使用可能な Amazon SQS の CloudWatch メトリクス - Amazon Simple Queue Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

使用可能な Amazon SQS の CloudWatch メトリクス

Amazon SQS は以下のメトリックスを CloudWatch に送信します。

注記

標準キューの場合、Amazon SQS の分散アーキテクチャにより、結果は概算になります。ほとんどの場合、この数はキュー内の実際のメッセージ数に近くなります。

FIFO キューの場合、結果は正確です。

Amazon SQS のメトリクス

AWS/SQS 名前空間には、次のメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明
ApproximateAgeOfOldestMessage キューで最も古い削除されていないメッセージのおおよその経過期間。
注記
  • メッセージを 3 回 (またはそれ以上) 受信して処理しないと、メッセージはキューの後ろに移動され、ApproximateAgeOfOldestMessage メトリクスは 3 回以上受信されていない 2 番目に古いメッセージを指します。このアクションは、キューに再処理ポリシーがある場合でも発生します。

  • 1 つのポイズンピルメッセージ (複数回受信されても削除されないメッセージ) がこのメトリクスを歪める可能性があるため、ポイズンピルメッセージが正常に消費されるまで、ポイズンピルメッセージの経過時間はメトリクスに含まれません。

  • キューに再処理ポリシーがある場合、設定された最大受信数を超えると、メッセージはデッドレターキューに移動されます。メッセージがデッドレターキューに移動されると、デッドレターキューの ApproximateAgeOfOldestMessage メトリクスは、メッセージがデッドレターキューに移動された時間を表します (メッセージが送信された元の時間ではありません)。

報告条件: キューがアクティブの場合は、負でない値が報告されます。

単位: 秒

有効な統計: Average、Minimum、Maximum、Sum、Data Samples (Amazon SQS コンソールにサンプル数として表示されます)

ApproximateNumberOfMessagesDelayed 遅延が発生したため、すぐに読み取ることのできない、キューのメッセージ数。これは、キューが遅延キューとして設定されている場合、またはメッセージが遅延パラメータとともに送信された場合に発生することがあります。

報告条件: キューがアクティブの場合は、負でない値が報告されます。

単位: カウント

有効な統計: Average、Minimum、Maximum、Sum、Data Samples (Amazon SQS コンソールにサンプル数として表示されます)

ApproximateNumberOfMessagesNotVisible 処理中のメッセージの数。メッセージがクライアントに送信されたが、まだ削除されていない場合、または表示期限に達していない場合、メッセージは処理中とみなされます。

報告条件: キューがアクティブの場合は、負でない値が報告されます。

単位: カウント

有効な統計: Average、Minimum、Maximum、Sum、Data Samples (Amazon SQS コンソールにサンプル数として表示されます)

ApproximateNumberOfMessagesVisible キューから取得可能なメッセージの数。

報告条件: キューがアクティブの場合は、負でない値が報告されます。

単位: カウント

有効な統計: Average、Minimum、Maximum、Sum、Data Samples (Amazon SQS コンソールにサンプル数として表示されます)

NumberOfEmptyReceives¹ メッセージを返さなかった ReceiveMessage API 呼び出しの数。

報告条件: キューがアクティブの場合は、負でない値が報告されます。

単位: カウント

有効な統計: Average、Minimum、Maximum、Sum、Data Samples (Amazon SQS コンソールにサンプル数として表示されます)

NumberOfMessagesDeleted¹ キューから削除されたメッセージの数。

報告条件: キューがアクティブの場合は、負でない値が報告されます。

単位: カウント

有効な統計: Average、Minimum、Maximum、Sum、Data Samples (Amazon SQS コンソールにサンプル数として表示されます)

Amazon SQS は、有効な受信ハンドル を使用した削除オペレーション (重複の削除など) が成功するたびに NumberOfMessagesDeleted メトリクスを出力します。以下の場合は、NumberOfMessagesDeleted メトリクスの値が予想より高くなる場合があります。
  • への通話 DeleteMessage 同じメッセージに属する異なる領収書ハンドルに対するアクション: メッセージが 可視性タイムアウト メッセージが期限切れになると、他の消費者がメッセージを処理し、再度削除して、 NumberOfMessagesDeleted メトリック。

  • への通話 DeleteMessage アクションを同じ領収書ハンドルで実行: メッセージが処理および削除されても、 DeleteMessage 同じレシートハンドルを使用して再度アクションを実行すると、成功ステータスが返され、 NumberOfMessagesDeleted メトリック。

NumberOfMessagesReceived¹ ReceiveMessage アクションへの呼び出しで返されたメッセージの数。

報告条件: キューがアクティブの場合は、負でない値が報告されます。

単位: カウント

有効な統計: Average、Minimum、Maximum、Sum、Data Samples (Amazon SQS コンソールにサンプル数として表示されます)

NumberOfMessagesSent¹

キューに追加されたメッセージの数。

報告条件: キューがアクティブの場合は、負でない値が報告されます。

単位: カウント

有効な統計: Average、Minimum、Maximum、Sum、Data Samples (Amazon SQS コンソールにサンプル数として表示されます)

SentMessageSize¹

キューに追加されたメッセージのサイズ。

報告条件: キューがアクティブの場合は、負でない値が報告されます。

単位: バイト

有効な統計: Average、Minimum、Maximum、Sum、Data Samples (Amazon SQS コンソールにサンプル数として表示されます)

注記

SentMessageSize は、最低 1 つのメッセージがその対応するキューに送信されるまでは、CloudWatch コンソールに使用可能なメトリクスとして表示されません。

¹ これらのメトリックはサービスの観点から計算され、再試行を含めることができます。これらのメトリックの絶対値に依存したり、これらのメトリックを使用して現在のキュー ステータスを推定したりしないでください。

Amazon SQS メトリクスのディメンション

唯一の属性は、 Amazon SQS 送信先 CloudWatch は QueueName. これは、使用可能なすべての統計が、 QueueName.