インスタンスの利用可能な CloudWatch メトリクスのリスト表示 - Amazon Elastic Compute Cloud

インスタンスの利用可能な CloudWatch メトリクスのリスト表示

Amazon EC2 はメトリクスを Amazon CloudWatch に送信します。AWS Management Console、AWS CLI、または API を使用して、Amazon EC2 が CloudWatch に送信するメトリクスを一覧表示できます。デフォルトで、各データポイントではインスタンスのアクティビティの開始後 5 分間が対象となります。詳細モニタリングを有効にした場合、各データポイントは開始後 1 分間のアクティビティを対象とします。注意事項[最小]、[最大]、[平均] の統計では、EC2 が提供するメトリックスの最小粒度は 1 分であることに注意します。

これらのメトリクスの統計の取得については、インスタンスのメトリクスの統計情報を取得するを参照してください。

インスタンスメトリクス

AWS/EC2 名前空間には、次のインスタンスメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明 単位 有意義な統計
CPUUtilization

Amazon EC2 が EC2 インスタンスを実行するために使用する物理 CPU 時間の割合。これには、ユーザーコードと Amazon EC2 コードの両方を実行するために費やされた時間が含まれます。

非常に高いレベルでは、CPUUtilization はゲスト CPUUtilization とハイパーバイザー CPUUtilization の合計です。

オペレーティングシステムのツールは CloudWatch と異なる割合を表示することがあります。これは、レガシーデバイスのシミュレーション、レガシーではないデバイスの設定、中断の多いワークロード、ライブ移行、ライブアップデートなどが原因です。

割合 (%)

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

DiskReadOps

指定された期間にインスタンスで利用できるすべてのインスタンスストアボリュームでの、完了した読み取り操作。

その期間の 1 秒あたりの I/O 操作回数 (IOPS) の平均を算出するには、その期間の操作回数の合計をその期間の秒数で割ります。

インスタンスストアボリュームがない場合は、値が 0 であるか、メトリクスがレポートされません。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

DiskWriteOps

指定された期間にインスタンスで利用できるすべてのインスタンスストアボリュームへの、完了した書き込み操作。

その期間の 1 秒あたりの I/O 操作回数 (IOPS) の平均を算出するには、その期間の操作回数の合計をその期間の秒数で割ります。

インスタンスストアボリュームがない場合は、値が 0 であるか、メトリクスがレポートされません。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

DiskReadBytes

インスタンスで利用できるすべてのインスタンスストアボリュームから読み取られたバイト数。

このメトリクスを使用すると、このインスタンスのハードディスクからアプリケーションが読み取るデータの量がわかります。これを利用すると、アプリケーションの速度がわかります。

報告された数は、期間中に受信されたバイト数です。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算してバイト/秒を求めることができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのバイト数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で DiskReadBytes のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの数式 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをバイト/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

インスタンスストアボリュームがない場合は、値が 0 であるか、メトリクスがレポートされません。

バイト

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

DiskWriteBytes

インスタンスで利用できるすべてのインスタンスストアボリュームに書き込まれたバイト数。

このメトリクスを使用すると、このインスタンスのハードディスクにアプリケーションが書き込むデータの量がわかります。これを利用すると、アプリケーションの速度がわかります。

報告された数は、期間中に受信されたバイト数です。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算してバイト/秒を求めることができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのバイト数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で DiskWriteBytes のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの数式 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをバイト/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

インスタンスストアボリュームがない場合は、値が 0 であるか、メトリクスがレポートされません。

バイト

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

MetadataNoToken

トークンを使用しないメソッドを使用してインスタンスメタデータサービス (IMDS) に正常にアクセスした回数。

このメトリクスにより、トークンを使用しないインスタンスメタデータサービスバージョン 1 (IMDSv1) を使用してインスタンスメタデータにアクセスするプロセスがあるかどうかがわかります。すべてのリクエストがトークン支援のセッション (インスタンスメタデータサービスバージョン 2 (IMDSv2)) を使用している場合、値は 0 になります。詳細については、「インスタンスメタデータサービスバージョン 2 の使用への移行」を参照してください。

Count (カウント)

  • 合計

  • パーセンタイル

MetadataNoTokenRejected

IMDSv1 が無効になった後に IMDSv1 呼び出しが試行された回数。

このメトリクスが表示された場合は、IMDSv1 呼び出しが試行され、拒否されたことを示します。IMDSv1 を再度有効にするか、すべての呼び出しで IMDSv2 が使用されていることを確認します。詳細については、「インスタンスメタデータサービスバージョン 2 の使用への移行」を参照してください。

Count (カウント)

  • 合計

  • パーセンタイル

NetworkIn

すべてのネットワークインターフェイスを通じ、このインスタンスによって受信されたバイトの数。このメトリクスは、1 つのインスタンスへの受信ネットワークトラフィックの量を表しています。

報告された数は、期間中に受信されたバイト数です。基本 (5 分) のモニタリングで統計情報に Sum 使用している場合であれば、この数を 300 で除算してバイト/秒の値を求めることができます。詳細 (1 分) のモニタリングで統計情報に Sum 使用している場合合は、この数を 60 で除算します。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのバイト数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で NetworkIn のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの数式 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをバイト/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

バイト

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

NetworkOut

すべてのネットワークインターフェイスを通じ、このインスタンスから送信されたバイトの数。このメトリクスは、1 つのインスタンスからの送信ネットワークトラフィックの量を表しています。

報告された数は、期間中に送信されたバイト数です。基本 (5 分) のモニタリングで統計情報に Sum 使用している場合であれば、この数を 300 で除算してバイト/秒の値を求めることができます。詳細 (1 分) のモニタリングで統計情報に Sum 使用している場合合は、この数を 60 で除算します。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのバイト数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で NetworkOut のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの数式 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをバイト/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

バイト

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

NetworkPacketsIn

すべてのネットワークインターフェイスを通じ、このインスタンスによって受信されたパケットの数。このメトリクスは、受信トラフィックのボリュームを単一インスタンスでのパケット数として識別します。

このメトリクスは、基本モニタリング (5分間) でのみ使用が可能です。5分間にインスタンスが受信した 1 秒あたりのパケット数 (PPS) は、Sum統計値を 300 で割ることで算出されます。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのパケット数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で NetworkPacketsIn のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの数式 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをパケット/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

NetworkPacketsOut

すべてのネットワークインターフェイスを通じ、このインスタンスから送信されたパケットの数。このメトリクスは、送信トラフィックのボリュームを単一インスタンスでのパケット数として識別します。

このメトリクスは、基本モニタリング (5分間) でのみ使用が可能です。5 分間にインスタンスが受信した 1 秒あたりのパケット数 (PPS) を計算するには、Sum 統計値を 300 で割ります。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのパケット数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で NetworkPacketsOut のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの数式 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをパケット/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

CPU クレジットメトリクス

AWS/EC2 名前空間は、バーストパフォーマンスインスタンスの以下の CPU クレジットメトリクスを含みます。

メトリクス 説明 単位 有意義な統計
CPUCreditUsage

CPU 使用率に関してインスタンスで消費される CPU クレジットの数。1 つの CPU クレジットは、1 個の vCPU が 100% の使用率で 1 分間実行されること、または、vCPU、使用率、時間の同等の組み合わせ (例えば、1 個の vCPU が 50% の使用率で 2 分間実行されるか、2 個の vCPU が 25% の使用率で 2 分間実行される) に相当します。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。5 分を超える期間を指定する場合は、Average 統計の代わりに Sum 統計を使用します。

クレジット (vCPU 分)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

CPUCreditBalance

インスタンスが起動または開始後に蓄積した獲得 CPU クレジットの数。T2 スタンダードの場合、CPUCreditBalance には蓄積された起動クレジットの数も含まれます。

クレジットは、獲得後にクレジット残高に蓄積され、消費されるとクレジット残高から削除されます。クレジット残高には、インスタンスサイズによって決まる上限があります。制限に到達すると、獲得された新しいクレジットはすべて破棄されます。T2 スタンダードの場合、起動クレジットは制限に対してカウントされません。

CPUCreditBalance のクレジットは、インスタンスがそのベースライン CPU 使用率を超えてバーストするために消費できます。

インスタンスが実行中の場合、CPUCreditBalance のクレジットは期限切れになりません。T3 または T3a インスタンスが停止すると、CPUCreditBalance 値は 7 日間保持されます。その後、蓄積されたすべてのクレジットが失われます。T2 インスタンスが停止すると、CPUCreditBalance 値は保持されず、蓄積されたすべてのクレジットが失われます。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。

クレジット (vCPU 分)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

CPUSurplusCreditBalance

unlimited 値がゼロの場合に CPUCreditBalance インスタンスによって消費された余剰クレジットの数。

CPUSurplusCreditBalance 値は獲得した CPU クレジットによって支払われます。余剰クレジットの数が、24 時間にインスタンスが獲得できるクレジットの最大数を超えている場合、最大数を超えて消費された余剰クレジットに対しては料金が発生します。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。

クレジット (vCPU 分)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

CPUSurplusCreditsCharged

獲得 CPU クレジットにより支払われないために追加料金が発生した、消費された余剰クレジットの数。

消費された余剰クレジットは、以下のいずれかの状況に当てはまると料金が発生します。

  • 消費された余剰クレジットが、インスタンスが 24 時間に獲得できる最大クレジット数を超えている。最大数を越えて消費された余剰クレジットは、時間の最後に課金されます。

  • インスタンスが停止または終了した。

  • インスタンスは unlimited から standard に切り替わります。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。

クレジット (vCPU 分)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

Dedicated Hostsメトリクス

AWS/EC2 名前空間には、T3 Dedicated Hosts のための以下のメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明 単位 有意義な統計
DedicatedHostCPUUtilization

Dedicated Host で実行されているインスタンスによって現在使用されている割り当て済みコンピューティング容量の割合。

割合 (%)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

Nitro ベースのインスタンスの Amazon EBS メトリクス

AWS/EC2 名前空間には、ベアメタルインスタンスではない、Nitro ベースのインスタンスにアタッチされているボリュームに関する、追加の Amazon EBS メトリクスが含まれます。

メトリクス 説明 単位 有意義な統計
EBSReadOps

指定された期間にインスタンスに接続されたすべての Amazon EBS ボリュームからの、完了した読み込みオペレーション。

その期間の 1 秒あたりの読み込み I/O 操作回数 (読み込み IOPS) の平均を算出するには、その期間の操作回数の合計をその期間の秒数で割ります。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算して読み込み IOPS を計算することができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのオペレーション数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で EBSReadOps のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの計算関数 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをオペレーション/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

EBSWriteOps

指定された期間にインスタンスに接続されたすべての EBS ボリュームからの、完了した書き込み操作。

その期間の 1 秒あたりの書き込み I/O 操作回数 (書き込み IOPS) の平均を算出するには、その期間の操作回数の合計をその期間の秒数で割ります。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算して書き込み IOPS を計算することができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのオペレーション数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で EBSWriteOps のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの計算関数 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをオペレーション/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

EBSReadBytes

指定した期間内にインスタンスに接続されたすべての EBS ボリュームから読み取られたバイト数。

報告された数は、期間中に読み取られたバイト数です。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算して読み込みバイト/秒を求めることができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのバイト数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で EBSReadBytes のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの数式 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをバイト/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

バイト

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

EBSWriteBytes

指定した期間内にインスタンスに接続されたすべての EBS ボリュームに書き込まれたバイト数。

報告された数は、期間中に書き込まれたバイト数です。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算して書き込みバイト/秒を求めることができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。CloudWatch メトリクスの計算関数 DIFF_TIME を使用して、1 秒あたりのバイト数を求めることもできます。例えば、CloudWatch で EBSWriteBytes のグラフを m1 として作成した場合、メトリクスの数式 m1/(DIFF_TIME(m1)) はメトリクスをバイト/秒単位で返します。DIFF_TIME およびメトリクス計算関数の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式の使用」を参照してください。

バイト

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

EBSIOBalance%

バーストバケットの I/O 残りクレジットの割合に関する情報を提供します。このメトリクスは基本モニタリング専用です。

このメトリクスは、少なくとも 24 時間に 1 回、30 分間だけ最大パフォーマンスにバーストする一部の *.4xlarge インスタンスサイズ以下でのみ使用できます。

Sum 統計は、このメトリクスに該当しません。

割合 (%)

  • 最小値

  • 最大値

EBSByteBalance%

バーストバケットのスループット残りクレジットの割合に関する情報を提供します。このメトリクスは基本モニタリング専用です。

このメトリクスは、少なくとも 24 時間に 1 回、30 分間だけ最大パフォーマンスにバーストする一部の *.4xlarge インスタンスサイズ以下でのみ使用できます。

Sum 統計は、このメトリクスに該当しません。

割合 (%)

  • 最小値

  • 最大値

EBS ボリューム用のメトリクスの詳細については、「Amazon EBS ユーザーガイド」の「Amazon EBS ボリュームのメトリクス」を参照してください。スポットフリートに提供されるメトリクスの詳細については、スポットフリートの CloudWatch メトリクスを参照してください。

ステータスチェックメトリクス

デフォルトでは、ステータスチェックメトリクスは無料で 1 分の頻度で利用できます。新しく起動したインスタンスの場合、ステータスチェックメトリクスデータは、インスタンスが初期化状態を完了するまで使用できません (インスタンスが running の状態になってから数分以内)。EC2 ステータスチェックの詳細については、インスタンスのステータスチェックを参照してください。

AWS/EC2 名前空間には、次のステータスチェックメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明 単位 有意義な統計
StatusCheckFailed

インスタンスが過去 1 分間にインスタンスのステータスチェックとシステムステータスチェックの両方に合格したかどうかを報告します。

このメトリクスは 0 (合格) または 1 (失敗) となります。

デフォルトでは、このメトリクスは無料で 1 分の頻度で利用できます。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

StatusCheckFailed_Instance

最近 1 分間にインスタンスがインスタンスステータスチェックに成功したかどうかを報告します。

このメトリクスは 0 (合格) または 1 (失敗) となります。

デフォルトでは、このメトリクスは無料で 1 分の頻度で利用できます。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

StatusCheckFailed_System

最近 1 分間にインスタンスが システムステータスチェックに成功したかどうかを報告します。

このメトリクスは 0 (合格) または 1 (失敗) となります。

デフォルトでは、このメトリクスは無料で 1 分の頻度で利用できます。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

StatusCheckFailed_AttachedEBS

直近 1 分間でインスタンスがアタッチ済みの EBS ステータスチェックに成功したかどうかを報告します。

このメトリクスは 0 (合格) または 1 (失敗) となります。

デフォルトでは、このメトリクスは無料で 1 分の頻度で利用できます。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

AWS/EBS 名前空間には、次のステータスチェックメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明 単位 有意義な統計
VolumeStalledIOCheck

注: Nitro インスタンスのみが対象です。Amazon ECS と AWS Fargate タスクにアタッチされたボリュームについては公開されていません。

ボリュームが過去 1 分間のストールした IO のチェックに合格したか失敗したかを報告します。このメトリクスは 0 (合格) または 1 (失敗) となります。

Count (カウント)

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

トラフィックミラーリングのメトリクス

AWS/EC2 名前空間には、ミラートラフィックのメトリクスが含まれます。詳細については、「Amazon VPC トラフィックミラーリングガイド」の「Monitor mirrored traffic using Amazon CloudWatch」(Amazon CloudWatch によるミラーリングされたトラフィックのモニタリング) を参照してください。

Auto Scaling グループメトリクス

AWS/AutoScaling 名前空間には、Auto Scaling グループのメトリクスが含まれます。詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Monitor CloudWatch metrics for your Auto Scaling groups and instances (Auto Scaling グループとインスタンスの CloudWatch メトリクスのモニタリング)」ご参照してください。

Amazon EC2 メトリクスディメンション

以下のディメンションを使用して、前の表に示したメトリクスを絞り込むことができます。

ディメンション 説明
AutoScalingGroupName

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータがフィルタリングされて、指定したキャパシティーグループ内のインスタンスのものだけになります。Auto Scaling グループは、Auto Scaling を使用する場合に定義するインスタンスのコレクションです。このディメンションを Amazon EC2 のメトリクスに対して使用できるのは、インスタンスが Auto Scaling グループ内にあるときに限られます。詳細モニタリングまたは基本モニタリングが有効になっているインスタンスに対して使用できます。

ImageId

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータがフィルタリングされて、この Amazon EC2 Amazon Machine Image (AMI) を実行しているインスタンスのものだけになります。詳細モニタリングが有効になっているインスタンスに対して使用できます。

InstanceId

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータがフィルタリングされて、指定のインスタンスのものだけになります。これを利用すると、どのインスタンスからのデータをモニタリングするかを指定できます。

InstanceType

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータがフィルタリングされて、指定のインスタンスタイプで実行されているインスタンスのものだけになります。これを利用すると、実行されているインスタンスのタイプでデータを分類することができます。例えば、m1.small インスタンスと m1.large インスタンスのデータを比較して、アプリケーションに対するビジネス価値はどちらが上かを判断します。詳細モニタリングが有効になっているインスタンスに対して使用できます。

Amazon EC2 使用状況メトリクス

CloudWatch 使用状況メトリクスを使用して、アカウントのリソースの使用状況を把握できます。これらのメトリクスを使用して、CloudWatch グラフやダッシュボードで現在のサービスの使用状況を可視化できます。

Amazon EC2 使用状況メトリクスは、AWS のサービスクォータに対応しています。使用量がサービスクォータに近づいたときに警告するアラームを設定することもできます。CloudWatch とサービスクオータの統合については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「AWS 使用状況メトリクス」を参照してください。

Amazon EC2 は、AWS/Usage 名前空間に以下のメトリクスを公開します。

メトリクス 説明

ResourceCount

アカウントで実行されている指定されたリソースの数。リソースは、メトリクスに関連付けられたディメンションによって定義されます。

このメトリクスで最も役に立つ統計は MAXIMUM です。これは、1 分間の期間中に使用されるリソースの最大数を表します。

次のディメンションは、Amazon EC2 によって発行される使用状況メトリクスを絞り込むために使用されます。

ディメンション 説明
Service

リソースを含む AWS のサービスの名前。Amazon EC2 使用状況メトリクスの場合、このディメンションの値は EC2 です。

Type

レポートされるエンティティのタイプ。現在、Amazon EC2 使用状況メトリクスの有効な値は Resource のみです。

Resource

実行中のリソースのタイプ。現在、Amazon EC2 使用状況メトリクスの有効な値は vCPU のみです。これは、実行中のインスタンスに関する情報を返します。

Class

追跡されるリソースのクラス。vCPU ディメンションの値として Resource を使用する Amazon EC2 使用状況メトリクスの場合、有効な値は、Standard/OnDemandF/OnDemandG/OnDemandInf/OnDemandP/OnDemand、および X/OnDemand です。

このディメンションの値は、メトリクスによって報告されるインスタンスタイプの最初の文字を定義します。例えば、Standard/OnDemand は、A、C、D、H、I、M、R、T、Z で始まるタイプのすべての実行中のインスタンスに関する情報を返し、G/OnDemand は G で始まるタイプのすべてのインスタンスに関する情報を返します。

コンソールを使用したメトリクスの一覧表示

メトリクスはまず名前空間ごとにグループ化され、次に各名前空間内の種々のディメンションの組み合わせごとにグループ化されます。例えば、Amazon EC2 で提供されるすべてのメトリクスを表示させることもできれば、インスタンス ID、インスタンスタイプ、イメージ (AMI) ID、Auto Scaling グループでグループ化された EC2 メトリクスを表示することもできます。

利用可能なメトリクスをカテゴリー別に表示するには (コンソール)
  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[メトリクス] を展開し、[すべてのメトリクス] を選択します。

  3. EC2 のメトリクスの名前空間を選択します。

    EC2 のメトリクスの名前空間を選択します
  4. メトリクスのディメンション (例えば、インスタンス別メトリクス) を選択します。

    Amazon EC2 のメトリクスのディメンションを表示する
  5. メトリクスを並べ替えるには、列見出しを使用します。メトリクスをグラフ表示するには、メトリクスの横にあるチェックボックスを選択します。リソースでフィルタするには、リソース ID を選択し、[Add to search] を選択します。メトリクスでフィルタするには、メトリクスの名前を選択し、[Add to search] を選択します。

    Amazon EC2 のメトリクスを表示する

AWS CLI を使用したメトリクスの一覧表示

list-metrics コマンドを使用して、インスタンスの CloudWatch メトリクスをリスト表示します。

Amazon EC2 の利用可能なすべてのメトリクスを一覧表示するには (AWS CLI)

次の例では、Amazon EC2 のすべてのメトリクスを表示する目的で AWS/EC2 名前空間を指定します。

aws cloudwatch list-metrics --namespace AWS/EC2

出力例を次に示します。

{ "Metrics": [ { "Namespace": "AWS/EC2", "Dimensions": [ { "Name": "InstanceId", "Value": "i-1234567890abcdef0" } ], "MetricName": "NetworkOut" }, { "Namespace": "AWS/EC2", "Dimensions": [ { "Name": "InstanceId", "Value": "i-1234567890abcdef0" } ], "MetricName": "CPUUtilization" }, { "Namespace": "AWS/EC2", "Dimensions": [ { "Name": "InstanceId", "Value": "i-1234567890abcdef0" } ], "MetricName": "NetworkIn" }, ... ] }
インスタンスで利用可能なすべてのメトリクスをリスト表示するには (AWS CLI)

次の例では、指定のインスタンスの結果だけを表示する目的で AWS/EC2 名前空間と InstanceId ディメンションを指定します。

aws cloudwatch list-metrics --namespace AWS/EC2 --dimensions Name=InstanceId,Value=i-1234567890abcdef0
すべてのインスタンス間でメトリクスをリスト表示するには (AWS CLI)

次の例では、指定のメトリクスの結果だけを表示する目的で AWS/EC2 名前空間とメトリクス名を指定します。

aws cloudwatch list-metrics --namespace AWS/EC2 --metric-name CPUUtilization