Google Chrome の CloudWatch Synthetics Recorder を使用する - Amazon CloudWatch

Google Chrome の CloudWatch Synthetics Recorder を使用する

Amazon では、Canary をより簡単に作成できるように、CloudWatch Synthetics Recorder を提供しています。このレコーダーは Google Chrome の拡張機能です。

レコーダーは、ウェブサイト上のクリックと入力のアクションを記録し、同じステップに従う Canary を作成するために使用できる Node.js スクリプトを自動的に生成します。

記録を開始すると、CloudWatch Synthetics Recorder がブラウザーでのアクションを検出し、スクリプトに変換します。記録は、必要に応じて、一時停止および再開できます。記録を停止すると、レコーダーによってアクションの Node.js スクリプトが生成されます。このスクリプトは、[Copy to Clipboard (クリップボードにコピー)] ボタンで簡単にコピーできます。その後、このスクリプトを使用して、CloudWatch Synthetics で Canary を作成できます。

クレジット: CloudWatch Synthetics Recorder は、Headless レコーダーに基づいています。

Google Chrome 用 CloudWatch Synthetics Recorder 拡張機能をインストールする

CloudWatch Synthetics レコーダーを使用するには、Canary の作成を開始し、Canary Recorder の設計図を選択します。レコーダーをまだダウンロードしていない場合は、CloudWatch Synthetics コンソールにダウンロードするためのリンクが表示されます。

または、以下のステップに従って、レコーダーを直接ダウンロードしてインストールすることもできます。

CloudWatch Synthetics Recorder をインストールするには

  1. Google Chromeを使用して、ウェブサイト https://chrome.google.com/webstore/detail/cloudwatch-synthetics-rec/bhdnlmmgiplmbcdmkkdfplenecpegfno にアクセスします

  2. [Add to Chrome (Chrome に追加)] を選択し、[Add extension (拡張機能の追加)] を選択します。

Google Chrome の CloudWatch Synthetics Recorder を使用する

CloudWatch Synthetics Recorder を使用して Canary を作成する場合、CloudWatch コンソールで [Create canary] (Canary を作成) を選択してから、[Use a blueprint] (設計図の使用)、[Canary Recorder] を選択します。詳細については、「」を参照してくださいCanary を作成する

また、レコーダーを使用してステップを記録し、すぐに Canary の作成に使用しないこともできます。

CloudWatch Synthetics Recorder を使用してウェブサイトでのアクションを記録するには

  1. モニタリングするページに移動します。

  2. Chrome 拡張機能のアイコンを選択し、[CloudWatch Synthetics Recorder] を選択します。

  3. [Start Recording (記録の開始)] を選択します。

  4. 記録するステップを実行します。録音を一時停止するには、[Pause (一時停止)] を選択します。

  5. ワークフローの記録が完了したら、[Stop recording (記録の停止)] を選択します。

  6. [Copy to clipboard (クリップボードにコピー)] を選択して、生成されたスクリプトをクリップボードにコピーします。または、最初からやり直す場合は、[New recording (新規録音)] を選択します。

  7. コピーしたスクリプトを使用して Canary を作成するには、コピーしたスクリプトをレコーダー設計図のインラインエディタに貼り付けるか、Amazon S3 バケットに保存してそこからインポートします。

  8. Canary をすぐに作成しない場合は、記録したスクリプトをファイルに保存できます。

CloudWatch Synthetics Recorder の既知の制限事項

Google Chrome 用 CloudWatch Synthetics Recorder には、現在、以下の制限があります。

  • ID を持たない HTML 要素は、CSS セレクターを使用します。これは、後でウェブページの構造が変更された場合、Canary を壊す可能性があります。将来のバージョンのレコーダーでは、これに関するいくつかの設定オプション (data-id の使用など) を提供する予定です。

  • レコーダーは、ダブルクリックやコピー/貼り付けなどのアクションをサポートしておらず、また、CMD+0 などのキーの組み合わせもサポートしていません。

  • ページに要素またはテキストが存在することを確認するには、ユーザーがスクリプトの生成後にアサーションを追加する必要があります。レコーダーでは、その要素に対してアクションを実行しない要素の検証をサポートしていません。これは、Canary ワークフロービルダーの「テキストの確認」または「要素の確認」オプションと同様です。私たちは、レコーダーの将来のバージョンでいくつかのアサーションサポートを追加する予定です。

  • レコーダーは、記録が開始されたタブ内のすべてのアクションを記録します。ポップアップ (位置情報の追跡を許可する場合など) やポップアップから別のページへのナビゲーションは記録されません。