メニュー
Amazon Simple Queue Service
開発者ガイド

Amazon SQS の使用開始

このセクションでは、Amazon SQS の理解をさらに深めるために、AWS マネジメントコンソール を使用してキューおよびメッセージを管理する方法を示します。

注記

Amazon Simple Queue Service 入門ガイドはリタイアしました。プログラムで Amazon SQS の作業を行うには、「Amazon SQS のチュートリアル」と「Amazon SQS API を使用する」セクションを参照してください。

前提条件

開始する前に、「Amazon SQS のセットアップ」の手順を完了します。

ステップ 1: キューの作成

Amazon SQS の最初のタスクでありもっとも一般的なタスクは、キューの作成です。次の例では、キューの作成方法と設定を取り上げます。

  1. Amazon SQS コンソールにサインインします。

  2. [Create New Queue] を選択します。

  3. [Create New Queue] ページで、正しいリージョンにいることを確認してから、[Queue Name] を入力します。

    注記

    FIFO キューの名前は .fifo サフィックスで終わる必要があります。 FIFO キューが 米国東部(バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、および 欧州 (アイルランド) リージョンで使用できます。

  4. デフォルトでは [スタンダード] が選択されています。[FIFO] を選択します。

  5. デフォルトのパラメーターでキューを作成するには、[Quick-Create Queue] を選択します。

    新しいキューが作成され、キューの一覧で選択されます。

    注記

    キューを作成しても、Amazon SQS 全体に周知されるまで少し時間がかかることがあります。。

    [Queue Type] 列で、スタンダード キューと FIFO キューが一目で識別できます。FIFO キューの場合、[Content-Based Deduplication] 列に、1 回だけの処理が有効になっているかどうかが表示されます。

    キューの [Name]、[URL]、および [ARN] が [Details] タブに表示されます。

ステップ 2: メッセージの送信

キューを作成したら、そこにメッセージを送信できます。次の例では、既存のキューへのメッセージ送信を取り上げます。

  1. キューの一覧から、作成したキューを選択します。

  2. [Queue Actions] の [Send a Message] を選択します。

    [Send a Message to QueueName] ダイアログボックスが表示されます。

    次の例は、FIFO キューに固有の [Message Group ID] および [Message Deduplication ID] パラメーターを示しています ([content-based deduplication] は無効です)。

  3. FIFO キューにメッセージを送信するには、[Message Body] を入力し、[Message Group ID] MyMessageGroupId1234567890、および [Message Deduplication ID] MyMessageDeduplicationId1234567890 を入力して [Send Message] を選択します。詳細については、「FIFO キューのロジック」を参照してください。

    注記

    [message group ID] は常に必要です。ただし、[content-based deduplication] が有効な場合は、[message deduplication ID] は任意です。

    メッセージが送信され、[Send a Message to QueueName] ダイアログボックスが表示されます。ダイアログボックスには送信されたメッセージの属性が表示されます。

    次の例は、FIFO キューに固有の [Sequence Number] 属性を示しています。

  4. [Close] を選択します。

ステップ 3: メッセージの受信および削除

キューにメッセージを送信した後、それを消費 (キューから取得) できます。キューからのメッセージをリクエストする場合、どのメッセージを取得するか指定することはできません。代わりに、取得するメッセージの最大数を指定します (最大 10)。

以下は、メッセージの受信および削除を示す例です。

  1. キューの一覧から、作成したキューを選択します。

  2. [Queue Actions] の [View/Delete Messages] を選択します。

    [View/Delete Messages in QueueName] ダイアログボックスが表示されます。

    注記

    初めてこのアクションを行うときは、情報画面が表示されます。画面を非表示にするには、[Don't show this again] チェックボックスをオンにします。

  3. [Start Polling for messages] を選択します。

    Amazon SQS によって、キューのメッセージのポーリングが開始されます。ダイアログボックスにキューのメッセージが表示されます。ダイアログボックスの下部に進捗バーが表示され、メッセージの可視性タイムアウトの状態が示されます。

    次の例は、FIFO キュー特有の [Message Group ID]、[Message Deduplication ID]、および [Sequence Number] 列を示しています。

  4. 可視性タイムアウトの期限が切れるに削除するメッセージを選択して、[Delete 1 Message] を選択します。

    [Delete Messages] ダイアログボックスが表示されます。

  5. 削除するメッセージにチェックが入っていることを確認して、[Yes, Delete Checked Messages] を選択します。

    選択したメッセージが削除されます。

    進行状況バーがいっぱいになると、可視性タイムアウトが期限切れになり、メッセージがコンシューマーから見えるようになります。

  6. [Close] を選択します。

ステップ 4: キューの削除

Amazon SQS キューを使用しない場合で、近い将来にも使用する予定がない場合、ベストプラクティスでは、キューをAmazon SQS から削除します。次の例では、キューの削除について説明します。

  1. キューの一覧から、作成したキューを選択します。

  2. [Queue Actions] の [Delete Queue] を選択します。

    [Delete Queues] ダイアログボックスが表示されます。

  3. [Yes, Delete Queue] を選択します。

    キューが削除されます。

次のステップ

キューを作成し、メッセージの送信、受信、削除方法およびキューの削除方法を理解したら、次のような設定を行うこともできます。