CloudWatch の異常検出の使用 - Amazon CloudWatch

CloudWatch の異常検出の使用

メトリクスの異常検出を有効にすると、CloudWatch は統計アルゴリズムと機械学習アルゴリズムを適用します。これらのアルゴリズムは、システムやアプリケーションのメトリクスを継続的に分析し、正常なベースラインを決定して、ユーザーの最小限の介入で異常を検出します。

これらのアルゴリズムは、異常検出モデルを生成します。モデルは、メトリクスの正常な動作を表す想定値の範囲を生成します。

想定値のモデルは、次の 2 つの方法で使用できます。

  • メトリクスの想定値に基づいて異常検出アラームを作成します。このタイプのアラームには、アラーム状態を決定するための静的なしきい値はありません。代わりに、異常検出モデルに基づいて、メトリクスの値と想定値を比較します。

    メトリクス値が想定値の範囲を上回った場合、下回った場合、または両方の場合にアラームをトリガーすることを選択できます。

    詳細については、「異常検出に基づいて CloudWatch アラームを作成する」を参照してください。

  • メトリクスデータのグラフを表示するときに、想定値をバンドとしてグラフ上に重ねます。これにより、グラフで正常な範囲から外れている値を目で確認できます。詳細については、「グラフの作成」を参照してください。

    異常検出は、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、AWS CloudFormation または AWS SDK を使用して有効にすることができます。異常検出は、AWS から提供されるメトリクスおよびカスタムメトリクスに対して有効にすることができます。

    ANOMALY_DETECTION_BAND メトリクス数学関数で GetMetricData API リクエストを使用して、モデルの帯の上限と下限の値を取得することもできます。詳細については、「GetMetricData」を参照してください。

異常検出を行うグラフでは、想定値の範囲がグレーの帯で表示されます。メトリクスの実際の値がこの帯を超えると、その期間は赤で表示されます。

異常検出アルゴリズムは、メトリクスの季節的な変化と傾向の変化を考慮します。季節的な変化は、次の例に示すように、時間単位、日単位、週単位のいずれかになります。


      CPUUtilization メトリクスに対して有効になっている異常検出を表示しているメトリクスコンソール。

      CPUUtilization メトリクスに対して有効になっている異常検出を表示しているメトリクスコンソール。

      CPUUtilization メトリクスに対して有効になっている異常検出を表示しているメトリクスコンソール。

より長い範囲の傾向は、下向きまたは上向きになる場合があります。


      CPUUtilization メトリクスに対して有効になっている異常検出を表示しているメトリクスコンソール。

異常検出は、フラットなパターンを示すメトリクスにも適しています。


      CPUUtilization メトリクスに対して有効になっている異常検出を表示しているメトリクスコンソール。

CloudWatch 異常検出が動作する仕組み

メトリクスの異常検出を有効にすると、CloudWatch は、メトリクスの過去のデータに機械学習アルゴリズムを適用して、メトリクスの想定値のモデルを作成します。このモデルでは、メトリクスの傾向と、時間/日/週単位のパターンの両方を評価します。アルゴリズムは最大 2 週間分のメトリクスデータをトレーニングしますが、メトリクスに 2 週間分のデータが揃っていなくても、メトリクスの異常検出を有効にすることができます。

CloudWatch がモデルで使用する異常検出のしきい値を指定し、メトリクスの「正常」な値の範囲を決定します。異常検出のしきい値を高くするほど、「正常」な値の範囲が広くなります。

機械学習モデルは、メトリクスと統計に固有です。たとえば、AVG 統計を使用してメトリクスの異常検出を有効にした場合、モデルは、AVG 統計に固有になります。

作成したモデルは、常に自動更新され、メトリクスからの最新のデータを反映します。

メトリクスの異常検出を有効にした後は、必要に応じて、メトリクスの特定の期間を除外してモデルのトレーニングに使用されないように指定できます。この方法により、モデルのトレーニングにデプロイまたは他の異常なイベントが使用されないように除外でき、最も正確なモデルが作成されます。

アラームに異常検出モデルを使用すると、AWS アカウントで料金が発生します。詳細については、「Amazon CloudWatch 料金表」を参照してください。