Lambda@Edge 関数のトリガーの追加 - Amazon CloudFront

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lambda@Edge 関数のトリガーの追加

Lambda@Edge トリガーは、関数の実行を引き起こす CloudFront ディストリビューション、キャッシュ動作、およびイベントの 1 つの組み合わせです。関数を実行する CloudFront トリガーを 1 つ以上指定できます。例えば、ディストリビューションに設定した特定のキャッシュ動作のリクエストをビューワーから が CloudFront 受信したときに、関数を実行するトリガーを作成できます。

ヒント

CloudFront キャッシュ動作に慣れていない場合は、以下に概要を示します。 CloudFront ディストリビューションを作成するときは、異なるリクエストを受信したときの応答 CloudFront 方法を に指示する設定を指定します。デフォルトの設定は、ディストリビューションのデフォルトのキャッシュ動作と呼ばれます。特定のファイルタイプのリクエストを受け取る場合など、特定の状況での CloudFront の応答方法を定義する追加のキャッシュ動作を設定できます。詳細については、「キャッシュ動作設定」を参照してください。

Lambda 関数を作成するときに、1 つのトリガーのみを指定できます。ただし、Lambda コンソールを使用するか、コンソールで CloudFrontディストリビューションを編集するという 2 つの方法のいずれかで、同じ関数にトリガーをさらに追加できます。

  • 同じ CloudFrontディストリビューションの関数にトリガーを追加する場合、Lambda コンソールを使用するとうまく機能します。

  • 更新するディストリビューションを見つけやすいため、複数のディストリビューションのトリガーを追加する場合は、 CloudFront コンソールを使用する方が適しています。他の CloudFront 設定も同時に更新できます。

注記

Lambda@Edge をプログラムで使用する場合、いくつかのリソースが役立ちます。詳細については、「Lambda@Edge 関数と CloudFront トリガーをプログラムで作成する」を参照してください。