Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

ディストリビューションを削除する

ディストリビューションを使用する必要がなくなった場合は、CloudFront コンソールを使用するか、CloudFront API を使用して削除できます。

ディストリビューションを削除する前に、これを無効にする必要があることに注意してください。そのためには、ディストリビューションを更新するアクセス許可が必要です。UpdateDistribution と DeleteDistribution アクセス許可の設定を含む、CloudFront を使用するためのアクセス許可の設定の詳細については、「お客様が管理するポリシーの例」を参照してください。

注記

代替ドメイン名が関連付けられているディストリビューションを無効にすると、CloudFront は、別のディストリビューションにこのドメイン (*.example.com) と一致するワイルドカード (*) 付きの代替ドメイン名がある場合でも、このドメイン名 (たとえば、www.example.com) へのトラフィックの受信を停止します。

CloudFront ディストリビューションを削除にするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/cloudfront/ にある、CloudFront コンソールを開きます。

  2. CloudFront コンソールの右のペインで、削除するディストリビューションを見つけます。

  3. [State (状態)] 列の値が [Disabled (無効)] である場合は、このステップをスキップしてステップ 7 に進みます。

    [State (状態)] の値が [Enabled (有効)] であり、[Status (ステータス)] の値が [Deployed (デプロイ済み)] である場合は、ステップ 4 に進んでディストリビューションを無効にしてからディストリビューションを削除します。

    [State (状態)] の値が [Enabled (有効)] であり、[Status (ステータス)] の値が [InProgress (進行中)] である場合は、[Status (ステータス)] が [Deployed (デプロイ済み)] に変わるまで待ちます。次に、ステップ 4 に進んでディストリビューションを無効にしてから、ディストリビューションを削除します。

  4. CloudFront コンソールの右のペインで、削除するディストリビューションのチェックボックスをオンにします。

  5. [Disable (無効)] を選択してディストリビューションを無効にし、[Yes, Disable (はい、無効にします)] を選択して確定します。次に、[閉じる] を選択します。

    注記

    CloudFront はこの変更をすべてのエッジロケーションに伝達する必要があるため、この更新が完了してディストリビューションを削除できるまでには最大 90 分かかることがあります。

  6. [State (状態)] 列の値が直ちに [Disabled (無効)] に変わります。[Status (ステータス)] 列の値が [Deployed (デプロイ済み)] に変わるまで待ちます。

  7. 削除するディストリビューションのチェックボックスをオンにします。

  8. [削除] を選択し、[はい、削除します] を選択して確定します。次に、[Close (閉じる)] をクリックします。

    注記

    ディストリビューションを無効にした直後は、CloudFront がこの変更をエッジロケーションに伝達するまでさらに数分必要となる場合があります。伝達が完了するまでは、[削除]オプションを使用することができません。

以下の CloudFront API を使用してディストリビューションを削除することもできます。

  • ディストリビューションを削除するには、Amazon CloudFront API リファレンス の「DeleteDistribution」を参照してください。

  • RTMP ディストリビューションを削除するには、Amazon CloudFront API リファレンスの「DeleteStreamingDistribution」を参照してください。