インスタンスタイプ変更の互換性 - Amazon Elastic Compute Cloud

インスタンスタイプ変更の互換性

インスタンスの現在の設定が、使用するインスタンスタイプと互換性がある場合にのみ、インスタンスタイプを変更できます。使用するインスタンスタイプに、インスタンスの現在の設定との互換性がない場合、インスタンスタイプと互換性がある設定で新しいインスタンスを起動し、アプリケーションを新しいインスタンスに移行する必要があります。

互換性は、次の方法で決定されます。

仮想化タイプ

Linux AMI では、2 つの仮想化タイプ (準仮想化 (PV) およびハードウェア仮想マシン (HVM)) のどちらかを使用します。PV AMI から起動したインスタンスの場合、HVM のみのインスタンスタイプに変更することはできません。詳細については、「Linux AMI 仮想化タイプ」を参照してください。インスタンスの仮想化タイプを確認するには、Amazon EC2 コンソールで [Instances] (インスタンス) 画面の詳細ペインの [Virtualization] (仮想化) の値を参照します。

アーキテクチャ

AMI はプロセッサのアーキテクチャに固有であるため、プロセッサアーキテクチャが現在のインスタンスタイプと同じインスタンスタイプを選択する必要があります。次に例を示します。

  • 現在のインスタンスタイプが、Arm アーキテクチャに基づくプロセッサである場合、対象となるインスタンスタイプは、Arm アーキテクチャベースのプロセッサ (C6g や M6g など) をサポートするものに制限されます。

  • 32 ビット AMIs をサポートするのは以下のインスタンスタイプのみです。t2.nanot2.microt2.smallt2.mediumc3.larget1.microm1.smallm1.medium、および c1.medium。32 ビットインスタンスのインスタンスタイプを変更する場合は、これらのインスタンスタイプに制限されます。

ネットワーク

新しいインスタンスタイプは、VPC で起動する必要があります。そのため、EC2-Classic プラットフォームのインスタンスの場合、デフォルトではない VPC がある場合を除き、インスタンスタイプを VPC でのみ利用可能なものに変更することはできません。インスタンスが VPC 内にあるかどうかを確認するには、Amazon EC2 コンソールで [Instances] 画面の詳細ペインの [VPC ID] 値を確認します。詳細については、「EC2-Classic から VPC への移行」を参照してください。

ネットワークカード

インスタンスタイプによっては、複数のネットワークカードがサポートされているものもあります。新たに選択するインスタンスタイプでも、現在のインスタンスタイプと同じ数のネットワークカードをサポートしている必要があります。

拡張ネットワーク

拡張ネットワークをサポートするインスタンスタイプでは、必要なドライバーがインストールされていなければなりません。たとえば、Nitro System に基づくインスタンスには、Elastic Network Adapter (ENA) ドライバーがインストールされた EBS-backed AMI が必要です。拡張ネットワーキングをサポートしていないインスタンスタイプから、拡張ネットワーキングをサポートするインスタンスタイプに変更するには、インスタンスに ENA ドライバーまたは ixgbevf ドライバーを必要に応じてインストールする必要があります。

NVMe

EBS ボリュームは、Nitro System上に構築されたインスタンスで NVMe ブロックデバイスとして公開されます。NVMe をサポートしないインスタンスタイプから NVMe をサポートするインスタンスタイプに変更するには、まずインスタンスに NVMe ドライバーをインストールする必要があります。また、ブロックデバイスマッピングで指定したデバイスの名前は、NVMe デバイス名 (/dev/nvme[0-26]n1) を使用して名称変更されます。したがって、/etc/fstab を使用してブート時にファイルシステムをマウントするには、デバイス名の代わりに UUID/Label を使用する必要があります。

AMI

拡張ネットワークと NVMe をサポートするインスタンスタイプで必要な AMI については、次のマニュアルの「リリースノート」を参照してください。