Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

ディストリビューションを削除する

ディストリビューションを使用する必要がなくなった場合は、CloudFront コンソールを使用して、以下の手順に従ってディストリビューションを削除します。

以下の CloudFront API を使用してディストリビューションを削除することもできます。

  • ディストリビューションを削除するには、Amazon CloudFront API リファレンス の「DeleteDistribution」を参照してください。

  • RTMP ディストリビューションを削除するには、Amazon CloudFront API リファレンス の「DeleteStreaming Distribution」を参照してください。

注記

CloudFront では、1 つの AWS アカウントを使用してウェブディストリビューションを 200 個、RTMP ディストリビューションを 100 個作成できます。

CloudFront ディストリビューションを削除にするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/cloudfront/ にある、CloudFront コンソールを開きます。

  2. CloudFront コンソールの右のペインで、削除するディストリビューションを見つけます。

  3. [State (状態)] 列の値が [Disabled (無効)] である場合は、このステップをスキップしてステップ 7 に進みます。

    [State (状態)] の値が [Enabled (有効)] であり、[Status (ステータス)] の値が [Deployed (デプロイ済み)] である場合は、ステップ 4 に進んでディストリビューションを無効にしてからディストリビューションを削除します。

    [State (状態)] の値が [Enabled (有効)] であり、[Status (ステータス)] の値が [InProgress (進行中)] である場合は、[Status (ステータス)] が [Deployed (デプロイ済み)] に変わるまで待ちます。次に、ステップ 4 に進んでディストリビューションを無効にしてから、ディストリビューションを削除します。

  4. CloudFront コンソールの右のペインで、削除するディストリビューションのチェックボックスをオンにします。

  5. [Disable (無効)] をクリックしてディストリビューションを無効にして、[Yes, Disable (はい、無効にします)] をクリックして確定します。次に、[Close (閉じる)] をクリックします。

  6. [State (状態)] 列の値が直ちに [Disabled (無効)] に変わります。[Status (ステータス)] 列の値が [Deployed (デプロイ済み)] に変わるまで待ちます。

  7. 削除するディストリビューションのチェックボックスをオンにします。

  8. [Delete (削除)] をクリックし、[Yes, Delete (はい、削除します)] をクリックして確定します。次に、[Close (閉じる)] をクリックします。