Amazon CloudWatch
ユーザーガイド

統計をリソース間で集計

複数のリソース間で AWS リソースのメトリクスを集計することができます。Amazon CloudWatch は、複数のリージョンをまたがってデータを集計することはできません。メトリクスは、リージョン間で完全に独立しています。

たとえば、詳細モニタリングが有効化されているすべての EC2 インスタンスで統計を集計することができます。その場合、基本モニタリングを使用するインスタンスは含まれません。そのため、1 分間隔でデータを提供する詳細モニタリング (有料) を有効化する必要があります。詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「インスタンスの詳細モニタリングの有効化または無効化」を参照してください。

この例では、EC2 インスタンスの平均 CPU 使用率を取得する方法を説明します。ディメンションを指定していないため、CloudWatch は、AWS/EC2 名前空間にある全ディメンションの統計を返します。その他のメトリクスの統計を取得するには、Amazon CloudWatch メトリクスとディメンションのリファレンス を参照してください。

重要

AWS 名前空間にあるすべてのディメンションを取得するこの手法は、Amazon CloudWatch にパブリッシュするカスタム名前空間では機能しません。カスタム名前空間の場合、データポイントを含む統計を取得するには、そのデータポイントに関連付けられたディメンション一式をすべて指定する必要があります。

EC2 インスタンスの平均 CPU 使用率を表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで メトリクスを選択します。

  3. [EC2] 名前空間を選択し、次に [Across All Instances] を選択します。

  4. [CPUUtilization] を含む行を選択します。すべての EC2 インスタンスのメトリクスがグラフとして表示されます。グラフの名前を変更するには、鉛筆アイコンを選択します。時間範囲を変更するには、事前定義済みの値を選択するか、[custom] を選択します。

     複数の EC2 インスタンスで集約されるメトリクス
  5. 統計を変更するには、[Graphed metrics] タブを選択します。列見出しまたは個々の値を選択し、統計または事前定義パーセンタイルのうち 1 つを選択するか、カスタムパーセンタイル (p95.45 など) を指定します。

  6. 期間を変更するには、[Graphed metrics] タブを選択します。列見出しまたは個々の値を選択し、次に異なる値を選択します。

AWS CLI を使い、EC2 インスタンス間での平均で CPU 使用率を取得するには

以下のように get-metric-statistics コマンドを使用します。

aws cloudwatch get-metric-statistics --namespace AWS/EC2 --metric-name CPUUtilization --statistics "Average" "SampleCount" \ --start-time 2016-10-11T23:18:00 --end-time 2016-10-12T23:18:00 --period 3600

出力例を次に示します。

{ "Datapoints": [ { "SampleCount": 238.0, "Timestamp": "2016-10-12T07:18:00Z", "Average": 0.038235294117647062, "Unit": "Percent" }, { "SampleCount": 240.0, "Timestamp": "2016-10-12T09:18:00Z", "Average": 0.16670833333333332, "Unit": "Percent" }, { "SampleCount": 238.0, "Timestamp": "2016-10-11T23:18:00Z", "Average": 0.041596638655462197, "Unit": "Percent" }, ... ], "Label": "CPUUtilization" }