静的しきい値に基づいて CloudWatch アラームを作成する - Amazon CloudWatch

静的しきい値に基づいて CloudWatch アラームを作成する

アラームで監視する CloudWatch メトリクスと、このメトリクスのしきい値を選択します。指定した評価期間数にわたってメトリクスがしきい値を超えると、アラームが ALARM 状態に移行します。

単一のメトリクスに基づいてアラームを作成するには

  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[アラーム]、[すべてのアラーム] の順に選択します。

  3. [アラームの作成] を選択します。

  4. [メトリクスの選択] を選択します。

  5. (オプション) CloudWatch コンソールでクロスアカウント機能を有効にしていて、現在のアカウントがモニタリングアカウントである場合は、[検索メトリック] で、アラームで監視するメトリクスを含むアカウントとは別の AWS アカウントを選択します。詳細については、「クロスアカウントクロスリージョン CloudWatch コンソール」を参照してください。

  6. 次のいずれかを行ってください。

    • 必要なメトリクスが含まれているサービス名前空間を選択します。表示されるオプションを選択し続けて選択肢を絞り込みます。メトリクスのリストが表示されたら、必要なメトリクスの横にあるチェックボックスをオンにします。

    • 検索ボックスに、メトリクス、ディメンション、リソース ID の名前を入力し、Enter を押します。次に、結果のいずれかを選択する操作を続けて、メトリクスを一覧表示します。必要なメトリクスの横にあるチェックボックスをオンにします。

  7. [グラフ化したメトリクス] タブを選択します。

    1. [統計] で、統計や事前定義済みパーセンタイルのいずれかを選択するか、カスタムパーセンタイル (p95.45 など) を指定します。

    2. [期間] で、アラームの評価期間を選択します。アラームを評価する場合、各期間は 1 つのデータポイントに集約されます。

      アラームの作成時に Y 軸の凡例を左側または右側に表示するかを選択することもできます。この設定が使用されるのは、アラームの作成時のみです。

    3. [Select metric] (メトリクスの選択) を選択します。

      [Specify metric and conditions (メトリクスと条件の指定)] ページに、選択したメトリクスと統計のグラフや他の情報が表示されます。

  8. [Conditions (条件)] で、次のように指定します。

    1. [メトリクスが次の時] で、メトリクスがしきい値より大きい、より小さい、またはしきい値と等しい必要があるかどうかを指定します。[than... (以下の値)] で、しきい値を指定します。

    2. [Additional configuration (追加設定)] を選択します。[Datapoints to alarm (アラームを発生させるデータポイント数)] で、アラームをトリガーするために ALARM 状態を維持する必要がある評価期間 (データポイント) の数を指定します。2 つの値が一致する場合は、該当する数の連続した期間でしきい値を超過したときに ALARM 状態に移行するアラームを作成します。

      N 個中 M 個のアラームを作成するには、2 番目の値よりも小さい数字を最初の値に指定します。詳細については、「アラームの評価」を参照してください。

    3. [Missing data treatment (欠落データの処理)] 、一部のデータポイントが欠落しているときのアラームによる対処方法を選択します。詳細については、「CloudWatch アラームの欠落データの処理の設定」を参照してください。

    4. モニタリングする統計としてパーセンタイルをアラームで使用している場合は、[サンプル数が少ないパーセンタイル] ボックスが表示されます。これを使用して、サンプル数が少ないケースを評価するか無視するかを選択します。[無視 (アラーム状態を維持する)] を選択すると、サンプル数が少なすぎる場合でも現在のアラーム状態が常に維持されます。詳細については、「パーセンタイルベースの CloudWatch アラームおよび少数のデータサンプル」を参照してください。

  9. [Next] を選択します。

  10. [通知] で、アラームが ALARM 状態、OK 状態、または INSUFFICIENT_DATA 状態のときに通知するための SNS トピックを選択します。

    同じアラーム状態または複数の異なるアラーム状態について複数の通知を送信するには、[Add notification (通知の追加)] を選択します。

    アラームの通知を送信しない場合は、 [削除] を選択します。

  11. アラームに伴って Auto Scaling、EC2、または Systems Manager アクションを実行するには、該当するボタンを選択し、アラーム状態と実行するアクションを選択します。アラームは、ALARM 状態になったときにのみ、Systems Manager のアクションを実行できます。Systems Manager のアクションの詳細については、「アラームから OpsItems を作成するように CloudWatch を設定する」および「Incident creation」を参照してください。

    注記

    SSM Incident Manager アクションを実行するアラームを作成するには、特定のアクセス許可が必要です。詳細については、AWS Systems Manager Incident Manager のアイデンティティベースのポリシーの例を参照してください。

  12. 完了したら、[次へ] を選択します。

  13. アラームの名前と説明を入力します。名前には ASCII 文字のみを使用します。続いて、[次へ] を選択します。

  14. [Preview and create (プレビューして作成)] で、情報と条件が正しいことを確認し、[アラームの作成] を選択します。

アラームはダッシュボードに追加することもできます。詳細については、「 CloudWatch ダッシュボードでアラームウィジェットを追加または削除する 」を参照してください。