Amazon EBS ボリュームの削除 - Amazon Elastic Compute Cloud

Amazon EBS ボリュームの削除

Amazon EBS ボリュームが不要になったら、それを削除することができます。削除後、ボリュームに含まれるデータは消去され、ボリューム自体はどのインスタンスにもアタッチできなくなります。ただし、削除前にボリュームのスナップショットを保存できるので、それを使用すれば後でボリュームを再作成できます。

注記

インスタンスにアタッチされているボリュームは削除できません。ボリュームを削除するには、まずボリュームをデタッチする必要があります。詳細については、「Windowsインスタンスから Amazon EBS ボリュームをデタッチします。」を参照してください。

ボリュームがインスタンスにアタッチされているかどうかを確認できます。コンソールの [ボリューム] ページで、ボリュームの状態を表示できます。

  • ボリュームがインスタンスにアタッチされている場合、そのボリュームは in-use 状態です。

  • ボリュームがインスタンスからデタッチされている場合、そのボリュームは available 状態です。このボリュームは削除できます。

次のいずれかの方法を使用して、EBS ボリュームを削除できます。

Console

コンソールを使用して EBS ボリュームを削除するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [ボリューム] を選択します。

  3. ボリュームを選択し、[Actions]、[Delete Volume] の順に選択します。[Delete Volume (ボリュームの削除)] がグレー表示されている場合、そのボリュームはインスタンスにアタッチされています。

  4. 確認ダイアログボックスで、[Yes, Delete] を選択します。

AWS CLI

コマンドラインを使用して、EBS ボリュームを削除するには

次のいずれかのコマンドを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。