Amazon CloudWatch Logs
ユーザーガイド

ロググループとログストリームを操作する

ログストリームは、同じソースを共有する一連のログイベントです。CloudWatch Logs へのログの各ソースによって、個別のログストリームが構成されます。

ロググループは、保持、監視、アクセス制御について同じ設定を共有するログストリームのグループです。ロググループを定義して、各グループに入れるストリームを指定することができます。1 つのロググループに属することができるログストリームの数に制限はありません。

このセクションの手順を使用して、ロググループおよびログストリームを処理します。

CloudWatch Logs にロググループを作成します。

Amazon CloudWatch Logs User Guideの前のセクションのステップを使用して、Amazon EC2 インスタンスに CloudWatch Logs エージェントをインストールすると、ロググループは、このプロセスの一環として作成されます。CloudWatch コンソールで、直接ロググループを作成することもできます。

ロググループを作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Logs] を選択します。

  3. [Actions]、[Create log group] の順に選択します。

  4. ロググループの名前を入力し、[Create log group(ロググループの選択)] を選択します。

CloudWatch Logs に送信されたログデータの表示

CloudWatch Logs エージェントで CloudWatch Logs に送信されるストリームごとにログデータを表示しスクロールできます。表示するログデータの時間範囲を指定できます。

ログデータを表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Logs] を選択します。

  3. [Log Groups] で、ストリームを表示するロググループを選択します。

  4. [Log Streams] で、ログデータを表示するログストリーム名を選択します。

  5. ログデータの表示方法を変更するには、次のいずれかを実行します。

    • すべてのログイベントを展開するには、ログイベントのリストの上で、[Expand all] を選択します。

    • すべてのログイベントを展開してプレーンテキストとして表示するには、ログイベントのリストの上で、[Text] を選択します。

    • ログイベントをフィルタするには、検索フィールドに目的の検索フィルタを入力します。詳細については、「ログデータの検索およびフィルタリング」を参照してください。

    • 指定された日時範囲のログデータを表示するには、ログイベントのリストの上で、[custom] を選択します。[Absolute] を選択して日時範囲を指定するか、[Relative] を選択して事前定義された分、時間、日、週の数を選択することもできます。[UTC] と [Local timezone] を切り替えることもできます。

CloudWatch Logs でのログデータ保管期間の変更

デフォルトでは、ログデータは CloudWatch Logs に永続的に保存されます。ただし、ロググループにログデータを保存する期間を設定できます。現在の保持設定より古いデータはすべて自動的に削除されます。各ロググループのログの保持期間は、いつでも変更できます。

ログの保持設定を変更するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Logs] を選択します。

  3. 更新するロググループを見つけます。

  4. そのロググループの [Expire Events After] 列で、現在の保持設定 (例: [Never Expire]) を選択します。

  5. [Edit Retention] ダイアログボックスの [Retention] で、ログ保管期間の値を選択し、[Ok] を選択します。

Amazon CloudWatch Logs ロググループのタグ付け

Amazon CloudWatch Logs で作成したロググループに、独自のメタデータをタグ形式で割り当てることができます。タグは、ロググループに対して定義するキーと値のペアです。タグの使用は、AWS リソースの管理やデータ (請求データなど) の整理を行うシンプルかつ強力な方法です。

タグの基本

AWS CLI または CloudWatch Logs API を使用して、次のタスクを実行します。

  • ロググループの作成時にタグを追加する

  • 既存のロググループにタグを追加する

  • ロググループのタグをリストする

  • ロググループからタグを削除する

タグを使用すると、ロググループを分類できます。たとえば、目的、所有者、環境などに基づいて分類できます。タグごとにキーと値を定義するため、特定のニーズを満たすためのカテゴリのカスタムセットを作成できます。たとえば、所有者と、関連するアプリケーションに基づいてロググループを追跡するのに役立つタグのセットを定義できます。次にいくつかのタグの例を示します。

  • プロジェクト: プロジェクト名

  • 所有者: 名前

  • 目的: 負荷テスト

  • アプリケーション: アプリケーション名

  • 環境: 本稼働

タグ付けを使用したコストの追跡

タグを使用して、AWS コストを分類して追跡できます。AWS リソース (ロググループなど) にタグを適用すると、AWS のコスト配分レポートに、タグ別に集計された使用状況とコストが表示されます。自社のカテゴリ (たとえばコストセンター、アプリケーション名、所有者) を表すタグを適用すると、複数のサービスにわたってコストを分類することができます。詳細については、AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド の「コスト配分タグを使用したカスタム請求レポート」を参照してください。

タグの制限

タグには次の制限があります。

基本制限

  • タグの最大数はロググループごとに 50 です。

  • タグのキーと値は大文字と小文字が区別されます。

  • 削除されたロググループのタグを変更または編集することはできません。

タグキーの制限

  • 各タグキーは一意である必要があります。既に使用されているキーを含むタグを追加すると、新しいタグで、既存のキーと値のペアが上書きされます。

  • aws: は AWS が使用するように予約されているため、このプレフィックスを含むタグキーで開始することはできません。AWS ではユーザーの代わりにこのプレフィックスで始まるタグを作成しますが、ユーザーはこれらのタグを編集または削除することはできません。

  • タグキーの長さは 1~128 文字(Unicode)にする必要があります。

  • タグキーは、次の文字で構成する必要があります。Unicode 文字、数字、空白、特殊文字 (_ . / = + - @)。

タグ値の制限

  • タグ値の長さは 0~255 文字(Unicode)にする必要があります。

  • タグ値は空白にすることができます。空白にしない場合は、次の文字で構成する必要があります。Unicode 文字、数字、空白、特殊文字 (_ . / = + - @)。

AWS CLI を使用したロググループのタグ付け

AWS CLI を使用してタグの追加、一覧表示、および削除を行うことができます。例については、次のドキュメントを参照してください。

create-log-group

ロググループを作成します。ロググループの作成時に、オプションでタグを追加できます。

tag-log-group

指定したロググループのタグを追加または更新します。

list-tags-log-group

指定したロググループのタグを一覧表示します。

untag-log-group

指定したロググループからタグを削除します。

CloudWatch Logs API を使用したロググループのタグ付け

CloudWatch Logs API を使用してタグの追加、一覧表示、および削除を行うことができます。例については、次のドキュメントを参照してください。

CreateLogGroup

ロググループを作成します。ロググループの作成時に、オプションでタグを追加できます。

TagLogGroup

指定したロググループのタグを追加または更新します。

ListTagsLogGroup

指定したロググループのタグを一覧表示します。

UntagLogGroup

指定したロググループからタグを削除します。