Canary の統計および詳細の表示 - Amazon CloudWatch

Canary の統計および詳細の表示

Canary の詳細を表示し、Canary の実行に関する統計を表示できます。

Canary の実行結果に関するすべての詳細を表示するには、十分なアクセス許可を備えたアカウントにログオンしている必要があります。詳細については、「CloudWatch Canary に必要なロールとアクセス許可」を参照してください。

Canary の統計情報および詳細を表示するには
  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Application monitoring] (アプリケーションのモニタリング)、[Synthetics Canaries] (canary の合成) の順にクリックします。

    作成した Canary に関する以下の詳細が表示されます。

    • [Status] は、最新の実行に合格した Canary の数を視覚的に示します。

    • [Groups] (グループ) は、作成したグループと、失敗した canary または警戒すべき canary があるグループの数を表示します。

    • [Slowest performers] (最も遅いパフォーマー) グループと、最もパフォーマンスの低い canary のあるリージョンを表示します。これらは、グループまたはリージョン内のすべての canary (選択した期間全体) の平均期間を合計し、それをグループまたはリージョンの canary の数で割ることによって計算されます。最も遅いグループのメトリクスを選択すると、最も遅いグループとその canary のみが表示されるようにテーブルがフィルタリングされます。テーブルは平均期間でソートされています。

    • ページの下部には、すべての Canary を表示するテーブルがあります。1 つの列には、各 canary に対して作成されたアラームが表示されます。Canary アラームの命名基準に準拠したアラームのみが表示されます。この規格は Synthetics-Alarm-canaryName-index です。CloudWatch コンソールの [Synthetics] セクションで作成した Canary アラームでは、この命名規則が自動的に使用されます。CloudWatch コンソールの [Alarms] (アラーム) セクションまたは AWS CloudFormation を使用してCanary を作成し、この命名規則を使用しない場合、アラームは機能しますが、このリストには表示されません。

  3. 1 つの canary の詳細を表示するには、[Canaries] テーブルで canary の名前を選択します。

    その Canary に関する以下の詳細が表示されます。

    • [Availability (アベイラビリティー)] タブには、このCanary の最近の実行に関する情報が表示されます。

      [Canary runs] では、いずれかの行を選択すると、その実行に関する詳細を表示できます。

      グラフの下で、[Steps] (ステップ)、[Screenshot] (スクリーンショット)、[Logs] (ログ)、[HAR file] (HAR ファイル) を選択して、これらのタイプの詳細を表示できます。Canary でアクティブなトレースが有効になっている場合は、[Traces (トレース)] を選択して、Canary の実行からトレース情報を表示することもできます。

      Canary の実行のログは S3 バケットと CloudWatch Logs に保存されます。

      スクリーンショットは、顧客がウェブページを表示した方法を示しています。HAR ファイル (HTTP アーカイブファイル) を使用すると、ウェブページに関する詳細なパフォーマンスデータを表示できます。ウェブリクエストのリストを分析し、項目の読み込み時間などのパフォーマンス問題を検出できます。ログファイルには、Canary の実行とウェブページとのやり取りの記録が表示されます。これらを使用して、エラーの詳細を確認できます。

      Canary が syn-nodejs-2.0-beta ランタイム以降を使用する場合、ステータスコード、リクエストサイズ、または期間によって HAR ファイルをソートすることができます。

      [Steps] (ステップ) タブには、canary のステップ、各ステップのステータス、エラーの理由、ステップ実行後の URL、スクリーンショット、およびステップ実行期間のリストが表示されます。HTTP ステップを持つ API Canary については、ランタイム syn-nodejs-2.2 以降を使用している場合は、ステップとそれに対応する HTTP リクエストを表示できます。

      [HTTP Requests] (HTTP リクエスト) タブを選択して、Canary によって行われた各 HTTP リクエストのログを表示します。リクエスト/レスポンスヘッダー、レスポンス本文、ステータスコード、エラーとパフォーマンスのタイミング (合計時間、TCP 接続時間、TLS ハンドシェイク時間、最初のバイト時間、およびコンテンツ転送時間) を表示できます。HTTP/HTTPS モジュールを内部で使用するすべての HTTP リクエストは、ここで取得されます。

      デフォルトで、API Canary においては、セキュリティ上の理由から、リクエストヘッダー、レスポンスヘッダー、リクエスト本文、およびレスポンス本文はレポートに含まれません。それらを含めるように選択した場合、データは S3 バケットにのみ保存されます。このデータをレポートに含める方法については、「executeHttpStep(stepName, requestOptions, [callback], [stepConfig])」を参照してください。

      テキスト、HTML、および JSON のレスポンス本文のコンテンツタイプがサポートされています。テキスト/HTML、テキスト/プレーン、アプリケーション/JSON、アプリケーション/x-amz-json-1.0 のようなコンテンツタイプがサポートされています。圧縮されたレスポンスはサポートされていません。

    • [Monitoring (モニタリング)] タブには、この Canary で公開された CloudWatch メトリクスのグラフが表示されます。これらのメトリクスの詳細については、「Canary によって発行される CloudWatch メトリクス」を参照してください。

      Canary が公開する CloudWatch グラフィックの下には、Canary の Lambda コードに関連する Lambda メトリクスのグラフがあります。

    • [Configuration (設定)] タブには、Canary に関する設定とスケジュール情報が表示されます。

    • [Groups] (グループ) タブには、この canary が関連付けられているグループがあれば、そのグループが表示されます。

    • [Tags (タグ)] タブには、Canary に関連付けられたタグが表示されます。