Amazon CloudWatch
ユーザーガイド

Amazon CloudWatch とは

Amazon CloudWatch は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) のリソースと、AWS でユーザーが実行しているアプリケーションをリアルタイムでモニタリングします。CloudWatch を使用してメトリクスを収集し、追跡できます。メトリクスとは、リソースやアプリケーションに関して測定できる変数です。

CloudWatch のホームページには、使用している AWS の各サービスに関するメトリクスが自動的に表示されます。さらに、カスタムダッシュボードを作成してカスタムアプリケーションのメトリクスを表示したり、選択したメトリクスのカスタムコレクションを表示したりできます。

メトリクスを監視し、しきい値を超過したときに通知を送信したり、モニタリングしているリソースを自動的に変更したりするアラームを作成できます。たとえば、Amazon EC2 インスタンスの CPU 使用率やディスクの読み書きをモニタリングし、そのデータを基に、追加のインスタンスを起動して負荷の増大に対処すべきかどうかを判断できます。また、このデータを使用して、十分利用されていないインスタンスを停止することで、費用を節約することができます。

CloudWatch を使って、リソース使用率、アプリケーションパフォーマンス、オペレーションの正常性をシステムワイドに把握できます。

CloudWatch へのアクセス

次のいずれかの方法で CloudWatch にアクセスできます。

Amazon CloudWatch と併せて使用されるサービスは以下のとおりです。

  • Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) は、受信登録しているエンドポイントまたはクライアントへのメッセージの配信または送信の統合と管理を行います。アラームのしきい値に達したとき、Amazon SNS の CloudWatch を使用してメッセージを送信します。詳細については、「Amazon SNS 通知の設定」を参照してください。

  • Amazon EC2 Auto Scaling は、ユーザー定義のポリシー、ヘルスステータスチェック、およびスケジュールに基づいて Amazon EC2 インスタンスを自動的に起動または終了します。CloudWatch で Amazon EC2 Auto Scaling アラームを使用して、オンデマンドで EC2 インスタンスを拡大縮小することができます。詳細については、Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド の「動的なスケーリング」を参照してください。

  • AWS CloudTrail では、アカウントの Amazon CloudWatch API 宛ての呼び出し (AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、その他のサービスによって行われる呼び出しを含む) をモニタリングすることができます。CloudTrail のログ作成をオンにすると、CloudWatch は、Amazon S3 の設定時に指定された CloudTrail バケットにログファイルを書き込みます。詳細については、「AWS CloudTrail を使用した Amazon CloudWatch API コールのログ記録」を参照してください。

  • AWS Identity and Access Management (IAM) は、ユーザーに対して AWS リソースへのアクセスを安全に制御するためのウェブサービスです。IAM により、どのユーザーがお客様の AWS リソースを使用できるか (認証)、それらのユーザーがどのリソースをどのような方法で使用できるか (承認) を制御できます。詳細については、「Amazon CloudWatch に対する認証とアクセスコントロール」を参照してください。