CloudFront がオリジンからの HTTP 3xx ステータスコードを処理する方法 - Amazon CloudFront

CloudFront がオリジンからの HTTP 3xx ステータスコードを処理する方法

CloudFront が Amazon S3 バケットまたはカスタムオリジンサーバーのオブジェクトをリクエストすると、オリジンサーバーは HTTP 3xx ステータスコードを返すことがあります。これは、次のいずれかを示しています。

  • オブジェクトの URL が変更された (たとえば、ステータスコード 301、302、307、308)

  • 前回 CloudFront がリクエストしてからオブジェクトが変更されていない (ステータスコード 304)

CloudFront は、CloudFront ディストリビューションの設定とレスポンスのヘッダーに従って 3xx レスポンスをキャッシュします。詳細については、「コンテンツがエッジキャッシュに保持される期間の管理 (有効期限)」を参照してください。

オリジンからリダイレクトステータスコード (301 や 307 など) が返された場合、CloudFront はリダイレクトに従いません。CloudFront は、301 または 307 レスポンスをビューワーに渡します。ビューワーは、新しいリクエストを送信することでリダイレクトに従うことができます。