管理キャッシュポリシーの使用 - Amazon CloudFront

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

管理キャッシュポリシーの使用

CloudFront には、ディストリビューションのキャッシュ動作にアタッチできる一連のマネージドキャッシュポリシーが用意されています。管理キャッシュポリシーを使用すると、独自のキャッシュポリシーを記述したり、維持したりする必要はありません。マネージドポリシーでは、特定のユースケースに最適化された設定を使用します。

管理キャッシュポリシーのアタッチ

管理キャッシュポリシーを使用するには、ディストリビューションのキャッシュ動作にそのポリシーをアタッチします。このプロセスは、キャッシュポリシーを作成するときと同じですが、新しいキャッシュポリシーを作成するのではなく、管理キャッシュポリシーの 1 つをアタッチするだけです。ポリシーをアタッチするには、名前 (コンソールの場合) または ID (AWS CLI または SDK の場合) を使用します。名前と ID は、次のセクションに記載されています。

詳細については、「キャッシュポリシーの作成」を参照してください。

使用可能な管理キャッシュポリシー

次のトピックでは、使用可能な管理キャッシュポリシーについて説明します。

Amplify

CloudFront コンソールでこのポリシーを表示する

このポリシーは、AWS Amplify ウェブアプリケーションであるオリジンで使用するように設計されています。

AWS CloudFormation、AWS CLI、または CloudFront API を使用する場合、このポリシーの ID は次のとおりです。

2e54312d-136d-493c-8eb9-b001f22f67d2

このポリシーの設定は以下のとおりです。

  • 最小 TTL: 2 秒

  • 最大 TTL: 600 秒 (10 分)

  • デフォルト TTL: 2 秒

  • キャッシュキーに含まれるヘッダー:

    • Authorization

    • CloudFront-Viewer-Country

    • Host

    圧縮オブジェクトのキャッシュの設定が有効になっているため、正規化された Accept-Encoding ヘッダーも含まれています。詳細については、「圧縮のサポート」を参照してください。

  • キャッシュキーに含まれる Cookie: すべての Cookie が含まれています。

  • キャッシュキーに含まれるクエリ文字列: すべてのクエリ文字列が含まれています。

  • 圧縮オブジェクトのキャッシュの設定: 有効。詳細については、「圧縮のサポート」を参照してください。

CachingDisabled

CloudFront コンソールでこのポリシーを表示する

このポリシーは、キャッシュを無効にします。このポリシーは、動的コンテンツとキャッシュできないリクエストに役立ちます。

AWS CloudFormation、AWS CLI、または CloudFront API を使用する場合、このポリシーの ID は次のとおりです。

4135ea2d-6df8-44a3-9df3-4b5a84be39ad

このポリシーの設定は以下のとおりです。

  • 最小 TTL: 0 秒

  • 最大 TTL: 0 秒

  • デフォルト TTL: 0 秒

  • キャッシュキーに含まれるヘッダー: なし

  • キャッシュキーに含まれる Cookie: なし

  • キャッシュキーに含まれるクエリ文字列: なし

  • 圧縮オブジェクトのキャッシュの設定: 無効

CachingOptimized

CloudFront コンソールでこのポリシーを表示する

このポリシーは、キャッシュキーに CloudFront が含まれる値を最小化することで、キャッシュ効率を最適化するように設計されています。 CloudFront キャッシュキーにはクエリ文字列や Cookie が含まれず、正規化されたAccept-Encodingヘッダーのみが含まれます。これにより、オリジンがオブジェクト CloudFront を返すとき、またはCloudFront エッジ圧縮が有効になっているときに、 は Gzip 圧縮形式と Brotli 圧縮形式でオブジェクトを個別にキャッシュできます。

AWS CloudFormation、AWS CLI、または CloudFront API を使用する場合、このポリシーの ID は次のとおりです。

658327ea-f89d-4fab-a63d-7e88639e58f6

このポリシーの設定は以下のとおりです。

  • 最小 TTL: 1 秒。

  • 最大 TTL: 31,536,000 秒 (365 日)。

  • デフォルト TTL: 86,400 秒 (24 時間)。

  • キャッシュキーに含まれるヘッダー: 明示的に含まれているものがありません。圧縮オブジェクトのキャッシュの設定が有効になっているため、正規化された Accept-Encoding ヘッダーが含まれます。詳細については、「圧縮のサポート」を参照してください。

  • キャッシュキーに含まれる Cookie: なし。

  • キャッシュキーに含まれるクエリ文字列: なし。

  • 圧縮オブジェクトのキャッシュの設定: 有効。詳細については、「圧縮のサポート」を参照してください。

CachingOptimizedForUncompressedObjects

CloudFront コンソールでこのポリシーを表示する

このポリシーは、キャッシュキーに含まれる値を最小限に抑えることで、キャッシュ効率を最適化するよう設計されています。クエリ文字列、ヘッダー、または Cookie は含まれません。このポリシーは、前のポリシーと同じですが、圧縮オブジェクトのキャッシュの設定が無効になります。

AWS CloudFormation、AWS CLI、または CloudFront API を使用する場合、このポリシーの ID は次のとおりです。

b2884449-e4de-46a7-ac36-70bc7f1ddd6d

このポリシーの設定は以下のとおりです。

  • 最小 TTL: 1 秒

  • 最大 TTL: 31,536,000 秒 (365 日)

  • デフォルト TTL: 86,400 秒 (24 時間)

  • キャッシュキーに含まれるヘッダー: なし

  • キャッシュキーに含まれる Cookie: なし

  • キャッシュキーに含まれるクエリ文字列: なし

  • 圧縮オブジェクトのキャッシュの設定: 無効

Elemental-MediaPackage

CloudFront コンソールでこのポリシーを表示する

このポリシーは、オリジンとしての AWS Elemental MediaPackage 用に設計されています。

AWS CloudFormation、AWS CLI、または CloudFront API を使用する場合、このポリシーの ID は次のとおりです。

08627262-05a9-4f76-9ded-b50ca2e3a84f

このポリシーの設定は以下のとおりです。

  • 最小 TTL: 0 秒

  • 最大 TTL: 31,536,000 秒 (365 日)

  • デフォルト TTL: 86,400 秒 (24 時間)

  • キャッシュキーに含まれるヘッダー:

    • Origin

    圧縮オブジェクトのキャッシュの設定が Gzip に対して有効になっているため、正規化された Accept-Encoding ヘッダーも含まれています。詳細については、「圧縮のサポート」を参照してください。

  • キャッシュキーに含まれる Cookie: なし

  • キャッシュキーに含まれるクエリ文字列:

    • aws.manifestfilter

    • start

    • end

    • m

  • 圧縮オブジェクトのキャッシュの設定: Gzip に対して有効にする。詳細については、「圧縮のサポート」を参照してください。