Amazon SQS の開始方法 - Amazon Simple Queue Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SQS の開始方法

このセクションでは、Amazon SQS の理解をさらに深めるために、Amazon SQS コンソールを使用してキューおよびメッセージを管理する方法を示します。

前提条件

開始する前に、「Amazon SQSのセットアップ」のステップを完了します。

ステップ 1: キューを作成する

Amazon SQS で最も一般的な最初のタスクは、キューの作成です。次の手順では、FIFO キューを作成および設定する方法を示します。

  1. https://console.aws.amazon.com/sqs/ で Amazon SQS コンソールを開きます。

  2. [キューの作成] を選択します。

  3. リポジトリの []キューの作成ページで、正しいリージョンを指定します。

  4. -Standardキューの種類がデフォルトで選択されます。選択FIFO

    キューの作成後、キューの種類を変更できません。

  5. キューの [Name] (名前) を入力します。FIFO キュー名は .fifo のサフィックスで終わる必要があります。

  6. デフォルトのパラメータを使用してキューを作成するには、一番下までスクロールしてキューの作成。Amazon SQS はキューを作成してキューの [Details] (詳細) ページを表示します。

    Amazon SQS は新しいキューに関する情報をシステム全体に伝播します。Amazon SQS は分散型システムであるため、キューが[キュー]ページで.

ステップ 2: メッセージの送信

キューの作成後、そのキューにメッセージを送信できます。

  1. 左のナビゲーションペインから、[] を選択します。[キュー]。キューの一覧から、作成したキューを選択します。

  2. 送信元アクションで、メッセージの送信と受信

    コンソールにメッセージの送信と受信ページで.

  3. にテキストを入力します。メッセージ本文

  4. と入力します。メッセージグループ IDキューの。詳細については、「FIFO 配信ロジック」を参照してください。

  5. (省略可能) a と入力します。メッセージ重複排除 ID。コンテンツベースの重複除外を有効にした場合、メッセージ重複除外 ID は必要ありません。詳細については、「FIFO 配信ロジック」を参照してください。

  6. メッセージの送信を選択します。

    メッセージが送信され、コンソールに成功のメッセージが表示されます。選択詳細を表示をクリックして、送信されたメッセージに関する情報を表示します。

ステップ 3: メッセージの受信と削除

キューにメッセージを送信した後、そのメッセージをキューから取得できます。キューからメッセージをリクエストする場合、どのメッセージを取得するか指定することはできません。代わりに、取得するメッセージの最大数を指定します (最大 10)。

  1. から[キュー]ページで、キューを選択します。

  2. 送信元キューアクション[] を選択します。メッセージの送信と受信

    コンソールにメッセージの送信と受信ページで.

  3. 選択メッセージをポーリングします。

    Amazon SQS は、キュー内のメッセージを検索するためにサーバーをポーリングし始めます。の右側にある進行状況バーメッセージを受信するセクションには、ポーリング期間が表示されます。

    -メッセージセクションには、受信したメッセージのリストが表示されます。メッセージごとに、メッセージ ID、送信日、サイズ、および受信数が表示されます。

  4. メッセージを削除するには、削除するメッセージを選択し、[] を選択します。削除

  5. メッセージの削除] ダイアログボックスで、[] を選択します。削除

ステップ 4: キューの削除

  1. キューの一覧から、作成したキューを選択します。

  2. から[キュー]ページで、削除するキューを選択します。

  3. 選択キューの削除

    コンソールにキューの削除[] ダイアログボックス。

  4. [Delete queue] (キューの削除) ダイアログボックスで、delete を入力して削除を確認します。

  5. [Delete] (削除) を選択します。

次のステップ

キューを作成し、メッセージの送信、受信、削除方法およびキューの削除方法を理解したら、次のような設定を行うこともできます。