Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

エラーレスポンス動作を構成する

CloudFront API またはコンソールを使用して、CloudFront エラーレスポンスを設定できます。CloudFront API を使用してエラーレスポンスを設定する方法については、Amazon CloudFront API リファレンス の「PUT Distribution Config」で CustomErrorResponses 要素の説明を参照してください。

コンソールを使用して CloudFront エラーレスポンスを設定するには

  1. オリジンから HTTP 4xx または 5xx エラーが返されたときに CloudFront がビューワーに返すカスタムエラーページを作成します。CloudFront からアクセス可能な場所にそのページを保存します。

    カスタムオリジンを使用していない場合であっても、カスタムエラーページは Amazon S3 バケットに保存することをお勧めします。カスタムエラーページを HTTP サーバーに保存した場合、このサーバーが 5xx エラーを返し始めるなら、オリジンサーバーが利用不可であるために、CloudFront はビューワーに返すべきファイルを取得できません。

  2. 少なくとも、カスタムエラーページオブジェクトに対する read 許可を CloudFront に付与していることを確認してください。

    Amazon S3 アクセス許可の詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイド の「アクセスコントロール」を参照してください。Amazon S3 コンソールを使用してアクセス許可を更新する方法については、Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイドを参照してください。

  3. (オプション)可能であれば、Cache-Control ディレクティブまたは Expires ヘッダーを、特定のオブジェクトに対するエラーレスポンスとともに追加するようにオリジンサーバーを構成します。詳細については、「CloudFront がエラーをキャッシュする時間を制御する」を参照してください。

  4. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/cloudfront/ にある、CloudFront コンソールを開きます。

  5. ディストリビューションのリストで、更新するディストリビューションを選択して、[Distribution Settings (ディストリビューションの設定)] を選択します。

  6. [Error Pages (エラーページ)] タブを選択します。次に、[Create Custom Error Response (カスタムエラーレスポンスの作成)] を選択するか、または既存のエラーコードを選択して [Edit (編集)] を選択します。

    
									ディストリビューションの種類として [Web (ウェブ)] を選択します。
  7. 適切な値を入力します。詳細については、「Custom Error Pages (カスタムエラーページ) と Error Caching (エラーキャッシュ)」を参照してください。

  8. カスタムエラーページを返すように CloudFront を設定した場合は、該当するキャッシュ動作を追加または更新します。詳細については、「オブジェクトとカスタムエラーページを別の場所に格納する」を参照してください。

  9. 変更を保存するには、[Yes, Edit] を選択します。