メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

Amazon CloudFront の概要

Amazon CloudFront は、静的および動的なウェブコンテンツ (.html、.css、.js、イメージファイルなど) をユーザーに高速に配信するウェブサービスです。CloudFront は、エッジロケーションというデータセンターの世界的ネットワークを経由してコンテンツを配信します。CloudFront を使用して提供されているコンテンツをユーザーがリクエストすると、そのユーザーはエッジロケーションにルーティングされます。エッジロケーションでは最も低いレイテンシー (遅延時間) が提供されるので、コンテンツは可能な最高のパフォーマンスで配信されます。

  • コンテンツがエッジロケーション内に最も低いレイテンシーですでに存在している場合、CloudFront はそのコンテンツを即時に配信します。

  • コンテンツがこのエッジロケーションに存在しない場合、CloudFront は、コンテンツの最終バージョンのソースとして識別されている Amazon S3 バケットまたは HTTP サーバー (ウェブサーバーなど) からコンテンツを取り込みます。

分かりやすく例を挙げて説明しましょう。イメージが CloudFront からではなく従来のウェブサーバーから提供されていると仮定します。たとえば、sunsetphoto.png というイメージを、URL http://example.com/sunsetphoto.png を使用して提供するとします。

ユーザーは簡単にこの URL にアクセスしてイメージを表示できます。ただし、イメージが見つかるまでリクエストがネットワークから別のネットワークに (インターネットを構成する相互接続ネットワークの複雑な集合経由で) ルーティングされたということを、おそらくユーザーは認識しません。

ここで、イメージを提供しているウェブサーバーが米国ワシントン州のシアトルに存在し、米国テキサス州のオースチンにいるユーザーがそのイメージをリクエストしたと仮定します。次のトレースリスト (www.WatchMouse.com の許可により転載) は、このリクエストがルーティングされる可能性がある 1 つの経路を示しています。

 WatchMouse
 U.S. map

この例では、イメージが取り込まれるまで、リクエストが米国内を 10 回ルーティングされています。これは異常に多いホップ数 (コンテンツを表示する人物とファイルが提供されるサーバーとの間の個々のネットワークパス) ではありません。ユーザーがヨーロッパにいる場合、リクエストはさらに多くのネットワークを経由してシアトルのサーバーに到達します。リクエストとイメージが移動する必要があるネットワークの数と距離は、イメージのパフォーマンス、信頼性、および可用性に多大な影響を与えます。

CloudFront は、コンテンツを最良の方法で供給できるエッジロケーションに各ユーザーリクエストをルーティングすることによって、お客様のコンテンツの配信速度を向上させます。通常、これはビューワーに最も高速に配信できる CloudFront エッジサーバーです。これにより、ユーザーのリクエストが通過しなければならないネットワークの数が大幅に減少するので、パフォーマンスが向上します。ユーザーが経験するレイテンシー (ファイルの最初のバイトがロードされるまでの時間) が低くなり、データ転送速度が高くなります。

お客様のファイル (オブジェクトとしても知られる) のコピーが世界中の複数のエッジロケーションに保持される (つまりキャッシュされる) ので、信頼性と可用性の向上も得られます。

CloudFront エッジサーバーの場所の一覧については、Amazon CloudFront 製品の詳細情報ページをご覧ください。