AWS のサービスに関するベストプラクティスアラームの推奨事項 - Amazon CloudWatch

AWS のサービスに関するベストプラクティスアラームの推奨事項

CloudWatch は、すぐに使えるアラームの推奨事項を提供します。これらは CloudWatch アラームで、他の AWS のサービスによって公開されるメトリクス用に作成することをお勧めするものです。これらの推奨事項は、モニタリングのベストプラクティスに従うためにアラームを設定すべきメトリクスを特定するのに役立ちます。推奨事項では、設定すべきアラームのしきい値も提案されています。これらの推奨事項に従うことで、AWS インフラストラクチャの重要なモニタリングを見逃さないようにできます。

アラームの推奨事項を見つけるには、CloudWatch コンソールの [メトリクス] セクションを使用し、[アラームの推奨事項] フィルタートグルを選択します。コンソールの [推奨されたアラーム] に移動してから推奨アラームを作成すると、CloudWatch はアラーム設定の一部を事前に入力できます。一部の推奨アラームでは、アラームのしきい値も事前に入力されています。また、コンソールを使用して推奨アラームの IaC (Infrastructure-as-Code) アラーム定義をダウンロードし、このコードを使用して、AWS CloudFormation、AWS CLI、または Terraform でアラームを作成することもできます。

推奨アラームの一覧は、推奨アラーム でも確認できます。

作成したアラームには、CloudWatch で作成した他のアラームと同じレートで課金されます。推奨事項の使用には、追加課金は発生しません。詳細については、「Amazon CloudWatch 料金表」をご覧ください。

推奨アラームを見つけて作成する

次の手順に従って、CloudWatch がアラームを設定するように推奨するメトリクスを見つけ、必要に応じてこれらのアラームの 1 つを作成します。最初の手順では、推奨アラームのあるメトリクスを見つける方法と、これらのアラームの 1 つを作成する方法について説明します。

また、AWS/LambdaAWS/S3 など AWS 名前空間内の推奨アラームのすべてについて IaC (Infrastructure-as-Code) アラーム定義を一括ダウンロードすることもできます。これらの手順は、このトピックで後ほど紹介します。

推奨アラームを含むメトリクスを見つけ、単一の推奨アラームを作成するには
  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Metrics]、[All metrics] を選択します。

  3. [メトリクス] テーブルの上にある [アラームの推奨事項] を選択します。

    アラームの推奨事項があり、アカウント内のサービスが公開しているメトリクスのみを含むように、メトリクス名前空間のリストはフィルタリングされます。

  4. サービスの名前空間を選択します。

    この名前空間のメトリクスのリストは、アラームの推奨事項があるものだけを含むようにフィルタリングされます。

  5. メトリクスのアラームの目的と推奨しきい値を確認するには、[詳細を表示] を選択します。

  6. メトリクスのいずれかにアラームを作成するには、以下のいずれかを実行します。

    • コンソールを使用してアラームを作成するには、以下を実行します。

      1. メトリクスのチェックボックスを選択し、[グラフ化したメトリクス] タブを選択します。

      2. アラームアイコンを選択します。

        
                      グラフ化されたメトリクスからのアラームの作成

        アラームの推奨事項に基づいて、メトリクス名、統計、期間が入力されているアラーム作成ウィザードが表示されます。推奨事項に具体的なしきい値が含まれている場合は、その値も事前に入力されています。

      3. [Next] を選択します。

      4. [通知] で、アラームが ALARM 状態、OK 状態、または INSUFFICIENT_DATA 状態に移行するときに通知するための SNS トピックを選択します。

        同じアラーム状態または複数の異なるアラーム状態について複数の通知を送信するには、[Add notification (通知の追加)] を選択します。

        アラームの通知を送信しない場合は、 [削除] を選択します。

      5. アラームに伴って Auto Scaling または EC2 アクションを実行するには、該当するボタンを選択し、アラーム状態と実行するアクションを選択します。

      6. 完了したら、[次へ] を選択します。

      7. アラームの名前と説明を入力します。名前には ASCII 文字のみを使用します。続いて、[次へ] を選択します。

      8. [Preview and create (プレビューして作成)] で、情報と条件が正しいことを確認し、[アラームの作成] を選択します。

    • IaC (Infrastructure-as-Code) アラーム定義をダウンロードして、AWS CloudFormation、AWS CLI、または Terraform で使用するには、[アラームコードをダウンロード] を選択し、必要な形式を選択します。ダウンロードしたコードには、メトリクス名、統計、およびしきい値の推奨設定が含まれます。

AWS のサービスのすべての推奨アラームの IaC (Infrastructure-as-Code) アラーム定義をダウンロードするには
  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Metrics]、[All metrics] を選択します。

  3. [メトリクス] テーブルの上にある [アラームの推奨事項] を選択します。

    アラームの推奨事項があり、アカウント内のサービスが公開しているメトリクスのみを含むように、メトリクス名前空間のリストはフィルタリングされます。

  4. サービスの名前空間を選択します。

    この名前空間のメトリクスのリストは、アラームの推奨事項があるものだけを含むようにフィルタリングされます。

  5. [アラームコードをダウンロード] によって、この名前空間のメトリクスに対して推奨されるアラームの数が表示されます。すべての推奨アラームの IaC (Infrastructure-as-Code) アラーム定義をダウンロードするには、[アラームコードのダウンロード] を選択し、必要なコード形式を選択します。