Container Insights の使用 - Amazon CloudWatch

Container Insights の使用

CloudWatch Container Insights を使用して、コンテナ化されたアプリケーションとマイクロサービスのメトリクスとログを収集、集計、要約します。Container Insights は、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)、および Amazon EC2 の Kubernetes プラットフォームで使用できます。Amazon ECS のサポートには、Fargate のサポートが含まれます。

このメトリクスには、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークなどのリソース使用率が含まれます。Container Insights では、問題の迅速な特定と解決に役立つ、コンテナの再起動失敗などの診断情報も提供されます。また、Container Insights が収集するメトリクスには CloudWatch アラームを設定できます。

Container Insights が収集するメトリクスは CloudWatch 自動ダッシュボードで使用できます。CloudWatch Logs Insights を使用して、コンテナのパフォーマンスとログデータを分析およびトラブルシューティングできます。

運用データは、パフォーマンスログイベントとして収集されます。これらは、高濃度データを取り込み、大規模に保存することが可能な構造化された JSON スキーマを使用するエントリです。CloudWatch は、このデータから、クラスター、ノード、ポッド、タスク、サービスのレベルで CloudWatch メトリクスとして集約されたメトリクスを作成します。

Container Insights によって収集されたメトリクスは、カスタムメトリクスとして課金されます。CloudWatch の料金の詳細については、「Amazon CloudWatch 料金表」を参照してください。

Amazon EKS および Kubernetes では、Container Insights はコンテナ化されたバージョンの CloudWatch エージェントを使用して、クラスターで実行中のすべてのコンテナを検出します。次に、パフォーマンススタックの各レイヤーでパフォーマンスデータを収集します。

Container Insights は、収集するログとメトリクスのカスタマーマスターキー (CMK) による暗号化をサポートします。この暗号化を有効にするには、Container Insights データを受信するロググループに対して KMS 暗号化を手動で有効にする必要があります。これにより、Container Insights は、提供された CMK を使用してこのデータを暗号化します。対称 CMK のみがサポートされます。ロググループの暗号化に非対称 CMK を使用しないでください。

詳細については、「AWS KMS を使用した CloudWatch Logs でのログデータの暗号化」を参照してください。

サポートされているプラットフォーム

Container Insights は Amazon Elastic Container Service、Amazon Elastic Kubernetes Service、および Amazon EC2 インスタンスの Kubernetes プラットフォームで利用できます。

  • Amazon ECS の場合、Container Insights は、Linux インスタンスと Windows Server インスタンスの両方のクラスター、タスク、およびサービスレベルでメトリクスを収集します。インスタンスレベルでメトリクスを収集できるのは、Linux インスタンスのみです。

    Amazon ECS の場合、ネットワークメトリクスは bridge ネットワークモードのコンテナでのみ使用できます。これらは、 awsvpc ネットワークモードまたは host ネットワークモードのコンテナでは使用できません。

  • Amazon Elastic Kubernetes Service と、Amazon EC2 インスタンス上の Kubernetes プラットフォームの場合、Container Insights は Linux インスタンスでのみサポートされます。

  • 現在、AWS Batch で Container Insights はサポートされていません。

Amazon ECS のサポート対象リージョン

Amazon ECS の Container Insights は、次のリージョンでサポートされています。

  • 米国東部(バージニア北部)

  • 米国東部 (オハイオ)

  • 米国西部 (北カリフォルニア)

  • 米国西部 (オレゴン)

  • カナダ (中部)

  • 欧州 (フランクフルト)

  • 欧州 (アイルランド)

  • 欧州 (ロンドン)

  • 欧州 (パリ)

  • 欧州 (ストックホルム)

  • アジアパシフィック (香港)

  • アジアパシフィック (東京)

  • アジアパシフィック (ソウル)

  • アジアパシフィック (シンガポール)

  • アジアパシフィック (シドニー)

  • アジアパシフィック (ムンバイ)

  • 南米 (サンパウロ)

AWS Fargate は、欧州 (パリ) または 南米 (サンパウロ) ではサポートされていません。

Amazon EKS および Kubernetes がサポートされているリージョン

Amazon EKS および Kubernetes の Container Insights は、次のリージョンでサポートされています。

  • 米国東部(バージニア北部)

  • 米国東部 (オハイオ)

  • 米国西部 (北カリフォルニア)

  • 米国西部 (オレゴン)

  • カナダ (中部)

  • 欧州 (フランクフルト)

  • 欧州 (アイルランド)

  • 欧州 (ロンドン)

  • 欧州 (パリ)

  • 欧州 (ストックホルム)

  • アジアパシフィック (香港)

  • アジアパシフィック (ムンバイ)

  • アジアパシフィック (シンガポール)

  • アジアパシフィック (シドニー)

  • アジアパシフィック (東京)

  • アジアパシフィック (ソウル)

  • 南米 (サンパウロ)