Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

Lambda@Edge 関数とレプリカの削除

Lambda@Edge 関数を削除できるのは、関数のレプリカが CloudFront によって削除された場合のみです。Lambda 関数のレプリカは、次のような状況では自動的に削除されます。

  • すべての CloudFront ディストリビューションから関数の最後の関連付けを削除した後。関数が複数のディストリビューションで使用されている場合、最後のディストリビューションから関数の関連付けを削除した後でのみ、そのレプリカが削除されます。

  • 関数が関連付けられた最後のディストリビューションを削除した後。

レプリカは通常、数時間以内に削除されます。

バージョンに CloudFront ディストリビューションが関連付けられていない場合は、関数の特定のバージョンを削除することもできます。関数バージョンの関連付けを削除する場合、通常は数時間後に関数を削除できます。

現在、レプリカを手動で削除することはできません。これにより、まだ使用中のレプリカが削除されてエラーが返されることがなくなっています。

ディストリビューションとの関連付けが削除されるたびに、またはディストリビューション自体が削除されると、レプリカが削除されるため、関数のレプリカを使用するアプリケーションを CloudFront の外部で作成しないことが重要です。そのような外部のアプリケーションが依存するレプリカが警告なしに削除されて、エラーが発生することがあります。