Amazon EC2 インスタンスを終了する - Amazon Elastic Compute Cloud

Amazon EC2 インスタンスを終了する

不要になったインスタンスは削除できます。これは、インスタンスの終了 と呼ばれます。インスタンスの状態が shutting-down または terminated に変わったら、そのインスタンスへの課金は停止します。

インスタンスを削除した後に、接続または起動することはできません。ただし、同じ AMI から別のインスタンスを起動することができます。インスタンスを停止または休止する場合は、「Amazon EC2 インスタンスの停止と起動」または「Amazon EC2 インスタンスの休止」を参照してください。詳細については、「再起動、停止、休止、削除の違い」を参照してください。

インスタンスの終了

インスタンスはいつでも終了できます。

Console
コンソールを使用してインスタンスを終了するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。

  3. インスタンスを選択し、[インスタンスの状態]、[インスタンスの終了] の順に選択します。

  4. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Terminate (終了)] を選択します。

  5. インスタンスの終了後、インスタンスはしばらくの間、terminated の状態で表示されたままになります。

    終了に失敗した場合や、終了したインスタンスが数時間以上表示されている場合は、「表示されているインスタンスを削除する」を参照してください。

Command line
コマンドラインを使用してインスタンスを削除するには

次のいずれかのコマンドを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセスを参照してください。

インスタンスの終了のトラブルシューティング

リクエスタには ec2:TerminateInstances を呼び出すアクセス許可が必要です。詳細については、インスタンスメタデータを使用する際のポリシーの例に関するページを参照してください。

インスタンスを終了して別のインスタンスを起動する場合、通常 EC2 フリート や Amazon EC2 Auto Scaling などの機能を通じて自動スケーリングを設定している可能性があります。詳細については、「インスタンスが自動的に起動または終了される」を参照してください。

終了保護が有効になっている場合、インスタンスを終了することはできません。終了保護の詳細については、「終了保護」を参照してください。

インスタンスが通常より長く shutting-down 状態になっている場合、Amazon EC2 サービス内の自動プロセスによってクリーンアップ (終了) されるはずです。詳細については、「インスタンスの削除の遅延」を参照してください。