Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

オリジングループにおけるリクエストとレスポンスの動作

オリジングループへのリクエストは、オリジンファイルオーバーの原因となるキャッシュミスがある場合を除き、オリジングループとして設定されていないオリジンに対するリクエストと同様に動作します。他のオリジンと同様に、CloudFront がリクエストを受信し、コンテンツがすでにエッジロケーションにキャッシュされている場合、コンテンツはキャッシュからビューワーに配信されます。オリジンフェイルオーバーを設定し、キャッシュミスが生じると、ビューワーのリクエストがオリジングループのプライマリオリジンに転送されます。

プライマリオリジンのリクエストとレスポンスの動作は、オリジングループに含まれていないオリジンの場合と同じです。詳細については、「Amazon S3 オリジンにおけるリクエストとレスポンスの動作」および「カスタムオリジンの場合のリクエストとレスポンスの動作」を参照してください。

以下にプライマリオリジンが特定の HTTP ステータスコードを返す場合のオリジンフェイルオーバーの動作を示します。

  • HTTP 2xx ステータスコード (成功): CloudFront は、ファイルをキャッシュしてビューワーに返します。

  • HTTP 3xx ステータスコード (リダイレクト): CloudFront は、ステータスコードをビューワーに返します。

  • HTTP 4xx または 5xx ステータスコード (クライアント/サーバーエラー): 返されたステータスコードがフェイルオーバー用に設定されている場合、CloudFront はオリジングループの 2 番目のオリジンに切り替えてファイルをリクエストします。

  • HTTP 4xx または 5xx ステータスコード (クライアント/サーバーエラー): 返されたステータスコードがフェイルオーバー用に設定されていない場合、CloudFront はエラーをビューワーに返します。

CloudFront が 2 番目のオリジンからファイルをリクエストした場合のレスポンスの動作は、オリジングループで設定されていない CloudFront オリジンと同じです。

オリジングループの詳細については、CloudFront オリジンフェイルオーバーによる高可用性の最適化 を参照してください。