresses": [], "MacAddress": "02:bb:e4:31:fe:09", "NetworkInterfaceId": "eni-006edbcfa4EXAMPLE", "OwnerId": "123456789012", "PrivateIpAddress": "10.0.0.73", "PrivateIpAddresses": [ { "Primary": true, "PrivateIpAddress": "10.0.0.73" } ], "Ipv6Prefixes": [ { "Ipv6Prefix": "2600:1f13:fc2:a700:1768::/80" } ], "RequesterId": "AIDAIV5AJI5LXF5XXDPCO", "RequesterManaged": false, "SourceDestCheck": true, "Status": "pending", "SubnetId": "subnet-047cfed18eEXAMPLE", "TagSet": [], "VpcId": "vpc-0e12f52b21EXAMPLE" } }

ネットワークインターフェイスの作成時に特定のプレフィックスを割り当てる

以下のいずれかの方法を使用して、ネットワークインターフェイスの作成中に特定のプレフィックスを割り当てることができます。

Console

ネットワークインターフェース作成時に特定のプレフィックスを割り当てるには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ネットワークインターフェース] 選択し、それから[ネットワークインターフェイス]を選択します。

  3. ネットワークインターフェイスの説明を指定し、ネットワークインターフェイスを作成するサブネットを選択し、プライベート IPv4 アドレスと IPv6 アドレスを設定します。

  4. [アドバンスト設定] で、以下の操作を行います。

    1. 特定の IPv4 プレフィックスを割り当てるには、[IPv4 プレフィックスの委任] で、[カスタム]を選択します。次に[新しいプレフィックスの追加] を選択し、使用するプレフィックスの入力を行います。

    2. 特定の IPv6 プレフィックスを割り当てるには、[IPv6 プレフィックスの委任] で、[カスタム]を選択します。次に [新しいプレフィックスの追加] を選択し、使用するプレフィックスの入力を行います。

      注記

      [IPv6 プレフィックスの委任]は、IPv6 に対して選択したサブネットが有効になっている場合にのみ表示されます。

  5. ネットワークインターフェイスに関連付けるセキュリティグループを選択し、必要に応じてリソースタグを割り当てます。

  6. [ネットワークインターフェイスの作成] をクリックします。

AWS CLI

ネットワークインターフェース作成時に特定の IPv4 プレフィックスを割り当てるには

create-network-interface コマンドを使用し、--ipv4-prefixes にプレフィックスを設定します。AWS はこの範囲から IP アドレスを選択します。次の例では、プレフィックス CIDR は 10.0.0.208/28 です。

$ aws ec2 create-network-interface \ --subnet-id subnet-047cfed18eEXAMPLE \ --description "IPv4 manual example" \ --ipv4-prefixes Ipv4Prefix=10.0.0.208/28

出力例

{ "NetworkInterface": { "AvailabilityZone": "us-west-2a", "Description": "IPv4 manual example", "Groups": [ { "GroupName": "default", "GroupId": "sg-044c2de2c4EXAMPLE" } ], "InterfaceType": "interface", "Ipv6Addresses": [], "MacAddress": "02:98:65:dd:18:47", "NetworkInterfaceId": "eni-02b80b4668EXAMPLE", "OwnerId": "123456789012", "PrivateIpAddress": "10.0.0.62", "PrivateIpAddresses": [ { "Primary": true, "PrivateIpAddress": "10.0.0.62" } ], "Ipv4Prefixes": [ { "Ipv4Prefix": "10.0.0.208/28" } ], "RequesterId": "AIDAIV5AJI5LXF5XXDPCO", "RequesterManaged": false, "SourceDestCheck": true, "Status": "pending", "SubnetId": "subnet-047cfed18eEXAMPLE", "TagSet": [], "VpcId": "vpc-0e12f52b21EXAMPLE" } }

ネットワークインターフェース作成時に特定の IPv6 プレフィックスを割り当てるには

create-network-interface コマンドを使用し、--ipv6-prefixes にプレフィックスを設定します。AWS はこの範囲から IP アドレスを選択します。次の例では、プレフィックス CIDR は 2600:1f13:fc2:a700:1768::/80 です。

$ aws ec2 create-network-interface \ --subnet-id subnet-047cfed18eEXAMPLE \ --description "IPv6 manual example" \ --ipv6-prefixes Ipv6Prefix=2600:1f13:fc2:a700:1768::/80

出力例

{ "NetworkInterface": { "AvailabilityZone": "us-west-2a", "Description": "IPv6 automatic example", "Groups": [ { "GroupName": "default", "GroupId": "sg-044c2de2c4EXAMPLE" } ], "InterfaceType": "interface", "Ipv6Addresses": [], "MacAddress": "02:bb:e4:31:fe:09", "NetworkInterfaceId": "eni-006edbcfa4EXAMPLE", "OwnerId": "123456789012", "PrivateIpAddress": "10.0.0.73", "PrivateIpAddresses": [ { "Primary": true, "PrivateIpAddress": "10.0.0.73" } ], "Ipv6Prefixes": [ { "Ipv6Prefix": "2600:1f13:fc2:a700:1768::/80" } ], "RequesterId": "AIDAIV5AJI5LXF5XXDPCO", "RequesterManaged": false, "SourceDestCheck": true, "Status": "pending", "SubnetId": "subnet-047cfed18eEXAMPLE", "TagSet": [], "VpcId": "vpc-0e12f52b21EXAMPLE" } }

既存のネットワークインターフェイスにプレフィックスを割り当てる

プレフィックスを割り当てた後、(attach-network-interface )AWS CLIコマンドを使用して、ネットワークインターフェイスをインスタンスに添付します。プレフィックス付きのネットワークインターフェイス用にオペレーティングシステムを設定する必要があります。詳細については、「プレフィックス付きのネットワークインターフェイス用にオペレーティングシステムを設定する」を参照してください。

既存のネットワークインターフェイスに自動的にプレフィックスを割り当てる

以下のいずれかの方法を使用して、自動プレフィックスを既存のネットワークインターフェイスに割り当てることができます。

Console

既存のネットワークインターフェイスに自動的にプレフィックスを割り当てるには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Network Interfaces] を選択します。

  3. プレフィクスを割り当てるネットワークインターフェイスを選択し、[アクション],[プレフィックスの管理]を選択します。。

  4. IPv4 プレフィックスを自動的に割り当てるには、IPv4 プレフィックスの委任] で、[自動割り当て]を選択します。次に、[IPv4 プレフィクスの数]で、割り当てるプレフィックスの数を指定します。

  5. IPv6 プレフィックスの自動割り当てるには、[IPv6 プレフィックスの委任] で、[自動割り当て]を選択します。次に、[IPv6 プレフィクスの数]で、割り当てるプレフィックスの数を指定します。

    注記

    [IPv6 プレフィックスの委任]は、IPv6 に対して選択したサブネットが有効になっている場合にのみ表示されます。

  6. [Save] を選択します。

AWS CLI

assign-ipv6-addresses コマンドで IPv6 プレフィックスを割り当て、assign-private-ip-addresses コマンドで既存のネットワークインターフェイスに IPv4 プレフィックスを割り当てることができます。

既存のネットワークインターフェイスに自動的に IPv4 プレフィックスを割り当てるには

assign-private-ip-addresses コマンドを使用し、AWS が割り当てるプレフィックスの数を --ipv4-prefix-count に設定します。次の例では、AWS が 1 IPv4 プレフィックスを割り当てています。

$ aws ec2 assign-private-ip-addresses \ --network-interface-id eni-081fbb4095EXAMPLE \ --ipv4-prefix-count 1

出力例

{ "NetworkInterfaceId": "eni-081fbb4095EXAMPLE", "AssignedIpv4Prefixes": [ { "Ipv4Prefix": "10.0.0.176/28" } ] }

既存のネットワークインターフェイスに自動的に IPv6 プレフィックスを割り当てるには

assign-ipv6-addresses コマンドを使用し、AWS が割り当てるプレフィックスの数を --ipv6-prefix-count に設定します。次の例では、AWS が 1 IPv6 プレフィックスを割り当てています。

$ aws ec2 assign-ipv6-addresses \ --network-interface-id eni-00d577338cEXAMPLE \ --ipv6-prefix-count 1

出力例

{ "AssignedIpv6Prefixes": [ "2600:1f13:fc2:a700:18bb::/80" ], "NetworkInterfaceId": "eni-00d577338cEXAMPLE" }

既存のネットワークインターフェイスに特定のプレフィックスを割り当てる

次のいずれかの方法を使用して、既存のネットワークインターフェイスに特定のプレフィックスの割り当てを行うことができます。

Console

既存のネットワークインターフェイスに特定のプレフィックスを割り当てるには、

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Network Interfaces] を選択します。

  3. プレフィクスを割り当てるネットワークインターフェイスを選択し、[アクション],[プレフィックスの管理]を選択します。

  4. 特定の IPv4 プレフィックスを割り当てるには、[IPv4 プレフィックスの委任] で、[カスタム]をを選択します。次に、[新しいプレフィックスの追加]を選択し、使用するプレフィックスの入力を行います。

  5. 特定の IPv6 プレフィックスのプレフィックスの割り当てるには、[IPv6 プレフィックスの委任] で、[カスタム]を選択します。次に、[新しいプレフィックスの追加]を選択し、使用するプレフィックスの入力を行います。

    注記

    [IPv6 プレフィックスの委任]は、IPv6 に対して選択したサブネットが有効になっている場合にのみ表示されます。

  6. [Save] を選択します。

AWS CLI

既存のネットワークインターフェイスに特定の IPv4 プレフィックスを割り当てる

assign-private-ip-addresses コマンドを使用し、--ipv4-prefixes にプレフィックスを設定します。AWS はこの範囲から IPv4 アドレスを選択します。次の例では、プレフィックス CIDR は 10.0.0.208/28 です。

$ aws ec2 assign-private-ip-addresses \ --network-interface-id eni-081fbb4095EXAMPLE \ --ipv4-prefixes 10.0.0.208/28

出力例

{ "NetworkInterfaceId": "eni-081fbb4095EXAMPLE", "AssignedIpv4Prefixes": [ { "Ipv4Prefix": "10.0.0.208/28" } ] }

既存のネットワークインターフェイスに特定の IPv6 プレフィックスを割り当てる

assign-ipv6-addresses コマンドを使用し、--ipv6-prefixes にプレフィックスを設定します。AWS はこの範囲から IPv6 アドレスを選択します。次の例では、プレフィックス CIDR は 2600:1f13:fc2:a700:18bb::/80 です。

$ aws ec2 assign-ipv6-addresses \ --network-interface-id eni-00d577338cEXAMPLE \ --ipv6-prefixes 2600:1f13:fc2:a700:18bb::/80

出力例

{ "NetworkInterfaceId": "eni-00d577338cEXAMPLE", "AssignedIpv6Prefixes": [ { "Ipv6Prefix": "2600:1f13:fc2:a700:18bb::/80" } ] }

プレフィックス付きのネットワークインターフェイス用にオペレーティングシステムを設定する

Amazon Linux AMI には、AWS がインストールした ec2-net-utils という追加のスクリプトが含まれることがあります。これらのスクリプトはオプションで、ネットワークインターフェイスの設定を自動化します。これらは Amazon Linux でのみ使用できます。

Amazon Linux を使用していない場合は、Kubernetes 用 Container Network Interface (CNI) プラグイン、Docker を使用してコンテナを管理している場合は dockerd を使用することができます。

ネットワークインターフェイスに割り当てられたプレフィックスの表示

ネットワークインターフェイスに割り当てられたプレフィックスの表示は、次のいずれかの方法で行うことができます。

Console

既存のネットワークインターフェイスに割り当てられた自動プレフィックスを表示するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Network Interfaces] を選択します。

  3. プレフィックスの表示するネットワークインターフェイスを選択し、[詳細]タブを選択します。

  4. [IPv4 プレフィックスの委任]フィールドには割り当てられた IPv4 プレフィクスが一覧表示され、IPv6 プレフィックスの委任フィールドには、割り当てられた IPv6 プレフィクスが一覧表示されます。

AWS CLI

describe-network-interfaces AWS CLI コマンドを使用して、ネットワークインターフェイスに割り当てられたプレフィックスを表示することができます。

$ aws ec2 describe-network-interfaces

出力例

{ "NetworkInterfaces": [ { "AvailabilityZone": "us-west-2a", "Description": "IPv4 automatic example", "Groups": [ { "GroupName": "default", "GroupId": "sg-044c2de2c4EXAMPLE" } ], "InterfaceType": "interface", "Ipv6Addresses": [], "MacAddress": "02:98:65:dd:18:47", "NetworkInterfaceId": "eni-02b80b4668EXAMPLE", "OwnerId": "123456789012", "PrivateIpAddress": "10.0.0.62", "PrivateIpAddresses": [ { "Primary": true, "PrivateIpAddress": "10.0.0.62" } ], "Ipv4Prefixes": [ { "Ipv4Prefix": "10.0.0.208/28" } ], "Ipv6Prefixes": [], "RequesterId": "AIDAIV5AJI5LXF5XXDPCO", "RequesterManaged": false, "SourceDestCheck": true, "Status": "available", "SubnetId": "subnet-05eef9fb78EXAMPLE", "TagSet": [], "VpcId": "vpc-0e12f52b2146bf252" }, { "AvailabilityZone": "us-west-2a", "Description": "IPv6 automatic example", "Groups": [ { "GroupName": "default", "GroupId": "sg-044c2de2c411c91b5" } ], "InterfaceType": "interface", "Ipv6Addresses": [], "MacAddress": "02:bb:e4:31:fe:09", "NetworkInterfaceId": "eni-006edbcfa4EXAMPLE", "OwnerId": "123456789012", "PrivateIpAddress": "10.0.0.73", "PrivateIpAddresses": [ { "Primary": true, "PrivateIpAddress": "10.0.0.73" } ], "Ipv4Prefixes": [], "Ipv6Prefixes": [ { "Ipv6Prefix": "2600:1f13:fc2:a700:1768::/80" } ], "RequesterId": "AIDAIV5AJI5LXF5XXDPCO", "RequesterManaged": false, "SourceDestCheck": true, "Status": "available", "SubnetId": "subnet-05eef9fb78EXAMPLE", "TagSet": [], "VpcId": "vpc-0e12f52b21EXAMPLE" } ] }

ネットワークインターフェイスからプレフィックスを削除する

ネットワークインターフェイスからプレフィックスの削除は、次のいずれかの方法で行うことができます。

Console

ネットワークインターフェイスからプレフィックスを削除するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Network Interfaces] を選択します。

  3. プレフィックスの削除元となるネットワークインターフェイスを選択し、[アクション],[プレフィックスの管理]を選択します。

  4. 次のいずれかを行ってください。

    • 割り当てられたプレフィクスをすべて削除するには、[IPv4 プレフィックスの委任]および[IPv6 プレフィックスの委任] で、[割り当てない]を選択します。

    • 割り当てられた特定のプレフィクスを削除するには、[IPv4 プレフィックスの委任]または[IPv6 プレフィックスの委任] で、[カスタム] を選択し、削除するプレフィックスの横にある[割り当て解除]を選択します。

    注記

    [IPv6 プレフィックスの委任]は、IPv6 に対して選択したサブネットが有効になっている場合にのみ表示されます。

  5. [Save] を選択します。

AWS CLI

unassign-ipv6-addresses コマンドで IPv6 プレフィックスを削除し、unassign-private-ip-addresses コマンドで既存のネットワークインターフェイスから IPv4 プレフィックスを削除することができます。

ネットワークインターフェイスから IPv4 プレフィックスを削除するには

unassign-private-ip-addresses コマンドを使用し、--ipv4-prefix に削除したいアドレスを設定します。

$ aws ec2 unassign-private-ip-addresses \ --network-interface-id eni-081fbb4095EXAMPLE \ --ipv4-prefixes 10.0.0.176/28

ネットワークインターフェイスから IPv6 プレフィックスを削除するには

unassign-ipv6-addresses コマンドを使用し、--ipv6-prefix に削除したいアドレスを設定します。

$ aws ec2 unassign-ipv6-addresses \ --network-interface-id eni-00d577338cEXAMPLE \ --ipv6-prefix 2600:1f13:fc2:a700:18bb::/80