Elastic IP アドレス - Amazon Elastic Compute Cloud

Elastic IP アドレス

Elastic IP アドレスは、動的なクラウドコンピューティングのために設計された静的 IPv4 アドレスです。Elastic IP アドレスはユーザーの AWS アカウントに割り当てられ、リリースするまでユーザーのアドレスになります。Elastic IP アドレスを使用すると、アドレスをアカウント内の別のインスタンスに迅速に再マッピングすることで、インスタンスやソフトウェアの障害をマスクできます。または、ドメインがインスタンスを参照するように、ドメインの DNS レコードに Elastic IP アドレスを指定することもできます。詳細については、使用しているドメインレジストラのドキュメントを参照してください。

Elastic IP アドレスは、インターネットからアクセス可能なパブリック IPv4 アドレスです。インスタンスにパブリック IPv4 アドレスがない場合は、Elastic IP アドレスをインスタンスに関連付けて、インターネットとの通信を有効にできます。例えば、これにより、ローカルコンピュータからインスタンスに接続できます。

Elastic IP アドレスの料金

AWS では、実行中のインスタンスに関連付けられているパブリック IPv4 アドレスと Elastic IP アドレスを含む、すべてのパブリック IPv4 アドレスに対して料金が課されます。詳細については、「Amazon VPC の料金」ページの「パブリック IPv4 アドレス」タブを参照してください。

Elastic IP アドレスの基本

Elastic IP アドレスの基本的な特徴を次に示します。

  • Elastic IP アドレスは静的であり、時間の経過とともに変わることはありません。

  • Elastic IP アドレスは特定のリージョン専用であり、別のリージョンに移動することはできません。

  • Elastic IP アドレスは、Amazon が持っている IPv4 アドレスのプールまたはお客様が AWS アカウントに持ち込んだカスタム IPv4 アドレスのプールから割り当てることができます。

  • Elastic IP アドレスを使用するには、まずアカウントに 1 つ割り当ててから、それをインスタンスまたはネットワークインターフェイスに関連付けます。

  • Elastic IP アドレスをインスタンスと関連付けると、インスタンスのプライマリネットワークインターフェイスとも関連付けられます。Elastic IP アドレスをインスタンスにアタッチされたネットワークインターフェイスと関連付けると、インスタンスとも関連付けられます。

  • Elastic IP アドレスをインスタンスまたはそのプライマリネットワークインターフェイスに関連付けると、インスタンスに既にパブリック IPv4 アドレスが関連付けられている場合、そのパブリック IPv4 アドレスは Amazon のパブリック IPv4 アドレスのプールに解放され、Elastic IP アドレスは代わりにインスタンスに関連付けられます。以前にインスタンスに関連付けられたパブリック IPv4 アドレスを再利用することはできず、そのパブリック IPv4 アドレスを Elastic IP アドレスに変換することもできません。詳細については、「パブリック IPv4 アドレス」を参照してください。

  • リソースから Elastic IP アドレスの関連付けを解除し、別のリソースと関連付けることができます。予期しない動作を避けるため、変更を行う前に、既存の関連付けで指定されたリソースへのアクティブな接続をすべて閉じていることを確認してください。Elastic IP アドレスを別のリソースに関連付けた後、新しく関連付けられたリソースへの接続を再度開くことができます。

  • 関連付けが解除された Elastic IP アドレスは、明示的にリリースするまでアカウントに割り当てられたままです。インスタンスに関連付けられているか、関連付けが解除されているかにかかわらず、アカウント内のすべての Elastic IP アドレスに対して課金されます。詳細については、「Amazon VPC の料金」ページの「パブリック IPv4 アドレス」タブを参照してください。

  • パブリック IPv4 アドレスが前回割り当てられたインスタンスに Elastic IP アドレスを関連付けると、インスタンスのパブリック DNS ホスト名は、Elastic IP アドレスに一致するように変更されます。

  • パブリック DNS ホスト名を解決すると、インスタンスのパブリック IPv4 アドレスまたは Elastic IP アドレス (インスタンスのネットワークの外部の場合)、およびインスタンスのプライベート IPv4 アドレス (インスタンスのネットワーク内からの場合) となります。

  • AWS アカウントに持ち込んだ IP アドレスプールから Elastic IP アドレスを割り当てた場合、Elastic IP アドレス制限にカウントされません。詳細については、Elastic IP アドレスのクォータを参照してください。

  • Elastic IP アドレスを割り当てると、Elastic IP アドレスをネットワークボーダーグループに関連付けることができます。これは、CIDR ブロックをアドバタイズする場所です。ネットワークボーダーグループを設定すると、CIDR ブロックがこのグループに制限されます。ネットワークボーダーグループを指定しない場合は、リージョン (us-west-2 など) のすべてのアベイラビリティーゾーンを含むボーダーグループが自動的に設定されます。

  • Elastic IP アドレスは、ネットワークボーダーグループ別に専用になっています。

Elastic IP アドレスの操作

以下のセクションでは、Elastic IP アドレスの使用方法について説明します。

Elastic IP アドレスを割り当てる

Elastic IP アドレスは、Amazon のパブリック IPv4 アドレスのプールまたは AWS アカウントに持ち込んだカスタム IP アドレスプールから割り当てることができます。AWS アカウントへの独自の IP アドレス範囲の持ち込みの詳細については、Amazon EC2 で自分の IP アドレスを使用する (BYOIP) をご参照ください。

以下のいずれかの方法を使用して、Elastic IP アドレスを割り当てることができます。

Console
Elastic IP アドレスを割り当てるには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Network & Security]、[Elastic IPs] の順に選択します。

  3. [Allocate Elastic IP address] を選択します。

  4. (オプション) Elastic IP アドレス (EIP) を割り当てるときは、EIP を割り当てるネットワークボーダーグループを選択します。ネットワークボーダーグループは、AWS がパブリック IP アドレスをアドバタイズするアベイラビリティーゾーン (AZ)、Local Zones、または Wavelength Zones のコレクションです。Local Zones と Wavelength Zones は、AWS ネットワークとこれらのゾーンのリソースにアクセスする顧客との間のレイテンシーや物理的距離を最小限に抑えるために、リージョン内の AZ とは異なるネットワークボーダーグループを持つ場合があります。

    重要

    EIP に関連付ける AWS リソースと同じネットワークボーダーグループに EIP を割り当てる必要があります。あるネットワークボーダーグループ内の EIP は、そのネットワークボーダーグループ内のゾーンでのみアドバタイズでき、他のネットワークボーダーグループで表される他のゾーンではアドバタイズできません。

    Local Zones または Wavelength Zones を有効にしている場合 (詳細については、「Local Zone を有効にする」または「Wavelength Zones を有効にする」を参照)、AZ、Local Zones、または Wavelength Zones のネットワークボーダーグループを選択できます。EIP とそれが関連付けられている AWS リソースは同じネットワークボーダーグループに属している必要があるため、ネットワークボーダーグループは慎重に選択してください。EC2 コンソールを使用して、アベイラビリティーゾーン、ローカルゾーン、または Wavelength Zones が属するネットワークボーダーグループを表示できます。通常、リージョン内のすべてのアベイラビリティーゾーンは同じネットワークボーダーグループに属しますが、Local Zones や Wavelength Zones はそれぞれ別のネットワークボーダーグループに属します。

    Local Zones または Wavelength Zones が有効になっていない場合、EIP を割り当てると、リージョン (us-west-2 など) のすべての AZ を表すネットワークボーダーグループが定義済みになり、変更することはできません。つまり、このネットワークボーダーグループに割り当てた EIP は、現在のリージョンのすべての AZ でアドバタイズされます。

  5. [Public IPv4 address pool (パブリック IPv4 アドレスのプール)] で、以下のいずれかを選択します。

    • [Amazon's pool of IPv4 addresses (Amazon の IP アドレスのプール)] — Amazon の IPv4 アドレスのプールから IPv4 アドレスを割り当てる場合。

    • AWS アカウントに持ち込むパブリック IPv4 アドレス - AWS アカウントに持ち込んだ IP アドレスプールから IPv4 アドレスを割り当てる場合。IP アドレスプールがない場合、このオプションは無効になります。

    • ユーザー所有の IPv4 アドレスのプール - AWS Outpost で使用するために、オンプレミスネットワークから作成したプールから IPv4 アドレスを割り当てる場合。AWS Outpost がない場合、このオプションは無効になります。

  6. (オプション) タグを追加または削除します。

    [タグの追加] [新しいタグの追加] を選択して、以下を実行します。

    • [キー] にはキー名を入力します。

    • [] にキー値を入力します。

    [タグを削除] タグのキーと値の右側にある [削除] を選択します。

  7. [Allocate] を選択します。

AWS CLI
Elastic IP アドレスを割り当てるには

allocate-address AWS CLI コマンドを使用します。

PowerShell
Elastic IP アドレスを割り当てるには

New-EC2Address AWS Tools for Windows PowerShell コマンドを使用します。

Elastic IP アドレスの説明

以下のいずれかの方法を使用して、Elastic IP アドレスの情報を取得できます。

Console
Elastic IP アドレスの情報を取得するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. 表示する Elastic IP アドレスを選択してから、[Actions (アクション)]、[View details (詳細の表示)] の順に選択します。

AWS CLI
Elastic IP アドレスの情報を取得するには

describe-addresses AWS CLI コマンドを使用します。

PowerShell
Elastic IP アドレスの情報を取得するには

Get-EC2Address AWS Tools for Windows PowerShell コマンドを使用します。

Elastic IP アドレスにタグを適用する

Elastic IP アドレスにカスタムタグを割り当てて、目的、所有者、環境など、さまざまな方法で分類できます。これにより、割り当てたカスタムタグに基づいて特定の Elastic IP アドレスをすばやく見つけることができるようになります。

Elastic IP アドレスタグを使用したコスト配分の追跡はサポートされていません。

以下のいずれかの方法を使用して、Elastic IP アドレスにタグ付けできます。

Console
Elastic IP アドレスにタグを適用するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. タグ付けする Elastic IP アドレスを選択してから、[Actions (アクション)]、[View details (詳細の表示)] の順に選択します。

  4. [Tags (タグ)] タブで、[Manage tags (タグの管理)] を選択します。

  5. タグのキーと値のペアを指定します。

  6. (オプション) [タグの追加] を選択して、タグを追加します。

  7. [Save] を選択します。

AWS CLI
Elastic IP アドレスにタグを適用するには

create-tags AWS CLI コマンドを使用します。

aws ec2 create-tags --resources eipalloc-12345678 --tags Key=Owner,Value=TeamA
PowerShell
Elastic IP アドレスにタグを適用するには

New-EC2Tag AWS Tools for Windows PowerShell コマンドを使用します。

New-EC2Tag コマンドには、Elastic IP アドレスのタグに使用するキーと値のペアを指定する Tag パラメータが必要です。以下のコマンドでは、Tag パラメータを作成します。

PS C:\> $tag = New-Object Amazon.EC2.Model.Tag PS C:\> $tag.Key = "Owner" PS C:\> $tag.Value = "TeamA"
PS C:\> New-EC2Tag -Resource eipalloc-12345678 -Tag $tag

Elastic IP アドレスをインスタンスまたはネットワークインターフェイスに関連付ける

Elastic IP アドレスをインスタンスに関連付けてインターネットとの通信を有効にする場合、インスタンスがパブリックサブネットに属していることも確認する必要があります。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「インターネットゲートウェイ」を参照してください。

以下のいずれかの方法を使用して、Elastic IP アドレスをインスタンスまたはネットワークインターフェイスに関連付けることができます。

Console
Elastic IP アドレスをインスタンスに関連付けるには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. 関連付ける Elastic IP アドレスを選択してから、[Actions (アクション)]、[Associate Elastic IP address (Elastic IP アドレスの関連付け)] の順に選択します。

  4. [リソースタイプ] で、[Instance (インスタンス)] を選択します。

  5. 例えば、Elastic IP アドレスを関連付けるインスタンスを選択します。テキストを入力して特定のインスタンスを検索することもできます。

  6. (オプション) [プライベート IP アドレス] で、Elastic IP アドレスを関連付けるプライベート IP アドレスを指定します。

  7. [Associate] を選択します。

Elastic IP アドレスとネットワークインターフェイスを関連付けるには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. 関連付ける Elastic IP アドレスを選択してから、[Actions (アクション)]、[Associate Elastic IP address (Elastic IP アドレスの関連付け)] の順に選択します。

  4. [リソースタイプ] で、[ネットワークインターフェイス] を選択します。

  5. [ネットワークインターフェイス] で、Elastic IP アドレスを関連付けるネットワークインターフェイスを選択します。テキストを入力して、特定のネットワークインターフェイスを検索することもできます。

  6. (オプション) [プライベート IP アドレス] で、Elastic IP アドレスを関連付けるプライベート IP アドレスを指定します。

  7. [Associate] を選択します。

AWS CLI
Elastic IP アドレスを関連付けるには

associate-address AWS CLI コマンドを使用します。

PowerShell
Elastic IP アドレスを関連付けるには

Register-EC2Address AWS Tools for Windows PowerShell コマンドを使用します。

Elastic IP アドレスの関連付けを解除する

インスタンスまたはネットワークインターフェイスから Elastic IP アドレスの関連付けをいつでも解除できます。Elastic IP アドレスの関連付けを解除した後、そのアドレスを別のリソースに再度関連付けることができます。

以下のいずれかの方法を使用して、Elastic IP アドレスの関連付けを解除できます。

Console
Elastic IP アドレスの関連付けを解除して再度関連付けするには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. 関連付けを解除する Elastic IP アドレスを選択してから、[Actions (アクション)]、[Elastic IP アドレスの関連付けの解除] の順に選択します。

  4. [関連付け解除] を選択します。

AWS CLI
Elastic IP アドレスの関連付けを解除するには

disassociate-address AWS CLI コマンドを使用します。

PowerShell
Elastic IP アドレスの関連付けを解除するには

Unregister-EC2Address AWS Tools for Windows PowerShell コマンドを使用します。

Elastic IP アドレスを移管する

このセクションでは、Elastic IP アドレスを ある AWS アカウント から別のアカウントに転送する方法について説明します。Elastic IP アドレスの移管は、次のような状況で役に立ちます。

  • 組織の再構築 - Elastic IP アドレス転送を使用すると、ある AWS アカウント から別のアカウントにワークロードをすばやく移動できます。新しい Elastic IP アドレスがセキュリティグループと NACL の許可リストに追加されるのを待つ必要がありません。

  • 一元的なセキュリティ管理 - 一元化された AWS セキュリティアカウントを使用して、セキュリティコンプライアンスのために精査された Elastic IP アドレスを追跡および移管できます。

  • ディザスタリカバリ – 緊急時には、Elastic IP アドレス移管を使用することで、一般向けインターネットワークロードの IP アドレスをすばやく再マッピングできます。

Elastic IP アドレスの移管には料金はかかりません。

Elastic IP アドレスの移管を有効にする

このセクションでは、移管された Elastic IP アドレスを承諾する方法について説明します。Elastic IP アドレスの移管を有効にする際には、以下の制限に注意してください。

  • 任意の AWS アカウント (ソースアカウント) から同じ AWS リージョン内の他の AWS アカウント (転送先アカウント) に Elastic IP アドレスを転送できます。

  • Elastic IP アドレスを転送する場合、AWS アカウント の間で 2 段階のハンドシェイクが行われます。ソースアカウントが移管を開始してから 7 日間は、転送先アカウントが Elastic IP アドレス移管を受け入れることができます。この 7 日間、ソースアカウントは保留中の移管を (AWS コンソールや AWS CLI コマンドの describe-address-transfers などを使用して) 確認できます。7 日後、移管の有効期限が切れ、Elastic IP アドレスの所有権がソースアカウントに戻ります。

  • 移管が受け入れられてから 3 日間、ソースアカウントは受け入れられた移管を (AWS コンソールや AWS CLI コマンドの describe-address-transfers などを使用して) 表示できます。

  • AWS は、保留中の Elastic IP アドレス転送リクエストについて、転送先アカウントに通知しません。ソースアカウントの所有者は、承諾する必要がある Elastic IP アドレス転送リクエストがあることを転送先アカウントの所有者に通知する必要があります。

  • 転送中の Elastic IP アドレスに関連付けられているタグは、転送が完了するとリセットされます。

  • AWS アカウント に持ち込んだパブリック IPv4 アドレスプール (一般的に Bring-Your-Own-IP (BYOIP) アドレスプールと呼ばれる) から割り当てられた Elastic IP アドレスは転送できません。

  • リバース DNS レコードが関連付けられている Elastic IP アドレスを移管しようとする場合、移管プロセスを開始することはできますが、関連付けられている DNS レコードが削除されるまで、転送先アカウントは移管を受け入れることができません。

  • AWS Outposts を有効にして設定している場合は、カスタマー所有の IP アドレスプール (CoIP) から Elastic IP アドレスを割り当てている可能性があります。CoIP から割り当てられた Elastic IP アドレスを転送することはできません。ただし、AWS RAM を使用して CoIP を別のアカウントと共有することはできます。CoIP の詳細については、AWS Outposts ユーザーガイドの「カスタマー所有 IP アドレス」を参照してください 。

  • Amazon VPC IPAM を使用して、AWS Organizations から組織内のアカウントへの Elastic IP アドレスの転送を追跡することができます。詳細については、「IP アドレスの履歴の表示」を参照してください。Elastic IP アドレスが組織外の AWS アカウント に転送されると、その Elastic IP アドレスの IPAM 監査履歴は失われます。

これらのステップは、ソースアカウントで実行する必要があります。

Console
Elastic IP アドレスの移管を有効にするには
  1. 転送元となる AWS アカウントを使用していることを確認してください。

  2. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  3. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  4. 移管を有効にする Elastic IP アドレスを 1 つ以上選択し、[Action] (アクション)、[Enable transfer] (移管を有効にする) を選択します。

  5. 複数の Elastic IP アドレスを移管する場合は、[Transfer type] (転送タイプ) オプションが表示されます。以下のオプションのいずれかを選択します。

    • Elastic IP アドレスを単一の AWS アカウントに移管する場合は、[Single account] (単一アカウント) を選択します。

    • Elastic IP アドレスを複数の AWS アカウントに移管する場合は、[Multiple accounts] (複数アカウント) を選択します。

  6. [Transfer account ID] (アカウント ID の移管) に、Elastic IP アドレスの転送先の AWS アカウント ID を入力します。

  7. テキストボックスに「enable」と入力して移管を確定します。

  8. [送信] を選択します。

  9. 移管を承諾するには、「移管された Elastic IP アドレスを承諾する」を参照してください。移管を無効にするには、「Elastic IP アドレスの移管を無効にする」を参照してください。

AWS CLI

Elastic IP アドレスの移管を有効にするには

enable-address-transfer コマンドを使用します。

PowerShell

Elastic IP アドレスの移管を有効にするには

Enable-EC2AddressTransfer コマンドを使用します。

Elastic IP アドレスの移管を無効にする

このセクションでは、Elastic IP 移管を有効にした後に Elastic IP 転送を無効にする方法について説明します。

これらのステップは、移管を有効にしたソースアカウントが実行する必要があります。

Console
Elastic IP アドレス移管を無効にするには
  1. 転送元となる AWS アカウントを使用していることを確認してください。

  2. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  3. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  4. Elastic IP のリソースリストで、[Transfer status] (移管ステータス) 列を表示するプロパティが有効になっていることを確認します。

  5. [Transfer status] (移管ステータス) が [Pending] (保留中) の Elastic IP アドレスを 1 つ以上選択し、[Action] (アクション)、[Disable transfer] (移管を無効にする) を選択します。

  6. テキストボックスに「disable」と入力して確認します。

  7. [送信] を選択します。

AWS CLI

Elastic IP アドレスの移管を無効にするには

disable-address-transfer コマンドを使用します。

PowerShell

Elastic IP アドレスの移管を無効にするには

Disable-EC2AddressTransfer コマンドを使用します。

移管された Elastic IP アドレスを承諾する

このセクションでは、移管された Elastic IP アドレスを承諾する方法について説明します。

Elastic IP アドレスを転送する場合、AWS アカウント の間で 2 段階のハンドシェイクが行われます。ソースアカウントが移管を開始してから 7 日間は、転送先アカウントが Elastic IP アドレス移管を受け入れることができます。この 7 日間、ソースアカウントは保留中の移管を (AWS コンソールや AWS CLI コマンドの describe-address-transfers などを使用して) 確認できます。7 日後、移管の有効期限が切れ、Elastic IP アドレスの所有権がソースアカウントに戻ります。

転送を承諾する際に発生する可能性のある例外と、解決する方法は次のとおりです。

  • AddressLimitExceeded: 転送先アカウントが Elastic IP アドレスのクォータを超えている場合、ソースアカウントは Elastic IP アドレス移管を有効にできますが、この例外は転送先アカウントが移管を承諾しようとした場合に発生します。デフォルトでは、すべての AWS アカウントはリージョンあたり 5 つの Elastic IP アドレスに制限されています。制限を増やす方法については、「Elastic IP アドレスのクォータ」を参照してください。

  • InvalidTransfer.addressCustomPtrSet: お客様または組織内の誰かが、移管しようとしている Elastic IP アドレスをリバース DNS ルックアップを使用するように設定している場合、ソースアカウントは Elastic IP アドレスの移管を有効にできますが、転送元アカウントが転送を受け入れようとするとこの例外が発生します。この問題を解決するには、転送元アカウントで Elastic IP アドレスの DNS レコードを削除する必要があります。詳細については、「E メールアプリケーション用の逆引き DNS の使用」を参照してください。

  • InvalidTransfer.AddressAssociated: Elastic IP アドレスが ENI や EC2 インスタンスと関連付けられている場合、転送元アカウントはその Elastic IP アドレスに対して移管を有効にできますが、転送元アカウントが移管を受け入れようとするとこの例外が発生します。この問題を解決するには、ソースアカウントが Elastic IP アドレスの関連付けを解除する必要があります。詳細については、「Elastic IP アドレスの関連付けを解除する」を参照してください。

その他の例外については、AWS Support にお問い合わせください

これらのステップは、転送先アカウントで実行する必要があります。

Console
Elastic IP アドレスの移管を承諾するには
  1. 転送先アカウントを使用していることを確認してください。

  2. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  3. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  4. [Action] (アクション)、[Accept transfer] (移管を許可する) を選択します。

  5. 転送を受け入れると、移管される Elastic IP アドレスに関連付けられたタグは転送されません。承諾する Elastic IP アドレスの [Name] (名前) タグを定義する場合は、[Create a tag with a key of 'Name' and a value that you specify] ('Name'のキーと指定した値を使用してタグを作成) を選択します。

  6. 移管する Elastic IP アドレスを入力します。

  7. 複数の移管された Elastic IP アドレスを受け入れる場合は、[Add address] (アドレスを追加) を選択して追加の Elastic IP アドレスを入力します。

  8. [送信] を選択します。

AWS CLI

Elastic IP アドレスの移管を承諾するには

accept-address-transfer コマンドを使用します。

PowerShell

Elastic IP アドレスの移管を承諾するには

Approve-EC2AddressTransfer コマンドを使用します。

Elastic IP アドレスをリリース

Elastic IP アドレスが不要になった場合は、以下のいずれかの方法を使用してリリースすることをお勧めします。リリースするアドレスは、EC2 インスタンス、NAT ゲートウェイ、Network Load Balancer などの AWS リソースに現在関連付けられていないものに限ります。

注記

AWS サポートに問い合わせて Elastic IP (EIP) アドレスの逆引き DNS を設定する場合、逆引き DNS を削除することはできますが、Elastic IP アドレスは AWS サポートによってロックされているためリリースできません。Elastic IP アドレスのロックを解除するには、AWS Support にお問い合わせください。Elastic IP アドレスのロックが解除されたら、Elastic IP アドレス を解放できます。

Console
Elastic IP アドレスを解放するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. リリースする Elastic IP アドレスを選択してから、[アクション] [Elastic IP アドレスのリリース] の順に選択します。

  4. [リリース] を選択します。

AWS CLI
Elastic IP アドレスをリリースするには

release-address AWS CLI コマンドを使用します。

PowerShell
Elastic IP アドレスをリリースするには

Remove-EC2Address AWS Tools for Windows PowerShell コマンドを使用します。

Elastic IP アドレスの復元

Elastic IP アドレスをリリースした場合でも、復元できる可能性があります。以下のルールが適用されます。

  • Elastic IP アドレスが別の AWS アカウントに割り当てられている場合や Elastic IP アドレスの制限を超過する場合は、Elastic IP アドレスを復元できません。

  • Elastic IP アドレスに関連付けられたタグを復旧することはできません。

  • Elastic IP アドレスは、Amazon EC2 API コンソールまたはコマンドラインツールでのみ復元できます。

AWS CLI
Elastic IP アドレスを復元するには

以下のように、AWS CLI パラメータを指定した allocate-address --address コマンドを使用して、IP アドレスを指定します。

aws ec2 allocate-address --domain vpc --address 203.0.113.3
PowerShell
Elastic IP アドレスを復元するには

以下のように、AWS Tools for Windows PowerShell パラメータを指定した New-EC2Address -Address コマンドを使用して、IP アドレスを指定します。

PS C:\> New-EC2Address -Address 203.0.113.3 -Domain vpc -Region us-east-1

E メールアプリケーション用の逆引き DNS の使用

インスタンスから第三者に E メールを送信する場合は、1 つ以上の Elastic IP アドレスをプロビジョニングし、E メールの送信に使用する Elastic IP アドレスに静的な逆引き DNS レコードを割り当てることをお勧めします。これにより、電子メールが一部のスパム対策組織によりスパムとしてフラグ付けされるのを防ぐことができます。AWSは、ISP およびインターネットアンチスパム組織と協力して、これらのアドレスから送信された E メールにスパムのフラグが付く可能性を減らしています。

考慮事項
  • 逆引き DNS レコードを作成する前に、Elastic IP アドレスを参照する、対応するフォワード DNS レコード (レコードタイプ A) を設定する必要があります。

  • 逆引き DNS レコードが Elastic IP アドレスに関連付けられている場合、その Elastic IP アドレスはアカウントにロックされ、レコードが削除されるまでアカウントからリリースすることはできません。

  • AWS GovCloud (US) Region

    コンソールまたは AWS CLI を使用して逆引き DNS レコードを作成することはできません。AWS から静的な逆引き DNS レコードが割り当てられる必要があります。リバースDNSとEメール送信制限を削除し、Elastic IP アドレスや逆引きDNSレコードを提供するリクエストを開きます。

逆引き DNS レコードを作成する

逆引き DNS レコードを作成するには、使用する方法に一致するタブを選択します。

Console
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. Elastic IP アドレスを選択し、[Actions]、[Update reverse DNS] の順に選択します。

  4. [Reverse DNS domain name] (リバース DNS ドメイン名) の場合、ドメイン名を入力します。

  5. update を入力して確定します。

  6. [更新] を選択します。

AWS CLI

次の例に示されているように、AWS CLI で modify-address-attribute コマンドを使用します。

aws ec2 modify-address-attribute --allocation-id eipalloc-abcdef01234567890 --domain-name example.com { "Addresses": [ { "PublicIp": "192.0.2.0", "AllocationId": "eipalloc-abcdef01234567890", "PtrRecord": "example.net." "PtrRecordUpdate": { "Value": "example.com.", "Status": "PENDING" } ] }

逆引き DNS レコードを削除する

逆引き DNS レコードを削除するには、使用する方法に一致するタブを選択します。

Console
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

  3. Elastic IP アドレスを選択し、[Actions]、[Update reverse DNS] の順に選択します。

  4. [Reverse DNS domain name] (リバース DNS ドメイン名) の場合、ドメイン名をクリアします。

  5. update を入力して確定します。

  6. [更新] を選択します。

AWS CLI

次の例に示されているように、AWS CLI で reset-address-attribute コマンドを使用します。

aws ec2 reset-address-attribute --allocation-id eipalloc-abcdef01234567890 --attribute domain-name { "Addresses": [ { "PublicIp": "192.0.2.0", "AllocationId": "eipalloc-abcdef01234567890", "PtrRecord": "example.com." "PtrRecordUpdate": { "Value": "example.net.", "Status": "PENDING" } ] }
注記

コマンドの実行時に次のエラーが表示された場合は、E メール送信制限の解除リクエストを AWS Supportに送信してサポートを受けてください。

割り当て ID が含まれるアドレスは、アカウントにロックされているためリリースすることはできません。

Elastic IP アドレスのクォータ

デフォルトでは、すべての AWS アカウントでリージョンあたり 5 つの Elastic IP アドレスが割り当てられています。これは、パブリック (IPv4) インターネットアドレスが数に限りのあるパブリックリソースであるためです。インスタンスに障害が発生した場合にアドレスを他のインスタンスに再マップする機能のために主に Elastic IP アドレスを使用し、他のすべてのノード間通信には DNS ホスト名を使用することを強くお勧めします。

使用中の Elastic IP アドレスの数を確認するには

https://console.aws.amazon.com/ec2/ でAmazon EC2 コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

現在のアカウントに割り当てられている Elastic IP アドレスを確認するには
  1. Service Quotas のコンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/servicequotas/

  2. 画面上部のナビゲーションバーで、リージョンを選択します。

  3. ダッシュボードで [Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)] を選択します。

    ダッシュボードに Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) が一覧表示されていない場合は、[AWS サービス] を選択し、検索フィールドにEC2と入力して、[Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)] を選択します。

  4. Amazon EC2 のサービスクォータのページで、検索フィールドにIPと入力します。制限は [EC2-VPC Elastic IPs (EC2-VPC Elastic IP の数)] です。詳細については、制限のリンクを選択してください。

お客様のアーキテクチャで追加の Elastic IP アドレスが必要な場合、クォータの引き上げを Service Quotas コンソールから直接リクエストできます。クォータの引き上げをリクエストするには、[アカウントレベルでの引き上げをリクエスト] を選択します。詳細については、「Amazon EC2 の Service Quotas」を参照してください。